一律10万円給付金はいつからで誰が対象で申請方法は?麻生太郎の要望する人へでネット上が炎上!

 
一律 10万円 給付金 いつから 麻生太郎 要望する人 ネット上 炎上

2020年4月16日、安倍晋三総理が国民一人へ一律10万円を給付すると発表。

 

ネット上では「一律10万円給付金」で話題になりましたね。

 

そして翌17日には、麻生太郎財務相が給付は「要望する人に給付する」と発言したことで炎上することになりました。

 

政府としては、アベノマスクのように一方的に配るのではなく、申請者のみ給付金の10万円を配るそうです。

 

一律給付金はいつから、貰えるのか調べてみました。

 

一律10万円給付金はいつからで誰が対象?申請方法は?

 

麻生太郎財務相は、4月17日の記者会見で「手を上げた方に1人10万円ということになる」とおっしゃっていました。

 

また5月決定を目指す考えを表明したことから、6月頭までには給付するようになるようです。

 

スピード感をもってするようなので、5月のゴールデンウィーク明けには申請開始にむけ政府は動くと考えます。

 

「一律10万円給付金」の給付対象者は「手を挙げた人」「要望する人」でしたよね。

 

「所得制限は設けない」ということなので申請すれば誰でも給付されると考えられます。

 

また外国人も対象に含まれます。

 

住民基本台帳に登録されていれば国籍は関係ないようです。

 

また住民基本台帳に登録されている住所と違う場所に居住実態がある人にも給付金が行き渡るように検討中だそうです。

 

かなりの人数になると考えられますから、3密を避けるためにも申請方法は「ネット申し込み」が非常に有難いですよね。

 

なおネットを利用できない方などは、振込先口座を届いた書類に記載し市役所などに提出すると考えれます。

 

スポンサーリンク

麻生太郎財務相が給付金は「要望する人に給付する」の真意は!

 

麻生太郎財務相が給付金は「要望する人へ給付する」と発言されましたね。

 

追加で必要となる財源は国債になるようです。

 

富裕層も含め給付することになりました。

 

麻生太郎財務相は「今回のような非常時には富裕層の中には受け取らない人もいるんじゃないか」と発言されましたね。

 

確定申告などで事後的に回収するのは「物理的に不可能」なため「要望する人へ給付する」に決めたそうです。

 

「要望する人に給付する」の真意は、本当は国民に給付したいが日本の財源が厳しいことも理解してもらいたかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

麻生太郎が要望する人へでネット上が炎上!

 

麻生太郎財務相が発言した「要望する人へ給付する」とか「確定申告での回収は不可能」などでネット上は炎上しました!

 

確定申告で「回収不可能」はおかしいですよね、そうなると普段確定申告のの収支報告もおかしいことになりますよね。

 

それはさておき、ネット上の意見です。

 

 

麻生太郎財務相はリーマンショックの時が忘れられないようです。

 

 

申請手続きでクラスターを予想できない訳ないですよね、いくらなんでも。

 

 

国民が思ってる一番は、感染したくないです。

 

 

3密です、もう濃厚接触者だらけですね。

 

中には麻生太郎財務相の発言に良しとする人もいます。

 

 

辞退する人が、いる前提の話ですね。

 

おそらく中には辞退する人もいると考えます。

 

まぁ、そこより、早く給付してもらいたいと願っている人のほうが多いでしょう。

 

 

本当に一番早いやり方は、給付金が不要な人に申告してもらうのが早いでしょうけど、そうなると給付してもらいたい人の振り込み出来ないですよね。

 

振込先が必要だから、いらない人が挙手は残念ながら難しいようですね。

 

また小為替などで郵送すれば、手元に届かない人が出てきますね、またもらったのにもらってないとごねる人も出てきます。

 

 

 

マイナンバーと銀行口座が連携していれば、とても名案なんですけど。

 

給付してもらいたいひとが口座番号を申請する方法がベストですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

一律10万円給付金はいつからなのか調べてみました。

 

5月中には申請手続きが始まり6月上旬ごろには給付してもらえるようになると考えています。

 

給付金を要望する人へという発言で炎上していましたが、なによりも当初から配っていれば反応も違っていたと思います。

 

スピード感は行動が伴わないと意味がないですね。

 

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.