現金給付10万円の手続きはいつからでどこから届く?申請期限やマイナンバーは必要?

 
現金給付 10万円 手続き いつから どこから 届く マイナンバー 必要

全国民への10万円給付などを実施するため、総額25兆6914億円の20年度補正予算案を決定しましたね。

 

4月27日に現金給付に関する件を国会に提出、5月1日までに成立を目指すようです。

 

現金給付10万円の手続きはいつからでどこから届くのか、マイナンバーは必要なのかまとめてみました。

 

政府は現金給付を5月中にも開始したいと考えているようです。

 

現金給付の手続き申請書が届くのは?

 

現金給付の手続き申請書が届く世帯は以下の通り。

 

  • 日本国内に住む日本人。
  • 日本国内に3か月を超えての在留資格などを持ち、住民票を届け出ている外国人。

 

うえの2点のみが現金給付の手続き申請書が送付されてくる対象になるようです。

 

スポンサーリンク

現金給付の手続き!申請書はいつごろでどこから届く?転送不要郵便物の可能性は?

 

現金給付の手続きの申請書は、住民票のある市区町村から送付されます。

 

住民票を元に送付されることから、郵便局を利用しての送付になると考えられます。

 

もしも申請書が「転送不要郵便物」として国から承った場合、転居届を郵便局に提出している場合は配達されず、差し出した市区町村に返送されます。

 

仮に転居届を郵便局に提出していた場合は、申請書が届きません、その時は、住民票のある市区町村に連絡をとりましょう。

 

郵便局に確認するだけ時間の無駄になりますので注意しておきましょう。

 

今のところ発送に関する情報がないため、新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

 

スポンサーリンク

現金給付の手続き!申請書に記入する内容や必要確認書類は?

 

現金給付の手続きの申請書に記入する内容と必要書類は以下の3点。

 

  • 世帯主の本人名義の金融機関と口座番号の記入。
  • 口座を確認できる書類。
  • 本人確認の書類のコピー。

 

以上3点を送付することで、住民基本台帳に記載されている家族分の給付金が該当する口座に振り込まれます。

 

本人確認の書類と言えば、免許証や保険証などが思い浮かびますが、マイナンバーカードが一番簡単ですね。

 

本人確認書類については、送付されてくる郵便物などに記載されています。

 

送付手続きを間違えないために、送付されてくる郵便物の中身を確認しましょう。

 

スポンサーリンク

現金給付の手続きにマイナンバーは必要?

 

マイナンバーカードが役に立つ日が来ましたね。

 

現金給付をオンライン申し込みする場合には、マイナンバーカードが必要になります。

 

マイナンバーカードを持っている人は、現金給付をオンライン申請出来きます。

 

マイナンバーカードをタンスの奥にしまっている方は、準備しておきましょう。

 

スポンサーリンク

現金給付の受付開始日や申請期限は?

 

現金給付の受付開始日や申請期間が気になります。

 

報道によりますと現金給付の申請の受け付けを開始する日は、「各市区町村が決める」とされています。

 

また申請期限については、申請の受け付け開始日から3か月以内になっています。

 

これを忘れてしまうと、もらえなくなることになりますね。

 

必ず申請期限内に手続きを行いましょう。

 

支給開始日について、早いところでは5月中に開始されるようです。

 

現金給付の不要な人は?

 

現金給付が不要な人は高所得者の方々になるのでしょうか?

 

現金給付の受取を希望しない場合は、申請書の記載欄に記入する箇所があるそうで、そこに記入すれば支給されないようです。

 

給付を希望しているのに間違って記入しないように注意しておきましょう。

 

まとめ

 

いよいよ現実味を帯びてきた現金給付。

 

国籍を問わず、今月4月27日時点で住民基本台帳に記載されていれば給付の対象になるようです。

 

郵送されてきた申請書に間違いのないように記入し、申請手続きを行いましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.