村雨辰剛はスウェーデン出身の日本人!同居している猫がかわいい!

 
村雨辰剛 スウェーデン 日本人 猫

村雨辰剛さんってどう見ても日本人じゃないのに日本人の名前なんですよね。

 

日本語の発音もきれいだし、日本人より日本人らしいかもしれないですよね!

 

村雨辰剛さんのことが気になったので調べてみたら、出身はスウェーデンで庭師をされているんだとか!

 

村雨辰剛さんが飼っている猫がまたかわいいんです!

 

村雨辰剛さんについて色々調べてみましたので、最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

村雨辰剛はスウェーデン出身の日本人!

 

村雨辰剛さんは1988年7月25日にスウェーデンで生まれています。

 

村雨辰剛さんの両親は幼い頃に離婚していているのですが、母親が再婚した相手がスウェーデン空軍のパイロットだったために、スウェーデンのレンジャー部隊に入ることを考えていたそうです。

 

中学の世界史の授業で日本に興味を持ち、Yahoo!チャットで日本人を見つけて日本語の勉強をしたそうです。

 

チャットで日本語の勉強をするなんてすごいと思うのですが、興味があることだと吸収も早いのでしょうね。

 

村雨辰剛さんが初めて日本に訪れたのは16歳の時で、チャットで知り合った日本人に招かれてのことでした。

 

3か月のホームステイで鎌倉などの神社仏閣を訪れたそうで、ホームステイ先は何代も続く旧家だったそうです。

 

村雨辰剛さんにとってはイメージ通りの日本だったのかもしれませんね。

 

スウェーデンのレンジャー部隊の入隊試験に合格していた村雨辰剛さんですが、入隊を辞退して高校を卒業後に日本に移住しています。

 

日本に移住してからはスウェーデン語や英語の講師として生計を立てていたのですが、東日本大震災の発生でスウェーデンの家族に心配されて一度スウェーデンに帰国しています。

 

約半年後に日本に再来日した際には、日本古来の文化に携わりたいと造園業の世界に飛び込みます。

 

 

村雨辰剛さんは徒弟制度にあこがれていたこともあって、造園業を選んだようですね。

 

村雨辰剛さんが日本国籍を取得したのは2015年で、苗字である村雨は親方の父親の名前であり、日本の名刀「村雨」にも由来しているんだそうです。

 

名前の辰は辰年生まれであるため、そして剛は親方の名前に由来するそうです。

 

村雨辰剛さんは日本国籍を取得するまではヤコブ・セバスティアン・ビヨークという名で、スウェーデンの家族には「戦争になったら、日本のために戦って死ねるのか」と問われたんだそうです。

 

日本に帰化する人は配偶者が日本人だからという場合がほとんどだと思いますが、独身で日本国籍を取得するなんてよっぽど日本が好きなんですね。

 

村雨辰剛さんは日本人より日本人らしい心を持っていますよね!

 

スポンサーリンク

村雨辰剛の同居している猫がかわいい!

 

村雨辰剛さんは結婚して日本国籍を取得されたんだと思っていたのですが、結婚されていないと知って驚きました。

 

とてもかっこいいので彼女はいるのでは?と思うのですがどうなんでしょうね?

 

村雨辰剛さんに彼女がいるかどうかはわかりませんでしたが、同居しているかわいい猫がいるようです。

 

 

猫の名前は「芽吹き」ちゃんというそうですが、村雨辰剛さんは「メちゃん」と呼んでいるようです。

 

踏切の近くで子猫の鳴き声が聞こえて、周りには母猫も見当たらず随分弱っていたそうです。

 

村雨辰剛さんはもともと猫を飼ってみたいと思っていたそうですが、ペットショップで買うのは嫌だったそうで、メちゃんを飼うことに決めたそうです。

 

猫は自由なところが魅力だけど、いうことを聞かないのは困ると語っていた村雨辰剛さんですが、メちゃんが本当にかわいいのでしょうね。

 

インスタやツイッターにもしょっちゅうメちゃんの画像がアップされていて本当に癒されます。

 

村雨辰剛さんがイケメンなので、メちゃんとともに写っているとサマになりますよね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

スウェーデン出身で今は日本人の村雨辰剛さんについて、調べてみました。

 

日本人より日本人らしい心を持っている村雨辰剛さんは、現在庭師をしながらタレント活動も行っています。

 

一緒に住んでいる猫のメちゃんがとてもかわいいです!

 

とてもイケメンな村雨辰剛さんなのでこれからテレビ出演も増えるのではと思っているんですよね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.