千鳥・大悟が志村けんの愛車キャデラック・エスカレードの購入理由と画像!

2020/07/24
 
千鳥・大悟 志村けん 愛車 キャデラック・エスカレード 購入 理由 画像

志村けんさんの愛弟子、千鳥・大悟(本名:山本大吾)さん。

 

実は志村けんの愛車キャデラック・エスカレードを購入したことがフライデーの記事により明らかになりました。

 

購入金額は、約500万円だそうです。

 

フライデーによると、大悟さんは取材に対して志村けんさんの車を購入したことを認めていました。

 

大吾さんは、わざわざ隠す事でもないし、師匠の車を買ったのは事実だとコメント。

 

手元にはまだ来てなく待っている段階で具体的な納期は決まっていないそうで、コロナの影響もあり、早ければ来月くらいではないかと答えていました。

 

さらに大吾さんは、まだ志村けんさんが亡くなったことについて実感がないと語っていました。

 

コメントからは、まだまだ志村けんさんのことは整理できていない感じでしたね。

 

志村けんの愛車キャデラック・エスカレードを購入した理由と画像!

 

大吾さんが志村けんさんの愛車を購入した理由は、家に車がないのと、いつか買おうと思っていたことと、誰かが師匠の車を乗るのならば、自分が家に置いておこうと考えたようです。

 

ちなみに大吾さんは運転免許を持っていないんですね。

 

そのことに関して問われると、大吾さんは多分、嫁が乗ると思うと答えていました。

 

また、先般志村けんさんの愛車ロールスロイスが別の方の手に渡ったのを見て、それならキャデラックは自分が買おうと思っただけだそうです。

 

しかも週刊誌が取材に来なければ、自分の口から明かすつもりは全くなかったとのことでした。

 

大吾さんは、別に言う程のことでもないし、聞かれて嘘をつくようなことでもない、そして記事になるような話じゃないと言って、取材が終わったようです。

 

ちなみに志村けんさんの愛車キャデラック・エスカレードの画像になります。

 

 

 

大吾さんが志村けんさんの愛車を購入したことについて世間の声は以下の通り。

 

 

 

 

 

多くの方が、大吾さんが免許もないのに、志村けんさんの愛車を購入したことに涙が出たそうです。

 

ちなみに、志村けんさんの愛車は大吾さんが購入する「キャデラック・エスカレード」と先般売却された「ロールス・ロイス ファントム」になります。

 

志村けんさんも実は免許を持っておらず、運転は付き人に任せていたそうです。

 

ロールスロイスの方は、付き人とお付き合いがあった愛媛の自動車ショップ「プリンス」が販売を行って約1000万円でファンの男性が購入しています。

 

しかもプリンスの仙波王仁社長はフライデーの取材に対し、身元のしっかりした方を厳選し販売されたそうです。

 

中には転売などをする方もいるため、しっかりした人へ販売されたようですね。

 

一方、「キャデラック・エスカレード」は愛弟子の大吾さんが購入したということなので誰が聞いても納得できますね。

 

きっと天国の志村けんさんも喜んでいるに違いないですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

千鳥・大悟が志村けんの愛車キャデラック・エスカレードを購入した理由と画像!についてまとめてみました。

 

大吾さん、自動車免許を持っていなかったようですね。

 

志村けんさんの愛車を購入するには単に車の行き先だけでなく、これから先の思いがあったからだと思います。

 

ぜひ、その思いを叶えてほしいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.