三年子花らっきょうや生辣韮は通販お取り寄せで買える?栽培はいつから?

 

2021年7月10日放送の満天青空レストランでは福井県坂井市の三里浜の三里浜特産農協が足掛け三年かけて育てる極上花らっきょう(三年子花らっきょう)が紹介されます。

 

三年子花らっきょうがお取り寄せできるか調べてみました。また栽培はいつから?なのかも調べてみました。

 

三年子花らっきょうや生辣韮の通販お取り寄せ方法

 

三年子花らっきょうや生辣韮の通販お取り寄せ方法について調べてみたところ以下の通販ショップからお取り寄せできることが判りました。

 

大手ECサイトの楽天市場・Amazon、Yahooショッピングなどで買うことが出来ます。

 

またふるさと納税品の中には、あっさりした純米吟醸酒「蔵の宿」と、オーロラ印「味付たら」と、特産品の「三年子花らっきょう」をセットになった返礼品があります。

 

 

 

 

また三里浜産の土付きの三年掘りの生らっきょう、今年度も買えるか調べてみたところ。

 

楽天市場で予約販売中でした。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 福井県三里浜産 土付きらっきょう 5kg3年堀 土らっきょう 土付らっ…
価格:7570円(税込、送料無料) (2021/6/28時点)

楽天で購入

 

「三年子花らっきょう」だけでなく三年掘りの生らっきょうも通販でお取り寄せすることが出来ますね。

 

三年子花らっきょうの栽培はいつから?生産地三里浜はどこ?

 

三年子花らっきょうの生産地、三里浜は福井県の北西部坂井市三国町にあります。

 

九頭竜川の河口から南西方向の海岸線で長さ12キロ、幅1~3キロメートルの帯状に続くなだらかな起伏の砂丘地帯が三里浜です。

 

 

三里浜では足かけ3年で育てる「三年子らっきょう」が有名で、三里浜特産農協さんにより加工されるらっきょうの甘酢漬けの「花らっきょ」は全国に出荷されるほどの人気商品になります。

 

三里浜の砂丘地帯は比較的砂が細かく粘土が多いことでらっきょうの栽培に適しています。

 

三年子らっきょうの栽培はいつから??なぜ3年間育てるの?

 

三年子らっきょうはいつごろから栽培してるの?

 

三年子らっきょうは明治初期に自家用として栽培されたのが最初になります。

 

昭和25年に坂井市三国町(旧浜はま四し郷ごう村(米納津地区・黒目地区・下野地区・西野中地区・山岸地区・横越地区))と福井市の一部(旧棗なつめ村(白方地区・石橋地区))の生産者からなる三里浜特産農協ができ、主にらっきょうの生産・加工・販売をおこなっています。

 

三年子らっきょうはなぜ3年間育てるの?

 

通常のらっきょうは7月下旬から8月下旬にかけ植え付けをし翌年の5月下旬から6月中旬にかけて収穫されるのですが粒が小さく歯切れのいいらっきょうに育つため植え付けから三年目の6月中旬から7月下旬に収穫し主に加工品の「甘酢漬け」として販売されます。

 

三年子らっきょうは一年掘りに比べサクサクとした食感があり一年掘りより身は小粒で締まりが良いことと繊維が細かいため歯切れの良さで多くの人に愛され続けられているんですね。

 

 

ちなみに【福井県オリジナルギフト】福井県三里浜「三年子花らっきょう」は楽天ランキングで1位の実力を持っています。

 

まとめ

 

三年子らっきょうについてお伝えしました。

 

Copyright© れんらくちょう , 2021 All Rights Reserved.