ジュラシックパーク出演者の子役や主要登場人物の今現在と顔画像は?

 

2022年公開予定のジュラシックワールド ドミニオン(原題)にジュラシックパークの主要キャラクターの登場人物アラン・グラント博士(サム・ニール)、エリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)、イアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)が約29年ぶりに三人揃っての再集結を果たします。

 

古生物学者のグラント博士や古植物学者のサトラー博士、そして数学者のマルコム博士たちと他の登場人物との過酷なサバイバルが映画の世界にどっぷり入らせてくれました。

 

今でも多くの方がその場面を思い出すのではないでしょうか。

 

そこで今回、ジュラシックパーク出演者の子役や登場人物の今現在と顔画像を調べてみることにしました。

 

ジュラシックパーク出演者の子役や主要登場人物の今現在と顔画像は?

 

 

アレクシス・マーフィー

 

ハモンドの孫娘のアレクシス・マーフィーを演じたのはアリアナ・リチャーズ(当時13歳)さんです。

 

アリアナ・リチャーズさんはスキッドモア・カレッジで美術と演劇を学び、2000年以降はほとんど映画に出演されず、現在は画家として成功されています。

 

『トレマーズ』『トレマーズ3』のミンディ役も演じていましたね。

 

2013年にアイルランド出身のスタントマンの方と結婚、2015年には娘を授かっています。

 

 

1979年9月11日生まれのアリアナ・リチャーズさんは現在41歳、今は画家として成功をおさめており個展などを開催しています。

 

 

ティモシー・マーフィー

 

ハモンドの孫のティモシー・マーフィーを演じたのはジョセフ・マゼロ(当時9歳)さんです。

 

ジョセフ・マゼロさんは5歳でテレビ映画デビューされています。

 

1995年の映画『マイ・フレンド・フォーエバー』ではエイズを患う少年デクスター役を2010年のテレビドラマ『ザ・パシフィック』では主人公の1人であるユージン・スレッジを演じていますね。

 

また2018年公開の伝説のバンド「クイーン」を描いた伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でベーシストのジョン・ディーコン役を演じました。

 

2019年の3月9日にはYouTube公式チャンネル『Joe Mazzello Is Bored』を開設し、YouTuberとしてデビューされています。

 

1983年9月21日生まれのジョセフ・マゼロさんは現在37歳、今も俳優として頑張られています。

 

ちなみに独身です。

 

次にジェラシックパークの主要登場人物についてお伝えします。

 

アラン・グラント博士

 

古生物学者のグラント博士を演じたのはニュージーランド人のサム・ニールさんです。

 

サム・ニールさんは1977年より俳優として活躍されています。

 

1981年の『オーメンの闘争』で悪魔の生まれ変わりダミアン・ソーンを演じて一躍有名になりました。

 

一方、ジェラシックパークでは子ども苦手なアラン・グラント博士として知られていますね。

 

また2016年当時、シリーズ復帰の可能性を尋ねられたインタビューでは

 

「(出演オファーの)電話がないんですよ。だれもグラントを見つけられていない、彼は消えてしまったんです。彼の帽子がハドソン川に浮かんでるのを誰かが見つけたらしいですよ。それが最後に聞いた話です。」

引用元「https://theriver.jp/alan-grant-after-jp3/」

 

と答えられていました。

 

ちなみにサム・ニールさんは『デッド・カーム/戦慄の航海』の撮影現場で知り合ったメイクアップアーティストの渡辺典子さんと1989年に結婚(再婚)され1990年に娘を授かっています。

 

1947年9月14日生まれのサム・ニールさんは現在73歳で、声優などもこなし俳優活動を続けられています。

 

 

エリー・サトラー

 

グラント博士の研究助手の古植物学者エリー・サトラー博士を演じたのはローラ・ダーンさんになります。

 

映画ではハモンドに過ちを認めるよう説得したりパークのシステム復旧を行ったりとしてましたね。

 

知的で懸命な彼女の姿はとっても魅力的でした。

 

ちなみに父親は俳優ブルース・ダーンさん、母親は女優ダイアン・ラッドさんで1970年代には母親の出演作に出演していました。

 

2019年には『マリッジ・ストーリー』で弁護士を演じ、第92回アカデミー賞助演女優賞を受賞されています。

 

ローラ・ダーンさんはベン・ハーパーさんと2005年結婚し子供を2人授かりましたが、2013年に離婚されています。

 

 

1967年2月10日生まれのローラ・ダーンさんは現在54歳で現在も女優として活躍中です。

 

 

イアン・マルコム

 

数学者のイアン・マルコム博士を演じたのはジェフ・ゴールドブラムさんになります。

 

映画では他の出演者を支える役どころで無くてはならない存在でしたね。

 

ジェフ・ゴールドブラムさんは1974年に「狼よさらば」で映画デビューし1986年の「ザ・フライ」でハエ男になる科学者を演じ一躍有名になりました。

 

プライベートでは2014年に31歳差の元オリンピック新体操選手のエミリーと3度目の結婚し男の子を2人授かっています。

 

1952年10月22日生まれのジェフ・ゴールドブラムさんは現在68歳で、2019年からは自身が司会を務めている番組「ジェフ・ゴールドブラムの世界探求」で私たちを楽しませてくれています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

2022年公開予定のジュラシックワールド ドミニオンには、ジェラシックパークの博士たちが登場します。

 

どんな話になるか楽しみですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2021 All Rights Reserved.