松たか子が歌唱力なぜ高いかの理由は家族構成?歌上手いのは声質?

 
松たか子 歌唱力なぜ高いか 理由 家族構成 歌上手い 声質

女優の松たか子さんが、日本人として初めてアカデミー賞の授賞式で「アナと雪の女王2」の「イントゥ・ジ・アンノウン」を歌唱することが報じられましたね。

 

日本でも高いパフォーマンス力が評価されている松たか子さんですが、歌唱力なぜ高いかの理由とはなんなのか?

 

家族構成に関係しているのか、そもそも歌上手いのは声質なのか、調査してまとめてみました。

 

松たか子のプロフィール

 

スイングバイ所属の松たか子さんのプロフィールになります

 

松たか子のプロフィール

名前    松 たか子(まつ たかこ)

本名    佐橋 隆子(さはし たかこ)

旧姓    藤間 隆子(ふじま たかこ)

別名義   初代  松本 幸華(まつもと こうか)

生年月日  1977年6月10日(2020年2月現在 42歳)

血液型   A型

配偶者   佐橋 佳幸(さとう よしたか)

 

松たか子さんは、日本舞踊松本流で初代 松本 幸華の名でも知られています。

 

歌舞伎の世界で初舞台を踏んだのは1993年の16歳の時で、歌舞伎座で歌舞伎「人情噺文七元結」になります。

 

松たか子さんは、芸能活動のため白百合学園中学校・高等学校からめ堀越高等学校に転校していますね。

 

1994年にはNHK大河ドラマ「花の乱」で日野富子役でテレビドラマに初出演し、その翌年の1995年にはドラマ『藏』で主演し田乃内烈役を演じています。

 

その後は、テレビドラマや映画、舞台などで女優としての磨きをかけていきます。

 

1996年には「ロングバケーション」、1997年には「ラブジェネレーション」、2001年には「HERO」とフジテレビの月9ドラマに出演し、視聴率30%の高視聴率を記録しています。

 

1996年には史上最年少の19歳で、紅白歌合戦の紅組司会に選ばれていますね。

 

翌年の1997年からは歌手としてもデビューを果たし、女優業と一緒にミュージシャンとして活動の場を広げていきます、同年の紅白歌合戦には歌手として出場しましたね。

 

また松たか子さんは歌舞伎や新派の松本幸四郎が主演するミュージカルに出演するなどしていて、1999年の「天涯の花」では、21歳で新橋演舞場史上最年少座長の記録を残しています。

 

松たか子さんは、佐橋佳幸さんと2007年12月28日に結婚されています。

 

夫の佐橋佳幸さんは音楽プロデューサーであり、ギタリストです。

 

その後も映画やドラマ、舞台にコンサートツアーなど多方面で活躍されてきましたね。

 

そして、2014年に声優としてディズニー映画の「アナと雪の女王」のエルサ役で主演をしています。

 

また映画「アナと雪の女王」では劇中歌「レット・イット・ゴー」などで歌声を披露し、日本語吹き替え版としてはフル配信で100万DLを達成するなど大活躍されてますね。

 

スポンサーリンク

松たか子が歌唱力なぜ高いかの理由は家族構成?

 

松たか子さんの歌声には多くの人が絶賛しているのですが、歌唱力がなぜ高いのかの理由が気になりますね。

 

松たか子さんは1997年に歌手デビューして以来、全国ツアーをしたりシングルやアルバム、ライブ映像なども数多くリリースしています。

 

ただ、歌手としての活動で言えば他にもたくさんの人がいますよね。

 

松たか子さんが歌唱力がなぜ高いのか?その理由は、若い頃から舞台女優として活躍してきたからではないかと考えます。

 

舞台の上では、遠くの観客席にまではっきり聞こえる声を出さないといけません。

 

そのためには、日々ボイストレーニングを行うわけですが、やはりお手本が無いとすぐには上達しにくいですよね。

 

松たか子さん、二代目 松本白鸚(九代目 松本幸四郎)さんとミュージカルの舞台に出演したことがあるのですが、松本白鸚さんといえば歌舞伎や新劇界では、とても有名ですよね。

 

松たか子さんは松本白鸚さんから、日々ボイストレーニングをしてもらい声の出し方等、発声に関して多くのことを学んだのではないでしょうか?

 

そうなると納得できますよね!

 

松たか子さんは、二代目 松本白鸚さんと藤間紀子さんとの末子になるのですが、松たか子のご家族の方は中々凄い人たちなんですよ!

 

お父さんの二代目 松本白鸚さんは日本の歌舞伎役者で舞踊家で、お家の高麗屋の芸を継承し外祖父の播磨屋の重厚な演目も受け継ぐ方なんです。

 

しかも現代劇やミュージカルでの活躍も素晴らしいもので、松本白鸚さんは見事な英語を披露し国外のニューヨーク・ブロードウェイでは「ラ・マンチャの男」の主役をロンドン・ウエストエンドで「王様と私」の主役を演じています。

 

松本白鸚さんの趣味はギター演奏で、自ら作詞作曲歌唱するなど歌声も素晴らしい方なんですね。

 

お兄さんの十代目 松本 幸四郎(七代目市川染五郎)さんも歌舞伎役者として活躍されています。

 

また叔父の二代目 中村吉右衛門(中村萬之助)さんも歌舞伎役者で、重要無形文化財保持者(人間国宝)です。

 

松たか子さんの御家族には、歌舞伎界で活躍されてきた方々が多くいます。

 

松たか子さんの歌唱力がなぜ高いかの理由は、松たか子さんの家族構成にも関係していたようですね。

 

もちろん、松たか子さんの元々もって生まれてきたセンスと、ボイストレーニングを行ってきたからということも理由になりますね!

 

スポンサーリンク

松たか子が歌上手いのは声質?

 

松たか子さんが歌が上手いと感じる人はたくさんいると思います。

 

しかし松たか子さんは「レリゴー」の生歌は披露したことがありません。

 

まぁ契約上歌えないのかと思いましたが、実は違っていました。

 

松たか子さんが歌っている「レリゴー」は、松たか子さん専用の音源のようですね。

 

松たか子さんの声域に合わせて、キーを調整していますね。

 

松たか子さんの今までの歌声から考えると、比較できないくらいのキーの高さなんですね。

 

もちろん、松たか子さんより声域が広いMayさんも、歌いやすいようにキーを調整しているそうです。

 

それは、松たか子さんにしか出せない声質によるものなんですね。

 

声質は持って生まれたものですし、みんなが同じキーでうまく歌える訳ではありません。

 

歌えたとしても、気持ちよくは歌えないですよね。

 

歌い手が、うまく歌えるキーに合わせてキーを調整することもありなのではないでしょうか。

 

松たか子さんの声質には人を癒す力がありますから、キーを合わせた歌い方でも歌が上手い理由になりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

松たか子さんの歌唱力がなぜ高いかの理由は家族構成なのか歌上手いのは声質なのかについてお伝えしました。

 

松たか子さんが歌が上手い理由は、生まれながらの声質と家族の間で養われてきた発声トレーニングだったようです。

 

今後も松たか子さんが、様々な場面で活躍されることが期待できますね。

 

アカデミー賞で歌声を披露する松たか子さん、楽しみです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.