リーガル・ハイ1期の再放送がない理由!最安DTV配信サービスで観れるサイトはどこ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
arthhuman

古沢良太さんが脚本、2012年からフジテレビ系で放送されたテレビドラマ「リーガル・ハイ」の1期・2期!

 

鋭い発言をする魅力的で自由奔放な古美門研介(こみかどけんすけ)弁護士と取り巻く環境からものすごい速度で成長していく真面目で正義感の強い新米弁護士・黛真知子(まゆずみまちこ)のコメディとシリアスが織り込まれた作品。

 

そのストーリー構成が視聴者の心を鷲掴みしましたね。

 

そんな多くの方が心の奥から見入ってしまったドラマ、令和の今でも再放送されていません。

 

なぜ?なのでしょうか。

 

リーガル・ハイ1期・2期の再放送がない理由!

 

単にテレビドラマを視聴している人にとって、多くのドラマが再放送されている中、なぜ?リーガル・ハイが令和の今も再放送されないか不思議に感じていると思います。

 

確かに今でも最優先で話題に上がる作品です、再放送されないほうが変ですよね。

 

確かに・。

 

おそらくですが、再放送されない根本的な理由や原因は、『違法薬物の所持で逮捕された俳優が出演していた』からなのでは?ないでしょうか。

 

ただですね!

 

視聴者にとって、そんな俳優個人のライフスタイルは、心を鷲掴みするほどの作品とは関係ないですよね!

 

しかも「1日のランチ代で視聴できる」なら、是が非でも全視聴したい作品だと思っている方が大勢いるのではないでしょうか!

 

古美門研介役の堺雅人さん、黛真知子役の新垣結衣さん、多くの方がその引き込まれる演技力の高さを再度観たいと思っているのでは!と考えます。

 

そこで、リーガル・ハイ1期・2期のDTV配信サービスで観れるサイトはどこ?か2022.1現在の状況を確認しお伝えします。

 

スポンサーリンク

リーガル・ハイ1期の最安DTV配信サービスで観れるサイトはどこ?

 

2022.1現在のリーガル・ハイ1期の最安DTV配信サービスで観れるサイトはどこ?か確認してみました。

 

※2022.1.19現在の情報をまとめています、まとめた以降の情報などは各サイトでご確認願います。

オススメ理由! サイト名 無料体験期間 月額使用料金
dポイントが使える。 dtv 最大31日間 ¥550円(税込)
※2022.1配信されていません。 hulu 最大14日間 ¥,026円(税込)
※2022.1配信されていません。
(ただし、dtvサービスだけじゃない特典満載!)
Amazon.co.jp prime video 最大30日間 ¥500円または年間¥4,900円
※2022.1配信されていません。 Netflix ¥990から¥1,980まで
映画・ドラマ・アニメ・漫画も! U-NEXT 最大31日間 ¥2,189円(ポイント付与あり)
映画・ドラマ・アニメ・その他! TSUTAYA TV 最大30日間 ¥1,100円
映画・ドラマ・アニメ・バラエティー・その他! FOD 最大14日間 ¥976円(税込)

 

2022年、リーガルハイ1基の最安DTV配信サービスは、dtv

 

dtvは現在、人気アニメ「鬼滅の刃~遊郭編~」や「呪術廻戦」など配信中です。

 

また遠方で足を運ぶことが難しい「宝塚歌劇」のステージをご自宅のテレビで思う存分堪能することもできます。

 

そんなdtvですが、NTTドコモが提供する定額制動画配信サービスになります。

 

NTTドコモと聞くと「あ!そうなんだ!」ってなる方が多いと思います。

 

しかもPC(パソコン)だけでなく今定番のスマホやタブレット、携帯キャリアに関係なくケータイやリビングにある液晶テレビなどで視聴することが出来ます。

 

しかもチューナーなどの機器は一切用意する必要はありません。(※ただし最低限ネットワークに接続する機材は必要になります。)

 

以前契約をしてレンタルをしていたDVDなどのレンタル店同様に月額でドラマや映画、アニメなどを楽しむことが出来ます!

 

しかもレンタル店で借りていた時以上の作品を堪能することが可能なんですね。

 

視聴する端末を選ばないdtv。

 

いつでもどこでも見たいときに観れるって嬉しいことですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

リーガル・ハイ1期の再放送がない理由!最安DTV配信サービスで観れるサイトはどこ?についてお伝えしました。

 

2022.1現在、リーガルハイの配信サイトは少数です。

 

今、どこかの動画配信サービスサイトに入会されているのであれば、今後配信する可能性がある作品なので、今しばらく様子見することをおすすめします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
arthhuman

Copyright© れんらくちょう , 2022 All Rights Reserved.