レターパックプラスがボロボロでも補償なし?クロネコの宅急便コンパクトは?

 
レターパック プラス ボロボロ  補償なし クロネコ 宅急便コンパクト

レターパックプラスがポストに無理やり投函されたことがある私も流石に今日の「レターパックプラスがボロボロ」には目が点になりました。

 

レターパックプラスと言えば、対面配達して受領印必須の手渡し配達しなければならないのですが・・・。

 

しかも「ボロボロ」過ぎる!

 

これって補償なしなの(怒)!ってなりますね、えぇ私もなります。

 

しかも郵便局員の懲戒処分だけの問題なのでしょうか?調べてみました。

 

レターパックプラスは補償なし!クロネコの宅急便コンパクトは?

 

そもそもレターパックプラスの利用条件には、「万が一配送途中に事故があった場合でも、損害賠償は行いません」と記載があるため、補償は一切ありません。

 

そのため、例えごねたとしても該当郵便局の上司もしくは管理者等が頭を下げるだけになります。

 

しかも中身の商品代金どころか、レターパックプラスの代金さえ戻ってきません。

 

 

結局のところ、泣き寝入りになり無駄な時間を使うだけになります。

 

また補償が無いと言えば、普通郵便のはがきや封筒、定形外郵便物も同様ですね。

 

郵便物が届かない事ってありませんか?私はあります。

 

ですが、郵便局に連絡しても「申し訳ございません」と謝られるだけです。

 

クレームを言っても時間の無駄なので、やめておいたほうがいいですね。

 

 

そこで、クロネコヤマトさんの商品をご紹介!

 

 

ちなみにクロネコヤマトの宅急便コンパクト(535円)は、¥30,000円まで補償してくれます。

 

レターパックは520円で補償なしなので、15円の差額になりますが補償があるのとないのとでは違いますよね。

 

しかもバイクで配達されるレターパックプラスと違って、車で配達されるため痛みが少なくて済みます。

 

トータル面で考えれば、クロネコヤマトさんのほうがサービスが良いことになりますね。

 

もしも今までに粗雑な扱いを受けたことがあるのなら、使用する運送会社を変えてみることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

レターパックプラスがボロボロでも補償なし?

 

投稿者によると、地区担当の郵便局は過失を認めたものの、補償はないとの一点張りだったそうです。

 

これに関しては、何処の郵便局も同様ですね。

 

今回の件に関して、日本郵便のコメントは以下の通りです。

 

「レターパックプラスは、一般的に、損害賠償の対象外のサービスです。ただし、今回の事案については、本来的な取扱いを行わずにお客様に多大なご迷惑をおかけしていることから、当該局における対応・事実関係をよく確認の上、受取人様に対して誠実・丁寧に対応させていただきます」

 

現在のところ、ハッキリとしたコメントではないため、今後新たな情報が出てくると考えられます。

 

新しい情報が入り次第、追って追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

レターパックプラスがボロボロでも補償なし?クロネコの宅急便コンパクトは?についてお伝えしました。

 

あまりにもボロボロ過ぎて、いったいどんな扱い方をしたのか知りたいです。

 

出来れば経緯だけでも該当郵便局には発表していただきたいですね。

 

あと、クロネコヤマトさんの補償がついているサービスがお得な気がしました。

 

最期までお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.