ウイルスをばらまいてやるは犯罪行為で傷害罪?感染症法に罰則規定は?

 
ウイルスをばらまいてやる 犯罪行為 傷害罪 感染症法 罰則規定

愛知県蒲郡市で新型コロナウイルスの感染検査で、陽性反応がでた50代男性が「自宅待機要請」の指示を受けたにもかかわらずフィリピンパブや居酒屋に出向いていました。

 

しかも、店では「新型コロナウイルスに感染している」などと発言!防護服を着た愛知県警の警察官が駆け付ける騒ぎを起こしました。

 

50代男性の行為は犯罪行為で傷害罪にでもなるのでしょうか?又感染症法に罰則規定はあるのでしょうか?調べてみました。

 

ウイルスをばらまいてやる愛知県蒲郡市50代男性の行動は飲食店の営業妨害?

 

感染が確認された愛知県蒲郡市50代男性は、「自宅待機要請」の指示を受けていました。

 

しかし、50代男性は家族に「ウイルスをばらまいてやる」と言い残し、タクシーで飲食店にでかけていきます。

 

出かけた飲食店についての記事は蒲郡市飲食店居酒屋の名前や場所はどこで特定?50代男性濃厚接触者は誰?とか愛知県蒲郡市50代男性!立ち寄ったフィリピンパブの名前や場所はどこで理由は?を是非お読みください!

 

しかも、そのうちの1件では、「新型コロナウイルスに感染している」と話し、防護服を着た愛知県警の警察官が駆け付ける大騒ぎを起こしました。

 

これって、営業妨害だと考えます。

 

しかも、とんでもない営業妨害ですよね!

 

ウイルスに感染してしまったら、営業できなくなってしまいます。

 

現在、50代男性と濃厚接触した従業員とお客は経過観察中で自宅待機を要請しているとのことです。

 

うえの自宅待機を要請された、従業員とお客は同じような行動は、まず起こさないでしょう。

 

スポンサーリンク

ウイルスをばらまいてやるは犯罪行為で傷害罪?感染症法に罰則規定は?

 

新型コロナウイルスを故意に、ばらまくことでなにか法律で取り締まったり、逮捕することがあるのでしょうか?調べてみました。

 

感染症法の罰則規定は、医師が指定届出機関に感染症の患者などを診断した後に届出をしなければならない事が決められており、法律を破ると50万円以下の罰金で処罰されます。

 

また、感染症の患者である人の秘密を知りえたものが正当な理由なく漏らした場合には6か月以下の懲役または50万円以下の罰金で処罰されるようです。

 

他にもあるようですが、今回のように感染者が発言しただけでは適用できる感染症法の罰則には、見つかりませんでした。

 

参照サイト:感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 第11章 罰則「 https://api-net.jfap.or.jp/library/MeaRelDoc/03/htmls/k145_11.htm 」「 https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/383/054383_hanrei.pdf 」

 

ただし過去の裁判では、梅毒に感染させる行為が傷害罪になっていました。

 

 性病を感染させる懸念のあることを認識しながら婦女子に対し詐言を弄して性交し、その結果病毒を感染させた場合、傷害罪が成立する。

「暴行によらずに病毒を他人に感染させる場合にも成立する」

「性病を感染させる懸念あることを認識して本件所為に及び他人に病毒を感染させた以上、当然傷害罪は成立するのであるから」

参考サイト:最高裁判所判例集 昭和25(あ)1441「 https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=54383 」

 

本件所為を詳しく調べませんでしたが、判例の結論から判断すると、性病である梅毒を感染させたりする行為は、判例では傷害罪にあたるようですね。

 

それを踏まえて50代男性が、家族に「ウイルスをばらまいてやる」といったり、飲食店で「新型コロナウイルスに感染している」などの場合は傷害罪になるのでしょうか?

 

50代男性が、故意に濃厚接触をしたりすれば感染するリスクは高まります。

 

しかし現在のところ、どのような行動をしていたかも明らかにされていませんし、新型コロナウイルスがどれほど危険なものなのかもわかっていません。

 

そのため、今回のように発言しただけでは傷害罪には、ならないと考えます。

 

世界中で死者が出るなど勢いのあるウイルスです。

 

他人の不利益なことをした場合には、処罰の対象となるでしょう。

 

例えば、軽犯罪法1条31号「他人の業務に対して悪戯などでこれを妨害した者」ですね。

 

つまり、新型コロナウイルスに感染してしまう距離で故意に悪戯をした場合に軽犯罪法も適用される可能性が非常に高いですね。

 

もしくは、わざと従業員やお客さんに咳や飛沫を撒き散らすなどの行為をした場合は、もっと罪の重い傷害罪の可能性もありますね。

 

休業に追い込んだ場合は威力業務妨害の適用もあるかもしれません。

 

ただ、カメラや証言が余程信憑性のあるものでない限り、適用することは難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

愛知県蒲郡市50代男性が、家族に「ウイルスをばらまいてやる」とか飲食店で「新型コロナウイルスに感染している」などと発言した行為は、現段階では犯罪行為には当たらないようです。

 

判例もないし、新型コロナウイルスの威力も未知数で判断材料が乏しく判断できないためでしょう。

 

ただし、ウイルス感染するように相手に向かって咳や飛沫を飛ばせば、話は変わってきます。

 

今後、同様なことをする人がいて感染者が拡大したりすれば何かしらの対策が考えられるかもしれません。

 

いずれにせよ、新型コロナウイルス感染者には申し訳ないですが、指示を受けた以上勝手な行動は慎んでもらいたいものですね。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.