ボウガンは誰でも簡単に買えるの?ボーガンは銃刀法違反で処罰?登録証は必要?

 

神戸の23歳の男が、家族や親族をボウガンで撃ち、殺傷する事件が起こりました。

 

ちなみにボーガンではありません。正式名称はクロスボウ=ボウガンで、ボーガンと伸ばすのは間違いのようです

 

殺傷能力のあるボウガンですが誰でも簡単に買えるのでしょうか?

 

また銃刀法違反で処罰されないのでしょうか?

 

銃刀法とは?

 

銃刀法とは、鉄砲刀剣類所持等取締法の略語です。

 

日本では治安維持のため鉄砲刀剣類所持等取締法が定められています。

 

理由は以下の通り。

 

  • 凶器として殺傷能力が高い
  • 生活をする上で所持あるいは使用する必要がない

 

つまり一般の人が簡単に許可なく持てないようにするための法律です。

 

日本では何人も、銃砲刀剣類所持等取締法及び軽犯罪法により、銃砲・刀・剣などの所持を禁止または制限されています。

 

美術品もしくは骨董品として価値のある「火縄式銃砲」などの「古式銃砲」、または美術品として価値のある「刀剣類」については、その所持を希望する場合、教育委員会の審査を受け、登録を受けることにより所持・譲渡・相続を認められるようになる

引用元「Wikipedia」

 

今までにも実際、凶器を所持していたということで銃刀法違反で書類送検される事案は聴いたことがあると思います。

 

例えば刀は、刃渡り15cm以上の刀、槍、薙刀、刃渡り5.5cm以上の剣、あいくちと言った刃物は、鉄砲刀剣類登録証がないと所持してはいけません。

 

登録証がないのに所持していた場合は、3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科せられます。

 

スポンサーリンク

ボウガンは登録証は必要?銃刀法違反で処罰されない?

 

結論から言うと、ボウガンを所持するのに鉄砲刀剣類登録証は必要ありません。

 

そのため、銃刀法違反で処罰されることはありません。

 

ただし、むやみにボウガンを所持していれば理由により軽犯罪法違反で検挙される可能性があります。

 

ボウガンは無音で矢が放てるなど犯行に悪用される可能性があることで「有害玩具」として登録されています。

 

スポンサーリンク

ボウガンは誰でも簡単に買える?

 

現状では、狩猟道具やスポーツ器具として誰でも購入することができます。

 

ネット通販でも売られており、手軽に購入できます。

 

地域によっては年齢制限など決められている所もありますが、通信販売で買える子の時代、条例はあまり関係がないですね。

 

今回の殺傷事件で、所持登録証がない場合には所持出来ないなどの新しい法律がつくられ、罰則も強化していくことになる可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ボウガンを使用して、痛ましい事件が起こってしまいました。

 

今後、ボウガンに対する見方が変わってくると考えられますね。

 

ただ、ボウガンに限らず人を傷つける恐れがある物は、人の迷惑にならないように使用したいですね。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.