ロメインレタスの原産地はどこで日本にいつからある?お取り寄せできるネット通販サイト!

 

2021年5月8日放送の「満天青空レストラン」で静岡県の三島市のロメインレタス(コスレタス)が紹介されます。

 

そこで静岡県の三島市のロメインレタス(コスレタス)が買えるネット通販お取り寄せサイトはあるか調べてみました。

 

ロメインレタスの原産地はどこで日本にいつからある?

 

ロメインレタスの原産地はエーゲ海コス島になります。

 

ロメインレタスはコスレタスとも言い、シーザーサラダなどによく使われることで知られています。

 

和名は「立ち・ぢしゃ(萵苣)」と言われており、白菜のように細長く長楕円形の形で葉が緩く結球しています。

 

レタスは英名「Lettuce」で語源はラテン語の「Lactuca」、Lacは乳という意味があり「ちしゃ」とは「乳草」の略で茎から白い液が出ることから由来。

 

日本にレタスが渡来したのは7世紀後半以後の奈良から平安時代にかけてと伝えられています。

 

中国を経て伝わってきたのですが当時のレタスは現在のレタスとは違い、葉を搔きとって食べる「掻きちしゃ」でした。

 

生では食べず茹でたりして和え物で食べていたそうです。

 

ロメインレタスは日本で栽培・流通はしていますが主に外食産業、中食産業向けが中心なため知らない方もいることでしょう。

 

ちなみに今よく目にするレタスは戦前に一度渡来しますが普及せず戦後になって一気に広がりました。

 

ロメインレタスが育つ環境は高温や低温でなく、暑くなく寒くない場所が適しています。

 

そのため春と秋が美味しい時期とされています。

 

ただ日本全国を見渡せば夏に涼しい所でも栽培されていますので食べたことが無ければ是非一度味わってみてください。

 

スポンサーリンク

ロメインレタスの食べ方は?

 

ロメインレタスは葉がシャキシャキとしているため炒め物などにも適していますが、生でも美味しく食べれます。

 

 

スポンサーリンク

ロメインレタスの旬の時期は?

 

ロメインレタスの旬の時期は春と秋の低温でもなく高温でもない季節になります。

 

平地ではちょうど3月下旬から5月末、10月初旬から11月末ごろにかけてですね。

 

また平地では気温の高くなる夏から秋にかけては長野県や北海道で栽培されているものが市場に流れます。

 

今回、青空レストランで紹介される静岡県三島市のロメインレタスはちょうど収穫時期を迎えたものになります。

 

スポンサーリンク

お取り寄せできるネット通販サイト!

 

青空レストランに出演するということもあり、前島農園さんのホームページから購入することが出来ます。

 

箱根⻄麓のうみんずの「ロメインレタス」と前島農園と「ソフトケール」それぞれ6袋ずつのセットになった商品が放送直後から数量限定おためしセットで販売されます、注文は5/11までとなっていますのでお早めに。

 

【5/13発送分】ロメインレタス6個&ソフトケール6袋

予約商品

販売価格 ¥2,000円

青空レストラン記念【のうみんずセット】5/13発送ロメインレタス2個入

予約商品

販売価格 ¥1,500円

 

送料

 

北海道 ¥2,500円

東北・四国・九州 ¥2,300円

沖縄 ¥3,000円

北陸・信越・関東・東海・近畿・中国 ¥2,000円

 

また「日テレポシュレ」からも「静岡県 のうみんずロメインレタス番組野菜セット

販売価格¥2,000円

送料  ¥1,320円

 

また楽天市場では国産のロメインレタスをお取り寄せすることが出来ますね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロメインレタス【お取り寄せ 単品 野菜 葉菜 国内産 日本産 国産 新鮮 みずみ…
価格:390円(税込、送料別) (2021/5/8時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロメインレタス 箱売り
価格:2400円(税込、送料別) (2021/5/8時点)

楽天で購入

 

スポンサーリンク

まとめ

 

是非、お取り寄せしたいと思います。

Copyright© れんらくちょう , 2021 All Rights Reserved.