アルコール消毒液の再入荷時期や作り方!マスク供給予定はいつごろ?

 
マスク 再入荷 時期 予定 いつごろ アルコール消毒液 作り方

マスクの再入荷お時期や入荷予定はいつごろになるのか?また売り切れが、いつまで続くのか?大変気になります。

 

加えて、アルコール消毒液や除菌シートなどの商品も在庫がありません。

 

そこで簡単なアルコール消毒液の作り方を載せてみました。

 

マスクやアルコール消毒液や除菌シートの再入荷時期や予定がいつごろになるか非常に気になります。

 

日本では、もうすぐ花粉症対策としてマスクが必需品になります。品薄で売り切れ状態が、いつまで続くのか調査してみました。

 

マスクやアルコール消毒液や除菌シートの在庫の現状!

 

もうすぐ花粉症の季節ですね、新型コロナウイルスの感染拡大も気になるところですね。

 

現状日本では新型肺炎の予防のためにマスクをしたり、人混みを避けたり、不必要に病院に行かなくなったことでインフルエンザに感染している人が例年よりも少ないそうです。

 

確かに新型肺炎にかからないようにしておくことは大切ですよね!棚から牡丹餅ではありませんが、インフルエンザがこのまま終息してもらえることで、不安が一つ無くなりますね!

 

そんな日本では今、マスクが欲しくても手に入らない状況が全国各地で?起こっています。

 

新型コロナウイルスの影響で、マスクの需要と供給のバランスが崩れてしまい、暴利を貪る者や心の不安からか大量に買い占める者までいます。

 

こまりますね!買い占めや大量購入。

 

メルカリは、高額出品されているマスクなどの出品の削除を検討しているそうですね!

 

さて、新型コロナウイルスの予防で薬局やドラッグストアから姿を消しているのはマスクだけではありません。

 

アルコール消毒液や除菌シートも姿を消しています。

 

これは、厚生労働省からの注意喚起も関係しているとは考えられますね。

 

薬局やドラッグストアの店員さんによると、売り切れたマスクやアルコール消毒液や除菌シートなどの商品は連日発注しているとのことです。

 

さらにメーカーで生産量が追い付かず1店舗に入荷できる数が、ある程度決まっているようですね。

 

そのため、どれだけ入荷するかは入荷当日でないとわからないそうで、ましてや見通しは全く見えてこないとおっしゃっていましたね。

 

お1人様1個までとかで販売もしているようですが、即時に売り切れてしまう程の勢いだそうです。

 

ただ、奇跡的に買えた!とかというツイートもありますので、全くお店に無いわけではなさそうですね。

 

私の町の薬局では、ある程度の数マスクが入荷されています。

 

午前中には売り切れてしまいますけどね。

 

それでも約2時間近くは売っていましたね、そのお店はお1人様5個までと個数制限していました。

 

例えば日本製で3枚、450円程の商品については、戸惑いながら買われていくお客さんを多く見かけましたね。

 

DR.C医薬株式会社さんのマスクですが、柔らかいひもを採用しているため痛くないので私的にはおすすめしたい品物になります。

 

ハイドロ銀チタンマスクという名の商品です。マスクの供給が戻ったらぜひ使ってみてくださいね。

 

また、ユニ・チャーム超快適マスク 息ムレクリアタイプ BLACK、黒い色のマスクも色がついているだけで別段問題ないと思うのですが、色のせいか一番最後まで残っていました。

 

しかし、それでも戸惑いながら買われていくお客さんがいましたね。

 

2月になってから、ほぼ毎日同じ薬局を見てみましたが、何かしらのメーカーのマスクの入荷はしていましたね。

 

同じような状況は、他県の市町村でもあるのではないでしょうか?

 

ただ、購入者の割合が多い場所ほど購入しづらいと思います。

 

スポンサーリンク

マスクやアルコール消毒液や除菌シートの再入荷時期や予定は?

 

薬局の人の話によると在庫もなく生産も追い付かない状況では、本来入ってこないそうですが、全く流れてこないわけではなく徐々に入荷数も増えているそうです。

 

もちろん、取引先のマスクメーカーにもよると思いますが、徐々に生産が追い付いてきだしたのかもしれませんね、

 

2009年の新型インフルエンザ流行の時も、マスクは在庫切れしていましたが3月には、ほぼ販売されていましたね

 

現在、国内にあるマスクメーカーうち何社かは24時間体制で、マスクの製造に取り組んでいます。

 

さらに政府からも増産指示が出ています、そのため早期に回復してくると予測されますね。

 

前回のときよりも増産体制を強化しているとすれば、2週間から20日あたりで需要と供給のバランスが整いだすのではないかと考えられますね、と言ってもあくまでも私の予想です。

 

また、アルコール消毒液や除菌シートもマスク同様に増産体制に入っています。

 

こちらも約一月後の3月中旬には、供給が追い付いてくるかと考えています、こちらに関しても予想になります。

 

マスクにしてもアルコール消毒液や除菌シートにしても、増産できないとは一言も行っていませんね。

 

そのため順次、在庫が増えてくることでしょう、それまでマスクメーカーさんで働かれている人が体調を崩されないように願っておきませんか?

 

あと、人混みや濃厚接触しない限り、ほとんどマスクは必要ではないかもしれませんね。

 

それよりも手洗いを丁寧にしたほうがよさそうです。

 

20秒から40秒ほど、指の間や指先、手に平や甲をまんべんなく洗っておきましょう。

 

もちろん殺菌用のせっけんがあれば一番いいですね。

 

ちなみにアルコール消毒液や除菌シートは手作りすることも可能です。

 

アルコール消毒液の作り方

 

無水エタノール精製水、殺菌・抗菌効果のある精油があればできますね。

 

作り方は、無水エタノールを70mlに精油を数滴、最後に精製水を30ml入れシャッフルしましょう。

 

これで出来上がります。

 

またハッカ油にも殺菌力はありますので、試してみるのもいいでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

マスクの再入荷お時期や入荷予定はいつごろになるのか?また売り切れが、いつまで続くのか?薬局やドラッグストアの人に尋ねてきました。

 

現状、私の近所の薬局では、マスクを全く入荷しないと言ことは言われませんでした。

 

ただ、いつ入ってくるかは不明なので毎日足を運んでもらいたいと言っていましたね。

 

確かに在庫のない薬局やドラッグストアもありますが、ある程度の量のマスクを入荷している薬局もありました。

 

行き慣れた薬局だけでなく、普段お客さんが沢山訪れているような薬局をめぐってみるのが、いいかもしれませんね。

 

しかも転売されている物を購入すると、益々手に入りにくくなるので、なるべくなら無容易に値上げされているマスクは購入しないほうが得策ですね。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.