ながら運転スマホだけハンズフリーが厳罰化?反則金や罰則を調査してみた!

 
ながら運転 信号待ち スマホ ハンズフリー 反則金 罰則 厳罰化

スマホをさわり「ながら運転」をする人は後を絶ちませんね、2019年12月にながら運転の罰則は厳罰化され罰則共に反則金の金額なども上がりました。

 

 法律改正後も運転中にスマホをさわっている人を見ます、きっと法律が改正されたことを知らないか自分には関係ないと思っているのでしょう。

 

スマホと言えば今日ではブルーツルースでカーナビやイヤホンと接続して、ハンズフリー出来ます。

 

ハンズフリー設定で「ながら運転」をしていると判断され検挙されたとき、反則金た罰則などが適応されるのでしょうか?

 

気になったので調査してみることにしました、最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

ながら運転の定義!おにぎりを食べる食事やカーナビ等の操作も含む

 

「ながら運転」は、言葉の通り『運転しながら他のことをする』行為のことを言います

 

ながら運転の定義は以下の通りです。

 

ながら運転の定義

車やバイク、自転車などを走行させながら「運転以外のこと」をする行為。

 

一番身近で見かけるとしたら、歩きながらスマホやタブレットをさわっている人っていると思います。

 

歩きスマホって言われてます。

 

ながら運転同様に歩きながら「歩く行為以外のこと」をする行為なんですね

 

しかも歩きスマホしている人って、人とぶつかりそうになっても避けないんですよね。

 

びっくりします、見えていないのでしょうか?

 

 

また電車のホームでは、夢中になりすぎてホームから落ちたりする人もいるんですよ。

 

痛そうですよね、しかも電車が来たら「一巻の終わり」になりますよね。

 

怖いなぁ~。

 

また自転車に乗って片手でスマホを操作しながら、自転車を走らせている人もいます。

 

自転車は無灯火や逆走、高速走行や信号無視などで死亡事故につながったケースが多いのですが、昨今ではスマホをさわりながらの事故も増えてきています。

 

 

自転車になるとすでに道路交通法が適用されてきますので「ながら運転」に当てはまるようになってきますね。

 

また、バイクになると自転車よりも道路交通法は厳しくなっていきます。

 

しかし、堂々と「ながら運転」をする人はいますね!

 

 

目で見なくても感じることが出来るニュータイプなのでしょうか?びっくりします。

 

実はスマートフォンいわゆるスマホだけに限らず、「ながら運転」は運転以外の操作をすることを指しています。

 

カーナビやカーオーディオを操作することも「ながら運転」に含まれるんですね。

 

しかも、おなかが空いたからと言って運転中におにぎりを食べるなどの食事行為も「ながら運転」にあたります。

 

マックのドライブスルーで買ったハンバーガーやポテトを食べながら運転したりすることも「ながら運転」にあたります。

 

もちろんカップラーメンを食べながら運転したりすることも一緒です。

 

 

上記画像の事故は、18歳の少年が「カップ麺をこぼした」ことで運転操作を誤りコンビニエンスストアに突っ込んだものになります。

 

カップラーメンを食べながら運転するって、ありえませんよね。

 

さらに衝撃画像です、お隣の国では食べながら手放し運転をする人がいるようなんですね、さらにびっくりしますよ。

 

 

手放し運転は流石に怖いですね、仮に走行中にタイヤがパンクすれば大惨事につながる可能性があります。

 

まぁ「ながら運転」をする人は、みんな自分は大丈夫と思い込んでいるんでしょう。

 

中には読書しながら運転する人もいますが、これも「ながら運転」に該当しますので心当たりのある方は即やめましょうね!

 

 

12月8日現在法律改正後もスマホをさわりながら運転する人もいれば、食事をしながら運転する人もいます。

 

そして読書しながら運転している人もいます。

 

今はドラレコが普及していますので、あなたの運転が常に録画されていることを忘れないようにしておきましょう。

 

あと、余談ですが後方にもドラレコを設置することをおススメします。

 

これは、あおり運転など被害を受けた際の証拠になる可能性が高いからです。

 

ちなみに事故を起こした時、スマホの履歴や通信記録を消す人がいますが、消しただけでは証拠隠滅したことにはなりません。

 

通話記録や通信記録は全て電話会社に記録されています。

 

自分が持っているスマホの履歴を消しても、犯罪の履歴が消せないことは覚えておきましょうね!

 

スポンサーリンク

ながら運転スマホだけハンズフリーが厳罰化?

 

気になるのは、信号待ちをしている時にもスマホ操作したり、ハンズフリーの場合が違反になるのかしりたいですよね。

 

実は信号待ちのスマホ操作は、ながら運転に該当せず違反になりません。

 

しかし、あくまでも信号待ちで停止しているときに限ります。

 

信号が青に変わって、スマホを持ち画面を見ながら発進した場合は「ながら運転」とみなされます

 

くれぐれも運転中は、他の操作をする行為は控えましょうね。

 

ハンズフリーは法律改正前と同様に使用可能です、またイヤホンに関しても片耳ということで変更はありません。

 

ただし画面操作などを行う場合は除きます。

 

またお住まいの地域の条例によっても変わってきますので確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

ながら運転スマホだけハンズフリーが厳罰化?反則金や罰則を調査してみた!

 

2019年12月1日から「ながら運転」の反則金や罰金が改正されたんですね。

 

あまりにも事故が多いため改正したそうです。

 

改正前に比べてかなり厳罰化されました。

 

スマホなどを使用ながら運転をしていた場合。

 

まず罰則ですが、5万円以下の罰金から「6か月以下の懲役もしくは10万円以下の罰金」に改正されました。

 

以前は、罰金のみだったのですが懲役も科せれるようになったようです。

 

違反点数は1点から3点になり、もしもスマホなどを使用しながら運転するなどの行為を2回繰り返せば『免許停止』が待ち構えています

 

また反則金も5000円から7000円だったのが12000円から25000円になりましたね。

 

これで少しでもながら運転をする人が減れば、良いのですが現状ではわかりません。

 

次に交通事故など危険をおかしたり、おかす場合については更に厳しくなっています。

 

罰則は、3か月以下の懲役もしくは5万円以下の罰金から1年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」に改正されました。

 

しかも違反点数は2点から6点となり即免許停止になるようです。

 

以前は反則金6000円から12000円を支払その後刑事手続きなど判断されていましたが、『直ちに刑事手続きの対象となる』ことに改正されたんですね。

 

そこで気になるのがハンズフリーです。

 

事故を起こした時にBluetooth(ブルーツルースもしくはブルートゥース)でスマホを使用していた場合どうなるのでしょうか?

 

実はハンズフリーは、処罰の対象になりません。

 

なぜなら道路交通法には、ハンズフリーの通話に関して明確な定義がないからですね!

 

 

ただし、ハンズフリーでスマホを使用していたとしても対象になる可能性があります。

 

それはスマホの画面を注視していた場合です。

 

例えスマホを操作しなくても、画面を注視して運転を疎かにした場合は「ながら運転」の違反にあたるようになります。

 

また仮に事故が起きた場合、警察が状況を踏まえ調査した結果。

 

通話履歴などから事故との因果関係が立証され法律違反と判断された場合、例えハンズフリーでも何かしらにお咎めをもらうようになる可能性は極めて高いと思います。

 

 

また話は変わりますが、世の中には「ながら運転」に限らず、「わき見運転」する人もたくさんいます。

 

わき見運転最中も車は、ずっと動いていますよね!

 

ですがわき見している運転手は、事故は絶対起こさないと自負しているんですよ。

 

その自負、いったいどこから湧き出てくるのでしょうか?私はとても不思議に思います。

 

わき見運転をしているのに、事故は絶対起こさないと自負している人は何を考えて運転しているのでしょう?

 

私としては真実を判りたい反面、知りたくないという気持ちもあります。

 

ぜひ「ながら運転」の厳罰化に伴い、わき見運転も厳罰化して欲しいと願っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「ながら運転」をする人もしない人もたくさんいます。

 

初心者の頃は「ながら運転」なんて誰もしなかったと思います。

 

やがて車の運転にも慣れ「自分は大丈夫」という思い込みが、「ながら運転」をする人の心にしみついたのでしょう。

 

いつの間にか初心を忘れ、自分中心の運転になってしまったことを今一度考え直す時期なのかもしれませんね。

 

信号待ちでのスマホの操作やハンズフリーの正しい使い方など再度確認しておきましょう。

 

そして罰則をもらわず、反則金を支払うことがないように安全運転に心がけてみませんか!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.