売れ筋漫画の一番怖い女キャラクター名前ランキング!あらすじなどもご紹介!

2020/08/07
 
漫画 登場人物 怖い女 ランキング

漫画には色々な性格の人物がいますが、特に印象に残るのは可愛い女か腐女子な女かBL,そして何より怖い女ですよね!

 

怖い女性が登場する漫画は、特に心や頭に強く印象に残りますよね。

 

しかも、腹黒ければ腹黒いほど・・・。

 

そこで、人気の売れ筋漫画から、一番怖い女キャラクター名前ランキングを勝手に造っちゃいました。

 

あらすじも簡単ですけどご紹介しますので、ぜひ楽しんでみてください。

 

売れ筋漫画の一番怖い女キャラクター名前ランキング!

 

漫画に出てくる怖い女ってやっぱり主人公をいじめる人物が多いですね。

 

主人公を執拗に追い詰めていくところはあまり気持ちの良いものではないのですが・・・。

 

怖い女が登場する漫画はたくさんありますが、上位5人をランキングにしてみました。

 

  1. 井筒里奈 ホリデイラブ
  2. 及川瑠衣 ギルティ
  3. 秦百合  『未』成熟
  4. 高月京子 私たちはどうかしている
  5. 斎森香耶 わたしの幸せな結婚

 

松本まりかさんが演じた井筒里奈なんて本当に怖くて私の中では一番怖い女なんですよね。

 

売れ筋漫画の一番怖い女キャラクター名前ランキング!とあらすじなどもご紹介!

 

怖い女が登場する漫画のランキングをご紹介しましたが、せっかくなのであらすじなどもご紹介したいと思います。

 

ホリデイラブの井筒里奈はどんな人?あらすじも!

 

「ホリデイラブ」は、高森杏寿と純平の夫婦が単身赴任により別居になってしまうところから始まります。

 

高森夫婦には子供もいてとてもラブラブな夫婦、純平はとても杏寿を大事にしていて、自分たちに夫婦の危機が訪れるなんて予想もしていなかったんですよね。

 

ホリデイラブに登場する怖い女は井筒里奈、里奈は偶然を装って純平に近づき色々な手を使って杏寿と引き離そうとするんです。

 

里奈の旦那の渡も随分異常な男で、初めのうちは里奈がかわいそうかもと思っていたのですが、里奈の異常さは本当に怖いです。

 

渡との結婚は間違っていた、私の相手は純平だったのだとの里奈の執着は本当にすごいです。

 

何を言っても自分の都合の良いようにとらえる里奈とは会話にならないですよね。

 

井筒里奈を演じた松本まりかさんの演技も本当に怖くて、はまり役だったと思います。

 

ギルティの及川瑠衣はどんな人?あらすじも!

 

「ギルティ」は萩野爽が周りの人たちにどんどん裏切られていく話です。

 

ギルティでの怖い女は及川瑠衣です。

 

萩野爽の友人である及川瑠衣ですが、実は瑠衣は爽を恨んでいて、爽の夫の萩野一真に近づき誘惑、爽をどんどん追い詰めていきます。

 

瑠衣の生い立ちは確かに同情するし、かわいそうだとも思うのですが、だからって爽をそこまで追い詰める理由にはならないですよね。

 

瑠衣を演じた中村ゆりかさんの演技は本当に怖くて、ギルティで初めて中村ゆりかさんを知ったら嫌いになってしまうかもしれません。

 

ギルティについてはギルティ瑠衣の目的はなに?中村ゆりかの悪女ぶりが怖すぎる!もぜひ読んでみてくださいね。

 

『未』成熟の秦百合はどんな人?あらすじも!

「『未』成熟」は秦千暁が幼い頃に拒絶されてしまった紺野快陽と大人になって再会するというお話です。

 

『未』成熟での怖い女は秦百合です。

 

百合は千暁の父の再婚相手なので、千暁の継母にあたります。

 

千暁の父や百合の連れ子である大倭は気が付いていないようですが、百合は陰で千暁をいじめ抜いているんです。

 

百合は側から見れば千暁が百合に反発しているようにしか見えないように振舞うんですよね。

 

千暁がちょっと百合を責めたりしようものなら、「ごめんなさい。」などと心にもないことを言って泣いたりするものだから、父や大倭は百合の味方で千暁は誰も味方してくれない・・・。

 

おまけに百合は千暁が大倭をたぶらかしたと思っているものだから余計に千暁に対しての風当たりが強いんです。

 

千暁を精神的に追い詰めていく百合は嫉妬に狂っているのでしょうね。

 

私たちはどうかしているの高月今日子はどんな人?あらすじも!

 

「私たちはどうかしている」は15年前に起こった事件でお互いに初恋だったにもかかわらず、憎みあい別れてしまった花岡七桜と高月椿の物語です。

 

七桜と椿は和菓子対決で再会することになるのですが、椿は七桜には気が付いていない様子で、初対面だと思っているようなんです。

 

しかも初対面だというのに椿は七桜に結婚を申し込むんです。

 

本当にタイトル通りどうかしている展開ですよね。

 

私たちはどうかしているでの怖い女は椿の母である高月今日子です。

 

今日子はどんな手段を使っても光月庵の後継者にしようとしているんです。

 

今日子は椿と七桜の結婚を認めておらず、七桜を追い出そうと色々な嫌がらせをしてきます。

 

今日子の嫌がらせは七桜を傷つけるのはもちろんなのですが、椿が傷ついても構わないと思っているんです。

 

自分の目的が達成されれば椿が傷ついても構わないなんて今日子はどういう母親なんでしょうね・・・。

 

「私たちはどうかしている」については私たちはどうかしている5話ネタバレ!七桜の嘘と女将の陰謀もぜひ読んでみてくださいね。

 

わたしの幸せな結婚の斎森香耶はどんな人?あらすじも!

 

「わたしの幸せな結婚」は名家の長女として生まれたにもかかわらず、異能の能力を持たない斎森美世が主人公の物語です。

 

「わたしの幸せな結婚」での怖い女は異母妹である斎森香耶です。

 

美世の実の父と母は政略結婚、父にはもともと恋人がいたのです。

 

美世の母が亡くなった後、美世の父が再婚したのはもともとの恋人だった香乃子、香乃子は美世の母とその娘である美世を恨んでいたのです。

 

美世は幼い頃より、継母である香乃子からひどい扱いを受けていて娘である香耶には美世のようになってはいけないとことあるごとに言っていたのです。

 

そんな育てられ方をすれば香耶がゆがんだ性格に育ってしまうのも仕方のないことかもしれません。

 

美世は久堂清霞の元で斎森家で受けた心の傷を少しずつ癒されていたのですが、清霞に一目ぼれした香耶が清霞の妻にふさわしいのは美世ではなく自分だと言い始めるのです。

 

随分勝手な言い分ですよね・・・清霞が美世をどんなに大切に思っているかがわからないのかと思いますが・・・。

 

美世と入れ替われば自分が清霞に美世と同じように大切にしてもらえると思っているところが怖すぎます。

 

わたしの幸せな結婚についてはわたしの幸せな結婚13話ネタバレ!美世を誘拐したのは誰?もぜひ読んでみてくださいね。

 

まとめ

 

漫画の登場人物の中でも特に印象に残る怖い女をランキング形式でご紹介してみました。

 

実際にこんな怖い女が近くにいたらちょっと生きた心地がしないですよね・・・毎日が地獄です・・・。

 

ドロドロした世界は作り話だけで良いかな・・・。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.