朝ドラ「なつぞら」柴田夕見子役は福地桃子!演技の評判はどう?

2019/10/11
 
朝ドラ なつぞら 柴田夕見子役 福地桃子 演技 評判 どう

朝ドラ「なつぞら」主人公の奥原なつは戦争で両親を亡くし、兄や妹と離れ離れとなり、北海道で暮らすことになります。

 

なつの父の戦友である柴田剛男(たけお)の家に引き取られるのですが、柴田家には長男の照男(てるお)、なつと同い年の長女の夕見子(ゆみこ)、次女の明美(あけみ)がいます。

 

突然やってきたなつに特に夕見子は戸惑いを隠せません。自分の服をなつにかすことを泣いて拒みます。

 

でも少しずつ打ち解けていって、夕見子は自分からなつに服をあげるんですね。

 

そんな成長した夕見子を演じる福地桃子さんについて調べてみました。

 

朝ドラ「なつぞら」柴田夕見子ってどんな役?

 

柴田夕見子には兄の照男と妹の明美がいます。3兄弟の真ん中ですね。

 

第一印象は自由奔放、妹の明美とは違います。

 

夕見子は突然やってきた、なつに戸惑います

 

いくら父親の頼みとはいえ何も知らない人と突然一つ屋根の下で暮らす。

 

通常なら誰だって戸惑いますよね。夕見子の場合は、なつとどのように接すればいいのかわからず。

 

頭が真っ白になってしまったようです。そのせいかなつに対して冷たく接してしまうんですね。

 

ところがなつが自分たちのために働いている姿を見て夕見子のこころは徐々に変化していくんです。

 

夕見子は牧場の娘なのですが、牛の世話も牛小屋へ行くのも苦手意識満載です。

 

いつからそうなってしまったのかはわかりませんが女の子なのでにおいに敏感だったのでしょう。

 

たしかに牛小屋も牛も臭うし独特のにおいがします。

 

動物嫌いだったり、どうぶつのにおいが苦手なひとには敬遠される場所かもしれませんね。

 

小っちゃいころからずっと一緒に暮らしてきた牛なのに。なにかあったのでしょうか?

 

蹴られたと顔をかなめられたとか・・・。牛の夕見子に対する愛情表現が判らなかったのかもしれません。

 

夕見子の本心も決して牛が嫌いではないと思います。できれば家族といっしょに働きたい。

 

そうねがっているはずなのですが・・・。なんともかんとも。

 

しかも夕見子は牛乳を飲まないんです。やはりにおいでしょうかそれとも味?

 

最初に飲んだ時の印象が悪かったのかもしれませんね。単に飲まず嫌いなのかも。

 

牛嫌いだった夕見子なんですが、なつの前向きな心にうたれていくんですね。

 

いつのころからかなつと本心で話ができるようになりなつと仲良くなっていくんです

 

しかも本当の姉妹以上になるんですよ。

 

加えて夕見子は、超がつくほど苦手だった牛のことが嫌いでなくなっていくんです。

 

もちろん牛小屋へ行くのも牛をさわるのも、そして牛乳も気にならなくなっていくんですね。

 

驚きますよね。夕見子は嫌いだと思い込んでいたのでしょうか?

 

そんな夕見子ですが勉強はたくさんできるんです。頭が良くて賢いせいなのか北海道大学に進学します。

 

この時代に大学へしんがくするのは、すごいことです。

 

スポンサーリンク

福地桃子のプロフィール

 

レプロエンタテイメントに所属している福地桃子さんのプロフィールは下記になります。

 

名前     福地 桃子(ふくち ももこ)
生年月日   1997年10月26日
出身地    東京都
趣味     映画鑑賞 旅行
特技     バレーボール
身長     153cm

 

 

福地桃子さんの父親は哀川翔さん、母親は青地公美さんなんです。

 

哀川翔といえば一世風靡セピアしかでてきませんが・・・。

 

その昔「踊るさんま御殿(明石家さんまの番組)」で芸能人の2世タレントがゲストで出演していたのを見たような記憶があります。

 

そんな福地桃子さんですが香月秀之(かつきひでゆき)監督からのオファーがあったんですね。

 

17歳の時、父である哀川翔さんの娘役として出演したんですね。

 

そのことがきっかけで芸能界入りを果たします。ちなみに作品は借王シャッキング〜華麗なる借金返済作戦〜です。

 

初主演で経験もなくどうなるものかと思われましたが、福地桃子さんは幼いころから、ずっと父親である哀川翔さんの撮影現場に同行していたこともあり演技の方法を身につけていたのかもしれませんね。

 

そのことが功を奏したんでしょう、初挑戦とは思えないほど自然な演技がたいへん高評価だったんです。

 

見て覚えていたんですね。お父さんのおかげですね。

 

福地桃子さん自身もとっても驚いていたようです。

 

お父さんってこんな面白い仕事をしているんだって改めて感謝し、初めての出演作にもかかわらず楽しかったせいか、自分も女優の道を進んでみようと考えたんですね。

 

連続テレビ小説の出演は念願だったようで、「なつぞら」以前にも何度かオーディションを受けたんだそうです。

 

「なつぞら」に出演が決まった時の福地桃子さんのコメントは下記になります。

 

私は、朝ドラに出演させていただくのが初めてなのですが、出演が決まりましたということを聞いてから時間が経ったのにも関わらず、まだ全く実感が沸かず、今日はじめてキャストの皆様とお会いしてようやく始まるんだなぁと気持ちでおります。柴田家の一員としてなつと共に成長していけるのが今からとても楽しみです

 

福地桃子さん過去の出演作品

 

ドラマ

  • 借王シャッキング〜華麗なる借金返済作戦〜(2014年 テレビ東京) – 安斉美香 役
  • 潜入捜査アイドル・刑事ダンス(2016年 テレビ東京) – ピコ 役
  • CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017 スペシャル“胸キュン”ドラマ「愛が呼ぶほうへ」(2017年 TBS)
  • あなたには帰る家がある(2018年 TBS) – 池田こはる 役
  • チア☆ダン(2018年 TBS) – 芦田さくら 役
  • 連続テレビ小説 なつぞら(2019年 NHK) – 柴田夕見子 役

 

映画

  • あまのがわ(2019年) – 主演・琴浦史織 役
  • あの日のオルガン(2019年) – 森静子 役

 

2018年には産業経済新聞社のイメージキャラクターもつとめているんですよ。

 

スポンサーリンク

福地桃子さんの演技の評判はどう?

 

福地桃子さんはデビューする際に哀川翔の娘としてではなく、本名の福地桃子としてデビューすることを選んだそうです。

 

事務所も哀川翔さんとは別の事務所を選んだそうで、憧れている新垣結衣さんと同じ事務所を選びました。

 

一から修行してお父さん(哀川翔)を追い抜くつもりなんでしょう。

 

「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」ではピコ役を演じ、婦人警官でありながら今どきの女の子というギャップが話題を呼びました。

 

かわいい声なのに口が悪い!私の心はそんなギャップに鷲づかみされました・・・

 

 

 

私は「あまのがわ」見てないのだけど、琴浦史織が成長していく姿を福地桃子さんが演じたそうです。

 

努力家なのでコメントや評判も良いはずなんだろうなと検索してみました。

 

すると、とっても良かったって意見が随分見られましたね。

 

 

その中でも、やはり女性ということもあってかわいいって意見もたくさん見られましたね。

 

これからの期待を込めてなんでしょうが、「二世」ということで、とても厳しい目で見られることもあるんですね。

 

親の七光りだとか、かわいくないという意見も見られました。(かわいくないは何を基準にしているのでしょうね)

 

「あまのがわ」の主演や「なつぞら」の出演はコネなんじゃないかとか書かれていたのですが、コネで出れるようならきっと哀川翔が黙っていないような気がします。

 

本名の活動には、その辺の事情も絡めているかもしれませんが、最終的に演技力がなければ自然消滅すると思います。

 

例え二世タレントであれ、使えないものは使わなくなっていく世界ですから。

 

「なつぞら」に福地桃子さんの出演が決まったということは、二世とかではなく演技力が、とても素敵なんだってことなんでしょう。

 

 

福地桃子さん演じる夕見子は、小さいころの夕見子がそのまま育ったって思いました。

 

自由奔放に育った感じで、明美がイライラするのもわかりますね。

 

でもなつに、柴田家に遠慮があるんじゃないか、自分のやりたいことをちゃんとやったほうが良いみたいな話をするあたりは、とっても素敵です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

福地桃子さんは哀川翔さんの娘ということで、良くも悪くも注目されている女優さんです。

 

「なつぞら」の子役の演技はとっても上手いし、プレッシャーはかなりなものがあると思います。

 

柴田夕見子の役を演じることで、さらなるステップアップをしてほしいと期待している私でした。

 

読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

なつぞらの出演者ついての記事をまとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

なつぞら出演者の記事まとめ

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.