森永悠希のピアノやドラムが上手い理由は?演技力が高いのはいつから?

 
森永悠希 ピアノ ドラム 上手い 理由 子役時代 演技力 高い

森永悠希さんは、映画などでピアノやドラムを披露していますね、しかも上手いと評判です。

 

また森永悠希さんは子役時代からドラマや映画に出演されていて、その演技力にも注目されているようです。

 

森永悠希さんのピアノやドラムが上手い理由と、演技力が高いと言われる訳を調べてみることにしてみました。

 

最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

森永悠希のプロフィール

 

ソニー・ミュージックアーティスツに所属している森永悠希さんのプロフィールになります。

 

森永悠希のプロフィール

名前    森永 悠希(もりなが ゆうき)

生年月日  1996年6月29日

出身地   大阪府

血液型   AB型

身長    165㎝

趣味    音楽鑑賞・ピアノ

特技    ドラム

 

森永悠希さんが芸能界に進むきっかけになった理由は、森永悠希さんの叔父さんが関係しています。

 

森永悠希さんの才能に気づいてしまった叔父さん、いても立ってもいられなくなったでしょうね!

 

森永悠希さんを写した写真があまりにも上出来だったため、ためしに芸能事務所に送ったみたいです。

 

すると瞬く間に連絡があり、芸能界に入りました。

 

森永悠希さんは劇団東大阪校との出会いで人生が楽しくなったようです。

 

森永悠希さんは劇団東俳大阪校で日々、子役としてのレッスンを受けてきたのですが、勉強しているというよりダンスや歌のレッスンを楽しく感じていたそうです。

 

もともと森永悠希さんは音楽やダンスに興味があったみたいです。

 

楽しみながら、歌やダンスのレッスンをしたら、身につくのも早いですよね!

 

楽しみながらレッスンを受けてきた森永悠希さんはわずか4歳で、すでに子役として芝居をされていました。

 

森永悠希さんは4歳の時から素直で楽しみながら演技をしていたと思います。

 

子役の演技も覚えることが早かったんだと思います。

 

その後CMなどでも活躍していく森永悠希さん、撮影が楽しかったと思います。

 

森永悠希さんは2001年に放送されたテレビドラマ「部長刑事シリーズ・シンマイ。」では青山高志巡査の子供、青山元役でテレビ初出演しました

 

2007年5月26日には、映画「しゃべれども しゃべれども」に出演し、村林優役を立派に演じています。

 

「しゃべれども しゃべれども」は国分太一さんが主演されている映画になり、森永悠希さんは国分太一さんから、いっぱい何かを学んだんだと思います。

 

 

当時の森永悠希さんは11歳でした、小学校中学年くらいですね!ちょうど、周りが気になりだす年頃ですね!

 

森永悠希さんは関西弁丸出しの役で、世間からは「あのかわいい、天才子役は誰?」とまで言われていました。

 

 

2010年5月に森永悠希さんは、現在のソニー・ミュージックアーティスツに移籍します。

 

移籍理由も調べてみたのですがありませんでした。

 

きっと、俳優として今後のことを考え移籍したものだと考えます。

 

移籍後の森永悠希さんは、数多くのテレビドラマや映画などに出演していきます。

 

2011年には映画で女装高校生を演じたりしました。出演作品は「プリンセス トヨトミ」です。

 

様々な映画やドラマに出演してきたことで森永悠希さんは、いち早く成長してきたわけですね。

 

森永悠希さんの趣味は音楽鑑賞でピアノ、特技はドラムとありますが、いったいどのくらい上手いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

森永悠希のピアノやドラムが上手い理由は?

 

森永悠希さんがピアノを始めた時期については詳しい情報がありません。

 

一般的にピアノなどは小さいときに学び始めなければ難しいといわれています、森永悠希さん物心ついたころにはピアノに触れていたと考えます。

 

長い間なれしたしんだピアノのおかげか、2018年6月に出演した映画「羊と鋼の森」では、森永悠希さんはピアノを弾いてくれていましたね。

 

「羊と鋼の森」のピアノを弾くシーンでは、森永悠希さんはピアノといったかしているように感じてしまいました。

 

なぜなら、あまりにもピアノを上手く弾くものだから、ついつい森永悠希さんのピアノの世界に吸い込まれてしまったんですね。

 

ピアノを弾いている森永悠希さんを見て、私以外にも感動した方も多くいました!

 

森永悠希さんのピアノが上手い理由は、人の心を感動させてくれるからだと思います。

 

ピアノが上手な森永悠希さんなのですが、じつはドラムも上手いようです。

 

 

森永悠希さんは2013年12月に出演した「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に出演した際に、映画の中でバンドを結成しています。

 

 

スリーピースバンドでドラムを担当しているのが、森永悠希さんになります。

 

森永悠希さんは、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の作品の中で演じる役を熟すため、ドラムの練習を始めたのです。

 

練習して上手くドラムがたたけるようになった森永悠希さん、映画の中で登場するMUSH&Co.のままヒロイン大原櫻子さんと、吉沢亮さんとの3人で現実にCDデビューしてしまいます。

 

 

映画出演をきっかけにすっかりドラムにハマってしまった森永悠希さんは、電子ドラムを購入し自宅で練習しているそうです。

 

めきめき上達しているのは、日々の練習の成果ですね。

 

スポンサーリンク

森永悠希は演技力が高いのはいつから?

 

森永悠希さんが、ピアノもドラムも上手いことがわかりましたね。

 

楽器を奏でることが上手な森永悠希さん、演技の方はどうなのでしょうか?

 

気になって探してみたところ森永悠希さんが子役時代に出演していた作品には、上手いという声がありました。

 

 

森永悠希さんかわいいですね。いまはイケメンになっていますね。

 

 

2007年公開の映画「しゃべれどもしゃべれども」に出演した森永悠希さんは、落語を覚え披露するという役を演じています。

 

しかもお手本にした落語家のアドリブまで再現してしまうなど、森永悠希さんは周囲の大人たちを驚かせたそうです。

 

「しゃべれどもしゃべれども」に出演した森永悠希さんが、天才子役と言われるようになったわけがわかりますよね。

 

ちなみにこの時、森永悠希さんは第3回おおさかシネマフェスティバル個人賞新人賞を獲得しています。

 

また世間の人からも、本物の落語家になったらいいなど、演技力が高い評価をもらっていました。

 

 

成長していく段階で、演技力も変化していくと思います。

 

演技が上手くなったりもすれば下手になったりもしますね。

 

 

 

 

森永悠希さんが成長してからの演技に関して調べてみたところ、とても評判が高いようですね。

 

とくに、泣けるとか感動したとか、役に共感しているコメントが多数見られました。

 

 

森永悠希さんは、子役のころから演技に不自然さが感じられないようですね!

 

自然に役になり切っているわけです。

 

世間の声も交えて、森永悠希さんの演技力が高い理由は、見ている人を感動させてくれるからですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

森永悠希さんは、4歳の頃から芸能界にいたようです。

 

ピアノを習ったり、歌やダンス・演技のレッスンをしたりするときも森永悠希さんは、勉強をするというより楽しんでしていたそうですね。

 

楽しんで芸能生活をしてきた森永悠希さんは、人を感動させる演技力も自然に身についていたと思います。

 

森永悠希さんがドラムやピアノが上手いのも演技が上手いのも、全て人を幸せにする気持ちで演技をしてくれているからですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.