薬屋のひとりごと!かんざしの意味や壬氏の目的やねらいは?

 
薬屋のひとりごと

「薬屋のひとりごと」は猫猫が薬の知識で色々な事件の謎を解いていくお話ですが、とても面白いですよね。

 

ミステリーの要素が強いけどラブコメの要素もあって世界に引き込まれます。

 

猫猫は首飾りやかんざしなど装飾品を贈られるのですが、かんざしには特別な意味があるようです。

 

猫猫は恋愛にはうといので特に壬氏と話がかみ合っていないところがまた気になって仕方がないんですよね。

 

薬屋のひとりごと!かんざしの意味は?

ebookjapanで試し読み

 

 

かんざしには優秀な人材を勧誘するという意味と別の意味があって、後宮から外に出ることができるようです。

 

猫猫に装飾品を贈った人物は4人います。

  • 玉葉妃 首飾り
  • 壬氏 かんざし
  • 梨花妃 かんざし
  • 李白 かんざし

 

猫猫は李白に身元引受人になってもらって里帰りをするのですが、周りはもっと深い意味にとらえているんです。

 

「薬屋のひとりごと」の中でもかんざしの別の意味について詳しくは触れていないのですが、交際の申し込みとか婚約とかそういう意味だと受け取れますよね。

 

もっとも李白は色々な人にかんざしを贈っているのであまり意味をなさないようにも思いますが・・・。

 

猫猫も里帰りが出来て良かったぐらいにしか思っていないですし!

 

周りからおめでとうと言われても気が付かない猫猫っていったい・・・。

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと!壬氏の目的やねらいは?

 

壬氏は男女問わず人気なのですが、猫猫は壬氏に興味を示さないんですよね。

 

それがかえって壬氏には気になるようで、そばかすのない猫猫にデレデレする様子がかわいかったりします。

 

壬氏が猫猫にかんざしを贈ったのはやっぱり猫猫に恋心を抱いているからなのでしょうね!

 

里帰りしてきた猫猫と壬氏の会話はお互いのかんざしに対する認識が違っていて、会話がすれ違っているのがもどかしいというかじれったいというか・・・。

 

壬氏は猫猫と李白が一夜をともにしたと思ったようですが、実際は李白は猫猫ではなく人気妓女と会っていたのです。

 

玉葉妃は真相を知っていて壬氏の様子を見て楽しんでいるのですが、壬氏と同じように猫猫と李白の関係を勘違いした人もいそうですよね。

 

壬氏も後で事情を知ったようですが、それでもやっぱりショックなようで、よっぽど猫猫が好きなんだなと感じますよね。

 

壬氏と猫猫が恋仲になるってちょっとなさそうな気もするのですが・・・。

 

恋愛にうとい猫猫だからこそ恋に落ちてしまえば甘々な展開ってのもありうるのかなとも思いますし!

 

でもやっぱり猫猫は薬の知識で事件を解決している方が性に合っていそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「薬屋のひとりごと」に出てくるかんざしの意味についてご紹介しました。

 

男性から女性にかんざしを贈るのはやっぱり特別な意味がありますよね。

 

男性にも女性にも人気のある壬氏がわかりやすく落ち込んでいるところがかわいそうなんだけどかわいいです!

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.