ハルシュタット出火や火災の原因はなぜ?放火の可能性や延焼について調査してみた!

 
ハルシュタット 出火 火災 原因 なぜ 放火 可能性 延焼

11月30日、オーストリアの湖畔の町ハルシュタット(Hallstatt)で火災が発生しました。

 

出火の原因や火災がなぜ起こったのか、放火の可能性や首里城のように延焼についても調査してみました。

 

ハルシュタット出火の原因や火災はなぜ起こったの?

 

『AFP=時事』報道によると、11月30日オーストリアのハルシュタットで火災が発生しました。

 

すくなくとも複数の建物が焼けたようです。

 

ですが現地の消防隊の懸命な活躍によりさらなる延焼は免れた模様です

 

ハルシュタットで起きた火災はなぜおこったのでしょうか?

 

オーストリアのハルシュタットも日本同様に北半球にありますので冬場の時期に当たります。

 

冬場になると暖をとるために、火を起こすことがあります。

 

出火した原因は暖をとるために起こした火が、建物に燃え移ったことも考えられます

 

もしくは暖の消し忘れによるものかもしれません。

 

くわしくわかり次第、追記させていただきます。

 

ハルシュタットの場所

 

1997年に国連教育科学文化機関ユネスコの世界遺産に登録されてから22年余りたちます。

 

ハルシュタット湖の湖畔に家々が並ぶ景観が、とっても美しいことで知られています

 

カレンダーにもよく使用されるなど、オーストリアの風景では最も美しい湖畔の町とされている場所です。

 

土地が狭く、山の斜面を利用した家々が立ち並び世界中からも観光客が訪れる場所になります。

 

スポンサーリンク

ハルシュタット放火の可能性は?

 

火災原因については現在調査中です。

 

冬場を迎えるこの時期です、暖の準備などしていた可能性があります。

 

おそらく放火の可能性は低いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

ハルシュタット延焼について!

 

ハルシュタットで起きた火災は、少なくとも4つの建物に深刻な被害が出たようです。

 

画像から判断すると全焼した家もあるように見えます。

 

ただ被害を最小限に抑えることができたようなので、後は原因の究明になると考えます。

 

以下は火災が起こる前のハルシュタットの画像になります。

 

 

世界遺産に登録されている日本の首里城でも火災が発生しました。現在も出火の原因は不明で調査中です。

 

首里城については首里城出火の原因や火元はどこ?被害状況や復旧はいつか調査してみたをご覧ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

オーストリアの湖畔の町ハルシュタット世界遺産で火災が発生し少なくとも4棟に深刻な被害が出た模様です。

 

現地で消防活動を行った方が、必死のおもいで消火活動を行い延焼を防いだそうです、

 

木造の建物は延焼することで火の勢いをましてしまいますが、消防隊のおかげで今回は防ぐことが出来ました。

 

新しい情報が入り次第追記させていただきます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.