マスク30万枚は埼玉県西部の場所はどこで誰?山積みの理由や原因はなぜ?

 
マスク30万枚 埼玉県西部 場所 どこ 誰 山積み 理由 原因 なぜ

埼玉県西部のとある民家の玄関先に大量の「不織布マスク」と印刷された段ボール箱が山積みのまま放置されているとのことです。

 

情報によりますと、マスク30万枚分あるようですね。

 

しかも、利用するにしても雨ざらしなどで衛生的にどうなの?とネット上では騒ぎになっています。

 

マスク30万枚分の段ボール箱の山積みの理由や原因はなぜなのか?また埼玉県西部の民家の場所はどこで所有者は誰なのか調査してみました。

 

マスク30万枚は埼玉県西部の場所はどこで誰?

 

気になるマスク30万枚の段ボール箱が、民家の玄関先で山積みにされ野ざらしにされている場所は埼玉県西部のどこなのでしょうか?

 

現在のところ、民家の場所は埼玉県西部のどこかという情報しかありません、

 

 

埼玉県西部と言ってもかなり範囲が広いですが、埼玉県西部ということでマスク30万枚がある民家の場所は、秩父市あたりになるかと考えれますね。

 

ただ、情報が無いためあくまでも憶測になります。

 

気になるマスクが山積みされた民家の家主は誰なのかです。

 

スポンサーリンク

マスク30万枚の山積みの理由や原因はなぜ?

 

段ボール箱で山積みされるほどのマスク30万枚が野ざらしにしている家主に週刊FLASHが取材をしたところ。

 

以下の5つの点を答えたようです。

 

  • 1ヶ月ほど前にオークションで購入。
  • 中国の故郷の村に送るため購入できるだけ買った。
  • 中国の故郷の村は外出禁止になった。
  • マスクの生産が追いついたため不要になった。
  • 購入したマスクの処分に悩んでいる。

 

一人1枚としても中国の故郷の村に30万人住んでいるのでしょうか?

 

また、一人100枚としても3000人全員が必要だったのでしょうか?

 

ありえませんし、そんな村はマスクを山積みしている家主の架空の村ではないかと考えてしまいますね。

 

ひと月ほど前は、マスク不足で騒ぎ始めたころです。

 

それ以降もマスク不足が続いているため、さらに高額で転売などを考えていたのかもしれませんね。

 

雨ざらしのマスクは欲しくないですが、衛生的に問題が無いのなら私はマスクが変えないので花粉用としてほしいところです。

 

それにしてもマスクを利用も販売もしないのは、とても不思議ですよね・

 

取材によると、すぐに倉庫に移動させて、これから日本でマスクが必要になると思うので、どこかで配布しようと思っているとのことでした。

 

また、転売はする気はないとも言っていたようです。

 

きっと売るタイミングを間違えたのでしょうね。

 

スポンサーリンク

マスク30万枚の山積みへの世間の声は?

 

 

 

 

 

 

ネット上では、やはり転売に失敗したということで盛り上がっていますね。

 

どう考えても、村や家族のために送るマスク30万枚は多すぎです。

 

節度あることをしてもらいたいですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

埼玉県西部の家の玄関先で山積みなっているマスク30万枚の話題を確かめてみました。

 

マスク30万枚の段ボール箱が山積みなっている家の情報は、ネット上には今のところありませんでした。

 

又、インタビューに対しマスクの所有者は、転売する気はないと言ってましたね。

 

中国の故郷に送るにしろ、もう過ごし節度のある数にしてほしかったです。

 

新型コロナウイルスに関連した記事まとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

新型コロナウイルスに関連した記事まとめ

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.