パウル・バドゥラ=スコダの死因は何?生涯現役で音楽を愛した男!

 
パウル・バドゥラ=スコダ 死因 何 生涯現役 音楽を愛した男

ピアニストのパウル・バドゥラ=スコダさんが亡くなられました。

 

10月には来日の予定もあり、楽しみにしていたファンも多かったのではと思います。

 

素敵な演奏が聴けなくなるのはとても残念ですね。

 

パウル・バドゥラ=スコダさんの死因が何だったのか気になったので調べてみました。

 

パウル・バドゥラ=スコダの死因は何?

 

パウル・バドゥラ=スコダさんは1927年10月6日にオーストリアのウィーンで生まれています。

 

ウィーンと言えば音楽の都、ピアニストのパウル・バドゥラ=スコダさんにはピッタリですね。

 

1947年にオーストリア音楽コンクールで優勝してエトヴイン・フィッシャーさんの薫陶を受けています。

 

 

パウル・バドゥラ=スコダさんはモーツアルト、ベートーヴェン、シューベルトが専門で、200点以上もの録音数があるんだそうです。

 

グルダさん、イェルク・デームスさんらとウィーン三羽烏と呼ばれて、音楽界に偉大な影響をもたらしたのですが、残念ながら3人ともお亡くなりになられてしまいました。

 

パウル・バドゥラ=スコダさんは9月25日にウィーンで亡くなったことが公表されていますが死因など詳しいことは公表されていません。

 

 

10月に来日予定だったことを考えると、ご高齢ではありますが、急死だったのでしょうね。

 

スポンサーリンク

パウル・バドゥラ=スコダ生涯現役で音楽を愛した男!

 

パウル・バドゥラ=スコダさんは90歳を超えてなお現役で活躍されていました。

 

引退と言われていた時期もあったのですが、知人に励まされたこともあり、勢力的に活動をされていたんですね。

 

つい最近まで高齢のピアニスト、メナヘム・プレスラーが体調不良でキャンセルした公演の代役を引き受けていたんですよ!

 

 

とても音楽を愛していたんですね。

 

そんなパウル・バドゥラ=スコダさんの生の演奏が聴けなくなるのは本当に残念ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • パウル・バドゥラ=スコダはオーストリアのウィーン生まれ
  • パウル・バドゥラ=スコダはウィーン三羽烏と呼ばれた
  • パウル・バドゥラ=スコダの死因は不明
  • パウル・バドゥラ=スコダは10月には来日の予定があった

 

パウル・バドゥラ=スコダさんの素敵な演奏を楽しみにしていたファンもたくさんいらっしゃったのではと思います。

 

パウル・バドゥラ=スコダさんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.