マスクの再入荷と売り切れや不足や品薄状態はいつまで?効果はあるの?

2020/05/21
 
マスク 再入荷 売り切れ 不足 品薄状態 いつまで 効果

新型コロナウイルスが日本国内で他人から他人へ感染が確認されたことにより、薬局やドラッグストアからマスクの売り切れや品不足が続出しています。

 

いつもなら箱買いできるマスクも、現在は販売数を限定していますね!マスクの再入荷はいつになるのでしょうか?

 

また売り切れや品不足、品薄状態はいつまで続くのでしょうか?

 

こんなことで日本は、新型肺炎の予防対策が出来るのでしょうか?

 

とても、不安ですね。

 

2020年2月3日改めて、通信販売でマスクの在庫があるお店を調査してみました。

 

マスクの売り切れや不足や品薄状態はいつまで?工場は24時間フル稼働!

 

マスクの売り切れや品不足、品薄状態が続いている県や市町村があるようです。

 

現在、マスクが売り切れになっている主な理由は、観光で来られている中国人などの爆買いや、一部の転売ヤーによる買い占めが原因だと考えられます。

 

また、今後は個人が買い占めるなどの行動に出る可能性があるため、さらに品不足が加速する可能性もありますね。

 

何よりも、日本で売られているマスクのほとんどは、中国で生産されているものが占めているのが、一番大きな理由かもしれません。

 

そのため自国でも必要なマスクの生産が追い付いていない中国からの輸入は、だんだんと難しい状況になる可能性がありますね。

 

中国製のマスクに関しての記事はマスクの中国製が大丈夫な理由は?全国マスク工業会マークとは?を、是非お読みください!

 

そんな中、日本国内でもマスクの生産は行っています。

 

 

しかし工場数などから、生産数には限りがあるため、全国のマスクの在庫を潤すことはかなり厳しいのではないでしょうか?

 

そのためマスクの売り切れや品不足、品薄状態がいつまで続くかは、現在のところ不明です。

 

ヤフオクやメルカリなどの転売ヤーが買い占め値段を釣り上げて出品していますね。

 

私は、このような方のマスクは在庫過多になる可能性が高い気がします。

 

現在のところ、確かに薬局やドラッグストアからマスクが姿を消していますが、マスクを製造している会社で日本国内のマスク生産工場の中には、いつもならしない24時間フル稼働でマスクを生産しているとのことです。

 

つまり、ある程度供給のメドはあるのではないかと考えます、そして地域差はあるが順次入荷していくのではないかと考えます。

 

ドラッグストアの従業員に等に確認すると、店舗にもよりますが、長くても2週間ほどで入荷しているようです。

 

速い場合は、それ以上の速さで入荷出来ているようです。

 

ただ、購入者一人あたりの販売数は限られてくると考えられますので、爆買いや人を雇っての買い占めなどは控えたほうがよろしいかと思います。

 

 

仮にメルカリやヤフオクで出品されているマスクを購入すれば、転売ヤーがさらに買い占めに走り、マスクの購入が、さらに!難しくなってしまう可能性があります。

 

なので、現状、どうしても必要でない限り、転売ヤーからの購入は控えたほうがいいかもしれませんね!どうしても欲しい方は、ぜひメルカリやヤフオクで値上げされたマスクをご購入してください。

 

ただし、買った後で不要になったと後悔しないようにしておきましょうね!

 

スポンサーリンク

マスクの売り切れや不足や品薄状態はいつまで?通信販売での在庫のある店は?売っている店はないの?

 

現在のところ、楽天やアマゾンなどの通販サイトでも、平常時の金額での購入は難しくなっています。

 

また中には、金額を釣り上げるなど暴利をむさぼって販売しているマスクもありました。

 

くわえていえば、送料で暴利をむさぼっている販売者もいますので、送料も確認されたほうがいいと思います。

 

どうしても必要でない限りは、購入を控えておきましょう。

 

Amazonや楽天などでも探してみましたが、かなりのスピードで欠品中になっていました。

 

また、ヨドバシカメラやソフマップなどドラッグストアなの?という家電製品を中心とした大手サイトでも、売り切れ状態になっていました。

 

なのでインターネットでの購入は大手サイトに限らず現段階では難しいようです。

 

どうしてもマスクが欲しい方は、大手サイトで発見次第、即購入することですね。

 

また、通販など大手サイト以外で購入する方法ですがとても単純なことです。

 

ふと昔を思い出してみましょう。

 

自分が幼い頃にお母さんといっしょに行った、小さな町の薬局とか商店

 

お父さんと言った日曜大工などのDIYを取り扱っている専門店。

 

業務スーパーや作業着店などの中には、作業のために必要なマスクを置いているお店もあります。

 

さらには、個人経営しているお店ですね。

 

マスクと言えば日用品を扱っているお店なら、ほぼ売っていることでしょう。

 

ただ、個人経営のお店などは在庫をあまり抱えません。そのため、どうしても欲しい方は在庫の確認しておきましょうね。

 

ただし必要以上に購入すると、他の方に行き渡らなくなるため、必要な数だけ購入しましょう。

 

さらに、品薄状態になっている場所ですが、どうやら外国など特に中国からの飛行機や船が到着する都道府県で見られます。

 

札幌・東京・名古屋・大阪・福岡などの大都市は当然ですが、地方でも外国からの便などがある場所では、やはり品薄になっているようですね、

 

外国人による爆買いが主な要因で、次いで日本国内での日本人による爆買いですね。

 

また、日本国内で感染が確認された都道府県も同様です。

 

そのように、新型肺炎の感染者が公表された都道府県や外国との航路がある都道府県以外では、マスクの在庫があるのではないかと考えられます。

 

もちろん、その地域に住んでいる人が、爆買いをしていれば話は別になります。

 

マスクの品薄状態が続く都道府県は、中国本土で感染の拡大が収まるまで、在庫調整が難しいのではないかと思います。

 

2020年2月3日追記

 

大手通販サイトなどくまなく探してみましたが、現状では「売り切れ」もしくは「入荷未定」などの表示のままでした。

 

また、車を使って薬局やドラッグストアなどを回ってみましたが、どの店も在庫など無く入荷も判らないとおっしゃっていました。

 

ただ、入荷が何時になるかわからないとはおっしゃっていましたが、突然入荷してくる可能性もないとは言えないと言っていましたので、引き続き調査してみます。

 

スポンサーリンク

マスクの効果はあるの?

 

マスクの装着の仕方次第で効果は、大きく変わります。

 

まず第一に、鼻を隠さない人を多く見かけますが、鼻を隠さないと飛沫しているウイルスを吸い込んでしまう確率が高くなります、

 

そのため、息苦しさを感じるかもしれませんが、必ず鼻の孔も覆い隠すようにマスクを装着しましょう。

 

 

第二に、マスクの表面を触るなどした場合には、その手で目や口、鼻など触らないようにしましょう。

 

なぜならマスクの表面にはウイルスなど病原体がいる可能性が高いからですね。

 

よくマスクの真ん中を指先で挟んで装着しなおしている方を見かけますが、それウイルス触っていますよ!

 

必ずマスクの表面に手を触れた場合は、手洗いとマスクの交換を行うようにしましょう。

 

また、裏表ひっくり返して使用する方がおられるみたいですが、それウイルス吸い込んでいるのと同じになりますので、両面を使用するなどの行為は即やめましょうね。

 

うえの二つのことを守るだけでも、ウイルスに感染する確率を大きく減らすことが出来ますね。

 

もちろん、手洗いやうがいは必ず、徹底して行ったほうが良いと考えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

日本全国で、マスクの品薄が話題になっているようですが、現実にはマスクが品薄になっていない都道府県もあるようです。

 

外国航路のある都道府県や、中国人など外国人が多く住む場所では、マスクの品薄が発生しているようですね

 

現在、増産体制に入ったマスクですが、必要な場所に必要数だけ届くことを切に願います。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.