藤原啓治の死因の病名は癌で病気療養はいつから?野原ひろしの声まとめ!

 
藤原啓治 死因 病名 癌 病気療養 いつから 野原ひろし 声

クレヨンしんちゃんの野原ひろしやアイアンマンのトニー・スタークの声をされてきた藤原啓治さんが4月12日、癌のためお亡くなりになられました。

 

藤原啓治さんのご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。

 

藤原啓治さんは55歳という若さでこの世を旅立ちました。

 

皆それぞれに藤原啓治さんの声が心の中にいると思います。

 

その中での多くの人に知られている、野原ひろしさんの声をまとめてみました。

 

藤原啓治さんの野原ひろしの声まとめ!

 

天気予報は晴れなのに・・・目の中の大雨、やみそうにないですね。

 

 

何気ない野原ひろしはカッコいいですね。

 

 

野原ひろしは家族の大切さを教えてくれるのですが、藤原啓治さんが担当されたことで心の中に今も残っていますね。

 

 

そして野原ひろしの名台詞がこちら!

 

「一人でデカくなった気でいる奴はデカくなる資格は無い」…その通り!

 

「いつか無くなるものをもとめちゃだめなんだ、無くなるものは求めるためではなく、そいつで遊ぶために、この世にあるんだから!」・・・それは言える!

 

「夢は逃げない、にげるのはいつも自分だ!」・・・だね!

 

「学校での成績がよいからといって、社会で認められるとは限らない!」・・・そうです。

 

「あなたが明日合う人々の4分の3は”自分と同じ意見の物はいないか”と必死になってさがしている、この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である」・・・なるほどね~。

 

スポンサーリンク

藤原啓治の死因の病名は癌で病気療養はいつから?

 

実は藤原啓治さんが病気療養で休業したりしていたことは以前報じられていましたが、癌という話は亡くなって初めて報じられました。

 

藤原啓治さんは2016年8月頃、体調を崩し約1年ほど休業されています。

 

もしかしたら、このころに何かしら体の中に見つかっていたのかもしれませんね。

 

藤原啓治さんは休業後2017年8月に声優に復帰、多数のキャラクターに命を吹きこんでいきます。

 

復帰後も声優としての仕事に情熱をそそいでいたようです。

 

完全復帰したと思われていましたが、病気療養しながらの復帰だった可能性もありますね。

 

癌は若いほど進行する速度が速いといいます。

 

藤原啓治さんが気づかないうちに病気が進んでしまっていたのかもしれません。

 

藤原啓治さんは2020年4月12日、残念ながらこの世を旅立たれます。

 

きっと、どこかの星で声優のお仕事が決まったため旅立ったと思います。

 

なのでいつかどこかで又、藤原啓治さんに出会えることがあると考えます。

 

その時を楽しみにしています、藤原啓治さんへ今まで、たくさんの素敵な声をありがとうございました。

 

スポンサーリンク

藤原啓治の家族構成は?

 

藤原啓治さんは独身だったようです。

 

アニメの中では、良い夫、良いお父さん、よき人生の先輩を演じてくれましたね。

 

そのすべてが藤原啓治さんだったと思います。

 

もしも藤原啓治さんが御結婚されていたら、野原家のように、とても素晴らしい家族だったと思います。

 

できれば、ずっと声をきかせて、欲しかったですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

声優の藤原啓治さんが55歳でお亡くなりになられました。

 

死因は癌です。

 

藤原啓治さんは数多くの作品に出演されてきましたね。

 

その中でもクレヨンしんちゃんの野原ひろしは多くの人に愛されてきましたね。

 

藤原啓治さんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.