横断歩道以外での横断(渡る)!事故の過失割合や歩行者優先とは?

 
横断歩道以外 横断 渡る 事故 過失割合 歩行者優先 とは

横断歩道以外を横断(渡る)する人や自転車って、見かけたことありませんか?

 

しかも、自動車の往来が激しいところを平気で渡る人!

 

もしも事故になった場合に気になるのは、事故の過失割合ですよね!

 

道路交通法の歩行者優先とは、いったいどんなものなのでしょうか、気になったのでまとめてみることにしてみました。

 

歩行者優先とは?

 

まず多くの人がかなり勘違いしている、歩行者優先についておつたえしますね!

 

横断歩道を横断しているもしくは横断しようとしている歩行者などがいる場合には、横断の邪魔をしてはダメなんです。

 

これは道路交通法(“道路交通法第38条第1項”)で定められています。

 

横断歩道に渡る人を見かけた場合、車両は歩行者などの横断を妨げてはダメなんですね!

 

もし、歩行者の横断を邪魔した場合は、「横断歩行者等妨害」に該当し処分されます。

 

 

その上交通事故を起こした場合は、さらに罪が重くなります。

 

横断歩道で人影を見つけたら、一時停止をし横断の妨害をしないように心がけておきましょう。

 

次に交差点または交差点直近で横断歩道が設置されていない場所での話です。

 

実は歩行者などが道路を横断しているときは横断を妨げてはならないと道路交通法第38条の2で決まっています。

 

ただ横断歩道が設置されている場合と異なり、必ずしも一時停止する必要はありませんし、仮に横断を始める歩行者を優先させることもひつようありません。

 

そして、ここからがとても重要なことになります。

 

交差点および交差点直近以外の横断道路のない道路を歩行者が横断しようとした場合、歩行者に優先順位は全くありません!

 

しかも「道路交通法第13条第1項」では、交差点および交差点直近以外の横断歩道のない道路では、車やバイクのすぐ前やすぐ後ろを横断してダメと決まっています。

 

まぁ、交差点でもない、信号機もない、ましてや横断歩道もない車の往来が激しい場所を、平気で渡ろうとする人の気持ちは考えられませんね!

 

しかも万が一交通事故を起こした場合には、100%横断している人や自転車が悪くなることはないそうです。

 

つまり、法律でいくら車両優先と定められていたとしても、危険な行動をしようとする人や自転車を見かけた場合には、徐行するなり危険回避に心がけるようにしておきましょう。

 

なによりも自分自身の為です。

 

スポンサーリンク

横断歩道以外での横断(渡る)は歩行者優先なの?罰則は?

 

結論から先にお伝えしますね。

 

信号機のある交差点、信号機のない交差点、そして横断歩道以外の場所での横断は「道路交通法第13条第1項」により禁止されています。

 

つまり横断歩道以外の横断は、歩行者優先ではありません!

 

横断歩道以外の場所で渡る場合は、車やバイクなどの走行を妨げてはダメです!

 

つまり車やバイクの走行を邪魔しないことが明確でない限り、横断してはいけないわけですね!

 

ちなみに道路交通法第13条第1項とは以下の通りです。

 

(横断の禁止の場所)

歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない

ただし、横断歩道によって道路を横断するとき又は信号機の表示する信号、

若しくは警察官等の手信号等に従って道路を横断するときは、この限りではない。

 

上の通り、道路交通法で定められています。

 

しかし残念ながら、道路交通法を知っているのは車やバイクなど運転免許を持っているドライバーです。

 

運転免許を持っていない人は、道路交通法なんて全くもって、知る由もありません。

 

まぁドライバーの中にも道路交通法を理解していない人は、たくさんいますけどね。

 

横断歩道以外の場所は歩行者優先ではありませんが、万が一横断している人に遭遇したら、一呼吸おいて徐行するなり停止するなり、余裕を持つことも必要かと考えます。

 

なぜなら、歩行者や自転車など相手は道路交通法を知らない人だからです、学校では道路交通法を教えてもらえません。

 

そして何より、例え道路交通法を守っていたとしても、事故を起こしてしまえば、嫌な気分になるのは自分自身です!

 

私は横断歩道以外の場所を渡る人の味方は一切しませんが、事故を起こす気も全くありません。

 

確かに法律では横断歩道以外の場所においては歩行者優先ではないですが、自分自身のために考動するように心がけてみるのは如何でしょうか?

 

大昔は車なんて、ありませんでした。

 

人は車やバイクに乗ることで、気が大きくなってしまい、人として大切な何かを忘れてしまっているのかもしれません。

 

また歩行者も、いつでも歩行者優先と思い込んでいるかもしれません。

 

つまり、交通事故はお互いに気配りしていかないと無くならないということですね!

 

 

ちなみに万が一、横断歩道以外の場所を渡っている歩行者や自転車などと交通事故を起こした場合、横断した者に罰則があるかというと。

 

全くもって!ありません!

 

つまり法律通りに走行して事故を起こしたとしても、何一ついいことはありません。

 

ドライバーとしては、常に横断歩道以外の場所をわたる人に巻き込まれないようにしておきましょう。

 

また、歩行者側になった場合は、横断歩道以外の場所を渡る場合には左右の確認を確実に行い、車やバイクがいない時に横断することにこころがけましょうね!

 

スポンサーリンク

横断歩道以外での横断(渡る)!事故の過失割合は?

 

信号機のある交差点、信号機のない交差点、そして横断歩道以外の場所での横断で事故に遭遇してしまった場合の過失割合ですが。

 

100%横断者が悪いということには、ならないようです。

 

そのため常に歩行者などの動向をうかがいながら、安全速度で走行することを心がけましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

多発する横断歩道以外を横断(渡る)する人や自転車の事故の過失割合や歩行者優先についてお伝えしてみました。

 

交差点や交差点直近もしくは横断歩道がある場所以外での、道路の横断は法律で禁止されてはいるものの、横断する人が後を絶ちません。

 

出来れば歩行者もルールを守っていただきたいところですが、ルールを知らない人に守れというのは厳しいことなのでしょう。

 

ドライバーとしては、上のような人に出逢った場合には、近寄らないようにしておきましょうね!

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.