ナツメグ大量摂取で新婚夫婦が危険な状態に!子供には特に注意!

2019/07/20
 

こんばんはトチです。

今回は、愛する旦那さんのために作ったハンバーグが!

なんと命の危険に導くなんて思ってもみなかった出来事があったんです。

ハンバーグに「ナツメグ」という香辛料をつかうことはご存知ですか?

では、ナツメグを大量に摂取すると命の危険にさらされることはご存知でしたか!

 

ハンバーグを食べた新婚夫婦が危険な状態に!

 

お嫁さんが作ったハンバーグを食べて夫婦そろって病院に運ばれたそうです。

このハンバーグの中にはナツメグが1瓶入っていたそうなんですが、ナツメグって大量に摂取すると危険なんだそうです。

 

ナツメグの使用量

ナツメグ

実はナツメグという香辛料なのですが、近くのスーパーなどでも簡単に購入できるようになっています。

しかも、いろいろな保存方法で販売されています。

使い切りタイプの袋タイプから、長期保存に適した瓶タイプからありますね。

香辛料なので、香りづけや味付けなどに使用するのです。

が、ナツメグは1回の使用量って決まってるんです。

多量に摂取することで実は、「」になっちゃうんですよ。

あるサイトでは約10g(グラム)以上を摂取するとたいへんなことになると書かれてありました。

「通常使用量では特に問題を生じないが、多量(約10g以上)のナツメグは毒となる。痙攣を起こしたり、マリファナに似た幻覚を生じることがあるほか、摂取量が多い場合、肝臓障害をひきおこすことがある。過去には堕胎薬としてナツメグが使われたこともある。幻覚症状が現れ出すのは5gからという。2個での8才男児の死亡例がある」

上記のように死亡例もあるくらいです。

ある意味非常に危険かもしれません。

実は、人によって数グラムでも感覚に変化が現れるようです。

びっくりしますね。

なので、必ずレシピに書かれている用量を守って使用することにしてくださいね。

決して目分量などしないようにしておきましょう。

あとグラム数の読み間違いも危険です。

1000mgと1000gは違います。1000mgは1gですので。

単位まできちんと確認しましょう。

 

ナツメグ1瓶って明らかに入れすぎですね。何回分ぐらいあるのでしょう?

 

スポンサーリンク

ナツメグの大量摂取?子供には特に注意を!

 

万が一、ナツメグを使用した料理を食べた後で健康に不安を感じた場合は医療機関の診断を仰ぎましょう。

特に動悸が激しくなったり、意識が遠のいていく感じがしたり異変を感じたら、即救急車を呼びましょう。

ナツメグの危険性は「国際化学物質安全性計画」の論文にも記されていますので世界的にも知られているのではないでしょうか。

また先ほどと違うサイトを探してみると、一度に「4g」も使えば危ないらしい。

もっとも、人により4gより少なくても症状はでる可能性はあると思います。

カレーやその他の料理においても風味付けなどで軽く使用するくらいに必ずしておきましょう。多くても「0.5g」くらいかな。

特に子供は体も小さいので、許容量もその分少なくなります。

少量なら問題ないのでですが、心配なら代用品を検討してもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ナツメグのいいところ

 

適量さえ守れば、胃腸の調子も良くなります。

つまり体全体には、いい影響を与えてくれる代物なんです。

 

ただし、一回の使用量は守ってね。

お肉料理に使ったりしていますが、におい消しのために使う人もいます。

 

スポンサーリンク

ナツメグのわるいところ

 

毒性を秘めています。

摂取用量さえ守れば問題は起こりません。

 

が守らないと脳神経を刺激して幻覚症状を起こしてしまったり、体のコントロールが効かなくなったりするんです。

 

また、肝機能障害にもつながってきますので。

必ず適量を使用するようにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

新婚夫婦で起こったお話ですが、お嫁さんは一生懸命作った事だと思います。

旦那さんも、そんな奥さんの気持ちにこたえて美味しくいただいたことでしょう。

それが、まさか「ハンバーグ」に使用した「ナツメグ」の使用量を間違えたがために病院行きになってしまっただなんて。

まぁ、どんな食べ物でも適量な数値はありますよね。

ナツメグには良い効果もありますので使用の際は適量を守りましょう。

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.