マイナポイント!赤ちゃんや子供の分のもらい方は?紐づけの仕方は?

2020/08/29
 

マイナポイント!どうも世間では赤ちゃんや子供の分をもらう準備をされていない方が多いようですね!

 

そこでマイナポイント赤ちゃんや子供の分のもらい方と使える電子マネーについてお伝えします。

 

是非参考になさってください。

 

マイナポイントは赤ちゃんや子供の分のもらえるの?

 

マイナポイントですが、 赤ちゃんや子供のマイナンバーカードが発行されているのならもらうことが出来ます!

 

今現在、マイナンバーカードを発行していないのなら速やかに発行手続きを進めましょう!

 

話は戻しますが、赤ちゃんや子供のマイナンポイントですが、赤ちゃんや子供の法定代理人ならば、マイナポイントの申し込みや予約を申請することが出来ます。

 

ちなみに法定代理人とは、法律により定められていますね!

 

特に未成年者や成年被後見人である場合には、当人に変わって、法律行為を行うことが可能なんです。

 

つまり子供の親権者であれば基本的に、親権者の名義で手続きを進めることが出来ます。

 

スポンサーリンク

マイナポイント!赤ちゃんや子供の分のもらい方!

 

赤ちゃんや子供のマイナポイントのもらい方ですが、法定代理人が手続きをすることで受領することが可能になります。

 

15歳未満の未成年の場合は、法定代理人(親権者等)のクレジットカードやキャッシュレスサービス決済を活用することでマイナポイントを申し込むことが出来ます。

 

ただし、一つだけ重要なことがあります。

 

親権者が申し込んだ決済サービスに紐づけする必要があります。

 

つまり、親権者と子供たちの紐づけ(繋がり)ですね!

 

例えば親権者がクレカで登録していたとしたら、他のクレカやプリカ、電子マネーなどを使って登録を行う必要があります。

 

実は親権者の登録したものと同じものでは、マイナポイントを付与してくれないんですね!

 

規約上、本人名義のキャッシュレス決済サービスへのマイナポイント付与を本人が申し込む必要がありますが、未成年者のマイナポイントについては、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスをポイント付与対象として申込みすることができます。
ただし、この場合、同じキャッシュレス決済サービスに複数人のマイナポイントを合算して付与することはできないため、法定代理人名義の異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります

引用元「総務省」

 

そもそも家庭内の大蔵省は、子供や赤ちゃんの母親が普通ですよね!

 

とどのつまり、親権者(父親)が登録した物以外で、マイナポイントを付与してもらうために父親が登録したものではなく、別のクレカやプリカ、電子マネーを登録しなければなりません。

 

結論ですが、親権者(父親)が登録したもの以外で登録するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

親権者(父親)が登録したカードなどとの紐づけの仕方は?

 

もしも、クレカやプリカ、、電子マネーなど一切、手元に持っていないのなら、新たに作る必要があります。

 

もしも何一つ所持していないのなら、早急にクレカやプリカ、、電子マネーを作成しましょう。

 

親権者が登録したカード以外の物が現在手元にあるのなら、それを使って手続きを進めていくことで、親権者との紐づけを行うことが出来ます。

 

なので、まず親権者が登録したもの以外のクレカやプリカ、、電子マネーを準備しましょう。

 

準備が出来たら、あとは登録画面の指示に従って、登録することが出来ます。

 

もちろん扱い方が不明な場合は、市役所に出向き手続きを進めましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

マイナポイント!赤ちゃんや子供の分のもらい方は?紐づけの仕方は?についてお伝えしました。

 

是非、参考になさってください。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.