ヘンリー王子の引退後の生活収入源とは!王室資産で安全な理由!

 
ヘンリー王子 引退後 生活 収入源 とは 王室 時代 資産 いくら

ヘンリー王子とメーガン妃が王室引退することが報道されていますね。

 

ヘンリー王子の王室時代の資産が気になります。

 

今後の生活収入源は、いったいどうやって得ていくのでしょうか?

 

調査してみることにしてみました。

 

最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

ヘンリー王子の引退後の生活収入源とは!王室時代の資産はいくら?

 

ヘンリー王子が王族を退くことで、一番気になるのが引退後の生活収入源ですよね!

 

ヘンリー王子もメーガン妃も、まだまだお若いですし、王族を退いたとしてもロイヤリファミリーということで一般人のような生活とは違ってきます。

 

身の回りの警護だけでも相当なお金が掛かるし、着る物や食べ物なども変わらないと思います。

 

ところがヘンリー王子は王族引退後も家族ともども、安全に暮らしていける資産があるようです。

 

著名人の保有資産を調査して公開しているサイト「セレブリティ・ネット・ワース(Celebrity Net Worth)」の情報から、ヘンリー王子の現在の保有資産は約4000万ドルほどです。

 

繰り返しますね!ヘンリー王子が現在所有している資産は、日本円にして約43億7,000万円です。

 

43億って言えば、毎日吉野家の牛丼大盛り512円(税抜き)を、朝昼晩1,536円(税抜き)を食べたとしても、約28万日で約767年は食べることにこまりません。

 

またメーガン妃も女優として活躍していた時の出演料や企業とのスポンサー契約料など、想像もつかないほどの資産を持っていますね。

 

簡単に言うと、働かなくても暮らしてはいけるわけです。

 

クイーン・マザー(エリザベス皇太后)からの相続

 

曽祖母であるエリザベス皇太后が、1994年にクイーン・マザー自身が保有していた資産の約3分の2の27億円で信託基金を作り、ウイリアム王子とヘンリー王子加えて孫たちに残しているんです。

 

『ガーディアン』紙から読み取ると、ウイリアム王子とヘンリー王子は21歳になった時に信託基金の中から約8億5,800万円の半分である、約4億2,900万円を二人が受け取っています。

 

くわえて、クイーン・マザー(エリザベス皇太后)は、信託基金の残りのお金の大半をヘンリー王子が受け継げるようにされたようです。

 

ウイリアム王子はいずれ君主となり所有する資産は半端ではありません。

 

クイーン・マザー(エリザベス皇太后)は、ウイリアム王子とは逆に君主にならない「ヘンリー王子」に差額が生まれないようにしたとされていますね。

 

そしてウイリアム王子とヘンリー王子は40歳になった時、クイーン・マザー(エリザベス皇太后)の信託基金に残されている約11億4,400万円から割り当て分をいただく予定だそうです。

 

割り当て分をもらうのは、ウイリアム王子とヘンリー王子だけでなく、クイーン・マザー(エリザベス皇太后)のひ孫のベアトリス王女とユージェニー王女なども含まれています。

 

ダイアナ元妃からの相続

 

また2011年にアメリカの経済紙『フォーブス』が報道した情報によると、ウイリアム王子とヘンリー王子の母親ダイアナ元妃からも、それぞれ約10億円ずつ残されているそうです。

 

ウイリアム王子とヘンリー王子は25歳になってから、ダイアナ元妃が残してくれたお金から毎年約4900万円ずつ受け取っているとされています。

 

くわえてダイアナ元妃が所有していたコレクションも二人の王子ウイリアム王子とヘンリー王子に残しているようですね。

 

ヘンリー王子自身も、英陸軍航空隊のヘリコプター操縦士で働いていたことで、年間約550万から580万ほど収入をえていたとアメリカの経済紙『フォーブス』が報じています。

 

ヘンリー王子・メーガン妃!爵位「サセックス」商標登録

 

2019年にヘンリー王子はメーガン妃は自らの爵位「サセックス」を商標登録しましたね!

 

その登録項目数は100を超えています。

 

着る物であるTシャツからスーツ・コート・ジャケット・ドレス・パジャマといった多種の服飾品。

 

雑誌や教育本など含む書籍類。

 

夫妻が関係する多くのチャリティープロモーションなど細かく登録されています。

 

ちなみにサセックスは、ヘンリー王子の正式な身分を示す呼び名です

 

正式名称は「サセックス公爵ヘンリー王子」になりますね!

 

商標登録に関しては、多くの苦情が寄せられていました。

 

特にイギリス国内では「王室を切り売りしている!!!」などという意見もありました。

 

いずれにせよ、商標登録によっての収入は、計り知れない金額になるかと思います。

 

金額的には数億の年収があるかと考えます。

 

メーガン妃のファッション経済効果

 

メーガン妃はオシャレが得意なんですね。

 

しかもファッション業界へのメーガン妃の影響力は高く、その経済効果は700億円以上とも言われています。

 

まぁ、メーガン妃の評判がなくなれば、影響力もなくなりますが・・・。

 

なので商標登録で服飾品が含まれているとしたら、おそらく年間で数億の収入があると考えます。

 

 

ただエリザベス女王はヘンリー王子の行動に対して激怒されているそうです。

 

万が一爵位(しゃくい)が、なくなってしまった場合には、商標登録は無駄におわりますね。

 

まあ、現在のヘンリー王子の資産、日本円にして約43億7,000万円もあれば、暮らしていくことは可能だと考えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ヘンリー王子とメーガン妃、そして二人の家族が暮らしていくには十分な金額があることがわかりましたね。

 

ヘンリー王子が下した決断が良い方向に向かうといいですね。

 

また王室にとどまらない理由は、報道されているようにメーガン妃とエリザベス女王との確執問題なのかもしれません。

 

イギリス国民や王室関係のひとは今、どんなふうにお二人のことを思っているか気になるところですが・・・。

 

これからのヘンリー王子とメーガン妃の行く末から目が離せませんね!

 

新しい情報が入り次第、あらためて追記させていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.