川口敦典の病名は胃潰瘍か胃がん?告別式やお別れの会の日程はいつ?

 
川口敦典 病名 胃潰瘍 胃がん 告別式 お別れの会 日程 いつ

お笑いコンビ「てんしとあくま」の川口敦典さんが、5月15日に36歳の若さでお亡くなりになりました。

 

川口敦典さんのご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。

 

川口敦典さんの死因は内臓疾患のため、急逝されました。

 

川口敦典さんについて、まとめてみました。

 

川口敦典の病名は胃潰瘍か胃がん?病気の原因はなぜ?

 

2020年4月23日、川口敦典さんは病院へ伺っています。

 

胃潰瘍と診断されたそうです。

 

胃潰瘍の病気の原因は、ピロリ菌や解熱鎮痛剤の一種である非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、ストレスや喫煙などによることもあります。

 

胃潰瘍で穴が開いたということを聞いたりしますね。

 

胃潰瘍とは、ある一定以上の深さで胃の壁が傷ついている状態のことを差します。

 

胃のピロリ菌感染や、痛み止め(NSAIDs)の内服などが原因となって発症するようです。

 

患者さんは50歳前後の方に多いとされています。

 

胃潰瘍ということは、御本人が伝えていることから、胃潰瘍だとは思います。

 

痛み止めのNSAIDsが原因で起こる胃潰瘍は、発見が遅れると重症化することが多いそうです。

 

また胃がんの症状にも似ているとのことですが、鑑別も可能とのことです。

 

重症化した胃潰瘍によるものか、もしかしたら胃がんだった可能性も考えられますね。

 

スポンサーリンク

告別式やお別れの会の日程はいつ?

 

川口敦典さんの通夜、告別式は家族葬にて執り行われます。

 

日程がいつになるかは報道されていません。

 

お別れの会については情報がありませんでした。

 

新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

 

スポンサーリンク

川口敦典のwiki風プロフィール

 

吉本興業に所属の川口敦典さんのプロフィール

 

川口 敦典のプロフィール

名前   川口 敦典(かわぐち あつのり)

出身地  大阪府吹田市

血液型  

生年月日 1983年6月22日

没年月日 2020年5月15日(36歳没)

 

2006年NSC大阪29期生

 

相方のかんざきさんと2008年に浸才コンビ「てんしとあくま」を結成

 

2016年に第一回上方漫才協会大賞で大賞にノミネート

 

2017年と2018年に上方漫才協会大賞で文芸部門賞を2年連続受賞

 

スポンサーリンク

まとめ

 

お笑いコンビ「てんしとあくま」の川口敦典さんについて、お伝えしました。

 

川口敦典さんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.