七海ひろき宝塚退団後初の女役!細川ガラシャが美人すぎる!

 
七海ひろき 宝塚 退団後 初 女役 細川ガラシャ 美人 すぎる

元宝塚歌劇団の七海ひろきさんが退団後初の女役をされます。

 

舞台「刀剣乱舞」で細川ガラシャ役を演じることになりました。

 

イケメン男役を続けてこられたこともあり、女役も美人にしか見えません。

 

あとは、演技が気になるところですが、これは始まってみないと分かりませんね。

 

七海ひろきさんについて簡単にまとめてみました。

 

七海ひろきのプロフィール

 

七海ひろきのプロフィール

名前   七海 ひろき(ななみ ひろき)

愛称   かい

本名  

生年月日 1月16日(2020年現在 37歳)

出身地  茨城県水戸市

血液型  O型

 

芸名の「七海」は本名にある「海」の字が使われています。

 

テレビアニメ「七つの海のティコ」から由来し、ひろきは七つの海の広大なイメージを現わしているそうです。

 

そんな七海ひろきさんには2歳上の兄がいます。

 

幼い頃は、ヒーローごっこなど男の子が喜ぶ遊びをしていたそうです。

 

小学6年生の時テレビで見た月組公演「風と共に去りぬ」の主演、天海祐希に一目ぼれし、宝塚歌劇団への入団を目指すようになります。

 

小さい頃に朗読会で先生に褒められたことがきっかけで演劇部に所属していたそうで、学生時代はお芝居に夢中だったそうです。

 

中学入学後、父親の薦めもあり宝塚音楽学校に入るためのクラスがある東京のバレエ教室に茨城県から週1回往復5時間かけ通いバレエや歌などを習っていました。

 

中学卒業時には宝塚を受けず、県立水戸第二高校へ進学します。

 

両親からは「成績が落ちれば宝塚は受験させない」といわれていたことも関係あるかもしれませんが、宝塚受験のレッスンと学校の勉強を両立させてきたそうです。

 

七海ひろきさんは高校2年生の時の2度目の受験で宝塚音楽学校に見事合格します。

 

2001年に第89期生として宝塚歌劇団への道を歩むことになりました。

 

スポンサーリンク

七海ひろき宝塚退団後初の女役!

 

七海ひろきさんは宝塚時代には、とても人気があり色々な役を演じ活躍してきました。

 

2019年3月24日に宝塚歌劇団を退団してからは、俳優・声優・歌手・ラジオパーソナリティなどアーティストとして、いろいろと活躍されています。

 

2019年11月には、いばらき大使に就任されています。

 

そして2020年6月から上演予定の『舞台「刀剣乱舞」2020年夏公演』に細川ガラシャ役で出演することが決まりました。

 

 

細川ガラシャと言えば女性ですね。

 

七海ひろきさんにとって、宝塚歌劇団退団後初の女役になります。

 

どんな演技を見せてくれるのか非常に楽しみですね。

 

スポンサーリンク

七海ひろきの細川ガラシャは美人すぎる!

 

退団後、男役を演じてきた、七海ひろきさん。

 

今回退団後初めての女役、細川ガラシャが一段と美人に見えてしまうのは私だけではないでしょう。

 

女役だけでなくイケメンな男役をされてきたこともあり、相手役の美しい女性を見てきたことで、女性の美しさの表現力も兼ね備えているようですね。

 

舞台で映える演技をみることが、待ち遠しくなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

舞台「刀剣乱舞」で細川ガラシャ役を演じることに七海ひろきさん。

 

退団後初の女役ということで話題になっていますね。

 

私も特に男役を演じてこられた方がされる女役、非常に楽しみです。

 

七海ひろきさんの活躍が、さらに楽しみになってきましたね。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.