G4EAH1N1新型インフルエンザの特徴!ワクチンやパンデミックの可能性は?

 

中国で新型インフルエンザ「G4EAH1N1」が科学者らに発見されました。

 

新型インフルエンザの特徴が気になります。

 

またワクチンは作れるのか?パンデミックの可能性はあるのか?ネット上の情報をまとめてみました。

 

G4EAH1N1新型インフルエンザはどこで見つかった?

 

北京の中国農業大学の研究者たちにより、2011年から2018年にわたり中国の畜産農家の豚から3万個のサンプルを採取。

 

その後分析した結果、従来のインフルエンザウイルスとは異なる特徴を持つ新種のウイルスが確認されたとしています。

 

「G4 EA H1N1」と命名されたこのウイルスは、2009年前の世界を席巻したA型インフルエンザウイルスと北米で発生した「H1N1」ウイルスの性質を共通持っているそうです。

 

 

スポンサーリンク

G4EAH1N1新型インフルエンザの特徴!

 

中国で発見された「G4EAH1N1」新型インフルエンザについて現段階で報道されている内容は以下の通り。

 

現段階で、新しいウイルスの明確な正体と特徴を完全に把握していない状況で「G4EAH1N1」の免疫をもつ人は、ほぼ存在しないとのこと。

 

ブタを宿主とし、ヒトにも感染する。

 

さらに変異し、ヒトからヒトに簡単にうつるようになりパンデミックを招く恐れがある。

 

緊急対応が必要な問題ではないが、今回見つかったインフルエンザの新型は、2009年の豚インフルエンザに似ているが、いくらかの違いがあるため、英ノッティンガム大学のキン=チャウ・チャン教授らは注意深く監視していく必要があるとしています。

 

「現在のようにG4系のウイルスがヒトからヒトへと感染を起こす可能性は低いが、2009年新型インフルエンザ大流行の後、ウイルスが進化する過程で、人間から人間へ感染が可能なように変わったことがある」と研究者たちが説明していることから、予断はできませんね。

 

スポンサーリンク

G4EAH1N1新型インフルエンザの感染経緯は?ワクチンは?

 

研究者たちによると「G4 EA H1N1」は、感染すると人の気道の細胞内で成長し増殖するとのこと。

 

中国の食肉処理場やブタと関わる労働者から、「G4 EA H1N1」の感染が始まったのが証拠だとしている。

 

またワクチンに関しては現在のインフルエンザワクチンに、「G4 EA H1N1」新型インフルエンザの予防効果はないようです。

 

ただし、必要に応じてワクチンを適合させることは可能だとされています。

 

スポンサーリンク

G4EAH1N1新型インフルエンザのパンデミックの可能性は?

 

研究者たちによると「G4 EA H1N1」新型インフルエンザは、「重大な事態が差し迫っていて早く対応しなくてはいけないわけではないが、無視すべきではない」と述べています。

 

突然変異をしヒトからヒトに簡単にうつるようになる恐れがあるからです。

 

発見した科学者は、ウイルスを抑え、養豚業者らの状態を注視する方策を素早く導入すべきと米科学誌「Proceedings of the National Academy of Sciences」で訴えています。

 

現状では、人の行き来を制限しているため、中国国内で抑えることが出来れば、パンデミックになる確率は非常に低くなります。

 

現状、新型コロナウイルスのこともあり厳しい状況ですが、「G4 EA H1N1」新型インフルエンザのパンデミックだけは起こさないようにしなければなりませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

G4EAH1N1新型インフルエンザの特徴!ワクチンやパンデミックの可能性は?についてお伝えしました。

 

新型コロナウイルスがパンデミック状態で終息する気配がない中で、今度はG4EAH1N1新型インフルエンザが発見されましたね。

 

しかも、人にも感染することが確認されています。

 

今のところ大きな脅威にはなっていないが、監視はしなくてはならないとされていました。

 

今後新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.