マスクのフィルターシートの日本製はどこで売ってる?通販おすすめショップ!

2020/05/21
 
マスク フィルター シート 日本製 どこで売ってる 通販 安い どこ

使い捨てマスクが手に入らないために、多くの人が布マスクを使用していますね。

 

布マスクだけでは、不織布マスクに比べてフィルター能力が低く、花粉やPM2.5、ウイルスなど飛沫を十分に捕捉することが難しいとされています。

 

また海外生産されたマスクには、「紐なし等の不良品」「髪の毛」「汚れ」「破損」「カビ」などがあるものもあります。

 

日本製のマスクのフィルターシートなら、徹底的な衛生管理で作業が進められているから安心できますよね。

 

マスクのフィルターシートの日本製はどこで売っているのか、通販で安いのはどこなのか調査してみました。

 

この情報は2020年4月26日現在の情報です。新しい情報が入り次第、更新していきます。

 

マスクのフィルターシート!不織布マスクの効果は?

 

香港大学やハーバード大学公衆衛生学部などの研究グループが以下のような実験を試みていました。

 

呼吸器ウイルス感染症の246人をマスクをつけない122人、サージカルマスクをつける124人に振り分け参加者の呼気を収集分析。

 

結果、111人がウイルスに感染していました。

 

111人の内訳は、コロナウイルスが17人・インフルエンザウイルスが43人・ライノウイルス(一般的な風邪の原因のウイルスの一種)が54人です。

 

ちなみにこの研究で収集されたコロナウイルスは、新型コロナウイルスではないが、似たようなウイルスの大きさだと考えられています。

 

研究グループは、マスクが「飛沫感染やエアロゾル感染には一定の役割を果たすのではないか」と結論付けていました。

 

新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染で感染が広がっていくと考えられていますね。

 

  • 飛沫感染は、感染者がくしゃみや咳をした際、粘膜や唾液などの「つば」と一緒にウイルスを放出されたウイルスを他人が吸い込んで感染していくことです。
  • 接触感染は、感染者が接触した物を介して、他人がウイルスに触れ感染していくことですね。

 

ウイルスは空気中でも、ある程度の時間、生存できます。

 

くしゃみや咳で飛び出した大きな飛沫などは落下していきますが、ウイルスを含んだ微粒子状のエアロゾルは空気中に長くとどまります。

 

しかも、密閉された狭い空間や人混みなど高濃度の場合は、換気が不十分なため長距離でウイルスが拡散させる可能性があります。

 

そのため室内の換気や社会的距離(人との間隔)を取り、入念な手洗いが重要ですね。

 

研究結果によると不織布マスクを着用することで、感染拡大を防止するための重要な対策になることが改めてわかったそうです。

 

実験に使用したサージカルマスクは一般に利用されている不織布マスクとほぼ同等の機能を持つとのことです。

 

ただし、布マスクに同等の効果があるかは実験していないためわからないとされています。

 

引用元「 https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200404-00171388/ 」

 

不織布(ふしょくふ)マスクとは

 

不織布とはフェルトのように繊維を絡み合わせてシート状にしたものです。

 

不織布マスクは、上のような不織布を何枚か重ね合わせ作られているか、一枚を立体的に整え作られています。

 

サージカルマスクや一部の不織布マスクには、花粉やPM2.5など細かい粒子をキャッチするフィルターが仕込まれているものもありますね。

 

マスクのフィルターシートの効果は?

 

マスクのフィルターやフィルターシートだけが単品で売られていますよね。

 

これはガーゼマスクやタオル線維のマスク・布マスクなど、不織布マスクのようなフィルター機能がついていないマスクを、不織布マスクの機能や効果に近づけるたものものですね。

 

しかも布マスクは、何回も洗えるものがあるため、経済的ですし、白や黒といった単調なものだけでなく、お洒落なマスクがあります。

 

せっかくならオシャレな布マスクをしておきたいですよね。

 

不織布マスクの機能や効果をもつマスク用のフィルターやフィルターシートを布マスクに利用すれば、売り切れで買えない市販の不織布マスクよりも、衛生的に利用できますよ!

 

マスクのフィルターシートの使い方のコツは?

 

マスクのフィルターやフィルターシートは、直接マスクに挟んでも鼻の部分で隙間が出来てしまいます。

 

そこで上記画像のように鼻の部分に切り目を入れておきます。

 

切り目を入れることでフィルターシートが重なり、鼻の部分に隙間が出来にくくなるわけです。

 

ただ単にフィルターシートを挟んでいた人は、ぜひ鼻が当たる箇所には切り目を入れて使ってほしいです。

 

マスクのフィルターシートの日本製はどこで売ってる?通販おすすめショップ!

 

アベノマスクだけでなく現在ネットなどでも販売されているで海外から届いたマスクには「不良品」や「汚れ」「髪の毛」などの混入が目立っています。

 

しかも現在の販売価格は、ハッキリ言えば「安い」とはいえません。

 

日本製のように商品がしっかりしていて、清潔で衛生的にしっかりしているのなら少々音が高くても納得できます。

 

ところが不良品で汚れのあるもの、不衛生な場所で作られているように思える商品だと高額に感じてしましますよね。

 

そこで日本国内で徹底的に衛生管理され、清潔にかつ衛生的に作られているマスクのフィルターやフィルターシートの情報提供をさせていただきます。

 

購入時の目安にでもご利用ください。

 

マスクのフィルターやフィルターシートはドラッグストアや薬局でも販売されていますが、マスクが買えない今、おそらくマスクのフィルターシートも購入できない可能性が高いです。

 

しかも、人混みにも並んでまでも買いに行くのは勘弁してほしいですよね。

 

そこでマスクのフィルターやフィルターシートのうち、日本製が通販のどこで売っているのかお伝えします。

 

出来たらポイントなどもたまるほうがいいですよね「楽天市場」で探してみました。

 

また、送料無料とか安いところが良いですよね。

 

126㎝幅で90㎝の単位で販売されている日本製のフィルターシートになります。

 

 

 

 

サージカル医療用素材で普通サイズ50枚入りですね。

 

 

 

 

中には洗って使えるフィルターシートもありました。

 

 

 

 

洗って使えるのなら経済的ですね。

 

又手作りで布マスクを作成するときに必要なグッズは以下の通り。

 

マスク用ノーズワイヤー

 

手作りマスクに合ったら便利なマスク用ノーズワイヤーはこちらです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

アベノマスクが配布されるとなってから以降、各地の都道府県ではマスクが配布されたり購入権を販売したりしていますね。

 

それでもまだまだ、マスクが足らない状況が続いています。

 

しかも海外製品は粗悪品や不良品が多いなど、買ってからショックですよね。

 

国産ならまだしも不織布マスクは手に入らない状況です。

 

やはりここは、日本製のフィルターシートを使って布マスクを作るのが一番いいかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.