林真琴検事長はどんな人?学歴と経歴や過去の職務は?

 

黒川弘務検事長の後任に内定した名古屋高検の林真琴検事長がどんな人なのか知りたくなりました。

 

林真琴検事長は黒川検事長と同期でもありますが、かなり優秀な人物と言われています。

 

学歴や経歴、過去の職務についてまとめてみました。

 

林真琴検事長のプロフィール!学歴や経歴

 

林真琴検事長のプロフィールになります。

 

林真琴のプロフィール

名前    林 真琴(はやし まこと)

生年月日  1957年7月30日(2020年5月現在 63歳)

出身地   愛知県豊橋市

卒業高校名 時習館高等学校(じしゅうかんこうとうがっこう)

卒業大学名 東京大学法学部第Ⅰ類(私法コース)

 

林真琴検事長は、愛知県の出身で高校まで愛知県豊橋市で過ごされました。

 

出身高校は時習館高等学校になります。

 

時習館高等学校の卒業生で議員さんと言えば

 

根本幸典さん(衆議院議員)・村村田敬次郎さん(元通商産業大臣・元自治大臣)・太田昭宏さん(元国土交通大臣・元公明党代表)・太田房江さん(参議院議員・元大阪府知事)・早川勝さん(元豊橋市長、衆議院議員)顔らえます。

 

また現豊橋市長の佐原光一さんも卒業生になります。

 

時習館高等学校の場所は以下の通り。

 

 

時習館高等学校の最新の情報

 

偏差値 70

 

偏差値ランキング 愛知県内 8位/413校中 愛知県内公立 6位/252校中 全国 177位/10,054校中

 

かなり上位の学校になりますね。

 

勉学に力を注いでいるようで、数学のレベルは特に高いそうです。

 

そうなると林真琴検事長の数学レベルも、かなり高そうですね。

 

林真琴検事長は時習館高等学校卒業後、東京大学法学部第Ⅰ類へ進学し勉学に励まれます。

 

1981年に司法修習の第35期生となりますね。

 

この時の同期に黒川検事長がいます。

 

林真琴検事長は、1983年に検事に任官・2012年に最高検察庁の総務部長・2014年1月に法務省刑事の局長を歴任。

 

2018年1月より、名古屋高等検察庁の検事長に任官されていますね。

 

そして今日、黒川検事長が5月で辞職するにあたり、後任として東京高等検察庁の検事長に内定しています。

 

スポンサーリンク

林真琴検事長の過去の職務は?どんな事件に携わった?

 

1983年に検事任官され職務を遂行されていた、林真琴検事長。

 

当時携わった職務は、1988年のリクルート事件・1997年の第一勧業銀行総会屋利益供与事件・2001年には名古屋刑務所受刑者暴行死傷事件などが代表的ですね。

 

リクルート事件と言えば、政財界の要人に未公開株を譲渡して多くの売却益を与えた贈賄罪事件ですね。

 

第一勧業銀行総会屋利益供与事件は、野村証券が大物の総会屋に利益供与していた事件です、総会屋に株購入資金を無担保で融資していたのが問題になりました。

 

名古屋刑務所受刑者暴行死傷事件は、刑務所内での「革手錠廃止」や「刑事施設や受刑者処遇法」が成立するきっかけとなった事件で、林真琴検事長は監獄法の改正にも関わりましたね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

林真琴検事長はどんな人?学歴と経歴や過去の職務は?についてお伝えしました。

 

林真琴検事長は官邸と黒川検事長の関係のようなことは今のところ無さそうなので、今後の政局がどうなっていくか注目ですね。

 

また、独立性が保たれる検察になるかも目を離せれないですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.