フードロス削減通販ショップ在庫処分!生産者支援ネットの場所は?

2020/05/24
 

2020年、新型コロナウイルス感染拡大に伴い外出自粛で、多くの食材や食品がフードロスになっていることで話題になっていますね。

 

飲食店に出向けれないことで卸業者や流通関係、生産者すべてが芋づる式にダメージを受けてしまい、食品ロスが発生しているからですね。

 

そこで日本各地では食品ロスに対し「もったいない」を合言葉に、多くの人がフードロス削減を目指し支援の輪に加わり、食品や食材の食品ロス対策をしています。

 

今回は、フードロス削減通販ショップ在庫処分で生産者支援!ネットの場所は?について、まとめてみました。

 

日本のフードロスの状況は?

 

今回の新型コロナウイルス拡大に伴い、日本ではさらに食品ロスが増加傾向にあります。

 

日本の食品廃棄物は、年間2,759万トン。

 

内、その中には未だ食べられる状態の食べ物が643万トンも含まれています。

 

643万トンと言えば、国民一人あたり年間51kg。

 

1日当たりに換算すると140gで。お茶碗1杯分を捨てていることになります。

 

実に「もったいない」ですよね。

 

しかも、上のデータは普段の状態でです。

 

コロナ感染で外出自粛の今は、それ以上の食べ物を捨てていることになりますね。

 

スポンサーリンク

コロナ禍生産者支援!

 

わたしたちは今も昔も、そしてこれから来る未来も、お米や野菜を作ってくれたり魚や貝を取ってくれる生産者さんたちがいるから毎日、普通に美味しくご飯を頂けることができます。

 

生産者さんたちがいなくなれば、わたしたちが普段食べるご飯も値が上がります。つまり普通に食べらくなってしまうわけですね。

 

供給者である私たちが今ここで生産者さんたちを応援することは、単に多くのフードロスを食い止めるだけでなく、自分自身の将来も助けられることに繋がっています。

 

美味しいご飯を今まで通りの味と金額で、いつまでも普通に食べたいですよね。

 

そんな普通をずっと続けたい私たちが今出来ることは、フードロスをすこしでも削減するために、お取り寄せで応援することなんです。

 

スポンサーリンク

フードロス削減通販ショップ在庫処分で生産者支援!ネットの場所は?

 

そこでネット通販で、食品ロスにならないように在庫処分している販売店を探してみました。

 

もしも応援できる食品や食材を見つけることが出来たら、ぜひ参考になさってみてください。

 

2020年5月23日現在の復興支援・在庫処分・応援などのお取り寄せグルメを大手通販サイト「楽天市場」から送料無料の商品をまとめています。

 

以下はそれぞれの項目で並び変えています。

 

新着順はこちら!もしくはこちら

 

価格が高い順はこちらから!もしくはこちら

 

価格の安い順はこちらを!もしくはこちら

 

レビュー件数の多い順はこちらですね!もしくはこちら

 

日本の全国物産展の中でも多くの人に愛されている「北海道地方の食品ロス応援」はこちらを!もしくはこちらからどうぞ。

 

東北地方のレビュー件数の多い順はこちらです。もしくはこちらです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

フードロス削減通販ショップ在庫処分で生産者支援!についてお伝えしました。

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴い多くの人が困難に陥っています。

 

しかしほんの少しの私たちの食品ロス削減への気持ちが、日本全体の経済向上に向けての大きな歯車を動かせる原動力になります。

 

まだまだ新型コロナウイルスの影響はつづくと思いますが、わたしたちの日本をいつまでも大切にしていきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.