さくら味はおいしい!サクランボとの違いは!起源はいつ?

2019/07/20
 

こんばんはトチです。

季節は春ですね。

日本の春といえば「さくら」が定番ですね。さくら舞う季節に和菓子、洋菓子、お菓子で目にするのは「さくら味」の商品です。

 

さくら味の起源

 

桜餅って知ってますか?

詳しくは、こちらをどうぞです。(桜餅が2種類あるって知ってた?桜の葉っぱで包まれているのはなぜ?

簡単なほうが良い方は、そのままどうぞ説明しますね。

 

桜餅は戦国時代を終了させた徳川家康が初代将軍の江戸時代に誕生したんです。といっても徳川家康が開いてから100年後くらい後になるのですが。

1717年[享保二年]に山本新六氏[長明寺の門番]が桜の名所江戸向島「現在の墨田区向島」の長命寺境内で発売されたのが初めてなんですね。

ところが、この桜餅ときたら当時の人々に爆発的上昇トレンドに乗ったわけです。

 

そもそもですが、もともとは門番である山本新六氏は考え抜いた末に桜餅を作ったわけではないんですよ。

 

日々淡々黙々としていた落ち葉の掃除が発端なんです。

もしも落ち葉の掃除をしていなかったら桜餅は無かったとも言えるのです。

 

たまたま桜の季節に、たまたま集めた桜の葉を、たまたま「これって食べれるかな?」って思ったのでしょう。

桜の葉を塩漬けにしてみたんですね。

 

ただ、葉っぱの塩漬けだけでは珍しくなかったのでしょう。

何かと「セット販売すればいける」かもって考えたんですね!

そこで思いついたのが、餡(あん)と餡と相性のいいもので巻いたものをさらに決まった季節でしか手に入らない桜の葉を使って作ってみたんですね。

 

ところが、本人も驚くほど爆発的人気になってしまったんですね。

さぞかし、驚かれたことでしょう。

 

スポンサーリンク

さくら味は桜の葉の塩漬け?それともサクランボ?

さくら味ってどんな味?って聞かれたら?どんな返答を返しますか?

瞬間にひらめくのは、きっとサクランボじゃないでしょうか。

 

サクラ・ンボっていわれているくらいですから。

しかし、サクランボの味では無いんですね。

もし?って思ったら、食べ比べてみましょう。

「はぁ!ちがう」って感じますよ!

 

そんなサクランボは、いわゆる木の実ですね。

サクランボというのは「果実」です。

 

もしもサクランボの味がさくら味なら「サクランボ味」ってなりますよね。

でも、違いますね「さくら味」です。

つまりサクランボは無関係になってしまうわけです。

 

そして残すところ考えられるのは、サクラと名がつく桜餅だけになるんですね。

しかも桜餅って桜の葉に包まれた甘いあんこの餅です。

ということは・・・。

 

桜餅-あんこ-餅=桜の葉になるわけですね。桜の葉が答えになるんです。

 

「えぇええええ」驚きですよね、葉っぱなんです。さくら味って。

でも不思議とさくら味って人気なんです。

何故でしょう?

 

スポンサーリンク

さくらって聞いて想像するイメージ

さくらって聞くと、春、巣立ち、きれい、美しいなどプラス的な要因しか出てこないですよね。

 

つまり、これが桜の葉をさらに美味にする要素になっているんですね!

おどろきでしょ!

ただ観ているだけの桜の葉は単なる桜の葉かもしれませんが。

丹精込めて作られた和菓子に使われている桜の葉は人の心が宿ってる素敵なものなんです。

 

そんな素晴らしい商品から発展したんです。

さくら味って。

もともとが、素晴らしい物だったせいか、そのあとに造られるものもいいもしか想像できないじゃないですか!

つまり、元々の桜の葉が、そのあとに想像されるものに対してプラス的に捉えられているわけなんですね!

 

まさにWinWinのプラスになっていたんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

さくら味を科学的に分析をしても、きっと答えは永久にわからないと思います。

何故なら、さくら味は山本新六氏が人々のために考えぬいて作り上げた味なのですから。

そんなプラス思考の「さくら味」、日本ならではの気候が生み出した美しいさくらと桜の味を永遠に伝えていきましょうね。

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.