相模原駅員50代男性の担当業務は接客業?JR東日本社員の感染はいつで家族は?

 
相模原駅員 50代男性 担当業務 接客業 JR東日本 社員 感染 いつ 家族

JR東日本横浜線相模原駅員の50代男性が、新型コロナウイルスに感染していたことが判明しました。

 

相模原駅員の50代男性の担当業務が気になります、接客業をしていたのでしょうか?

 

またコロナ感染はいつごろで家族への感染は、どうなのでしょうか調査してみました。

 

相模原駅員50代男性の担当業務は接客業?JR東日本社員のコロナ感染はいつごろ?

 

JR東日本の発表によると相模原駅員の50代男性の担当業務は、普段接客業でなく事務を担当しているとのことです。

 

そのため、改札などの接客業務していないと発表されていました。

 

相模原駅員の50代男性が体調不良を感じ発熱したのは2月16日です。

 

2月16日の男性の担当業務は、午前に横浜線の上溝駅で券売機のメンテナンスに立ち会ったようです。

 

また、14時45分から15時15分頃まで横浜線の原当麻(はらたいま)駅で、マスクを着用しホームで列車通行などの安全確認業務を行っていたそうです。

 

もしかしたら相模原駅から、上溝駅や原当麻へ横浜線を利用して移動していたかもしれませんね。

 

2月16日に早退したなどの報道はされていないため、終業時刻までお仕事をされたと考えます。

 

翌日の2月17日以降は、勤務をされていないとのことでした。

 

そして2月22日に、新型コロナウイルスの検査結果で陽性と判明しました。

 

相模原駅員の50代男性と2月16日に接触した人や、16日以前に接触した人も心配になりますね。

 

スポンサーリンク

相模原駅員50代男性の濃厚接触者や家族は?感染経路は?

 

新型コロナウイルスの感染が確認された相模原駅員の男性50代には家族がいます。

 

50代女性の妻と20代女性の娘で長女と次女の3人です。

 

3人は、相模原駅員の男性50代同様に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 

現在は、自宅療養を続けているとのことです。

 

2020年2月24日現在のところ、相模原駅員の50代男性への感染経路は、わかっていません。

 

また相模原駅員の50代男性と濃厚接触?のあった2人の社員については、自宅待機しているとのことでした。

 

さらに男性と接触があったと思われる9人の社員については、25日以降に新型コロナウイルスの検査を受ける予定になっているとのことでした。

 

スポンサーリンク

相模原駅員50代男性がコロナ感染していたことに対する世間の声は?

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

JR東日本横浜線相模原駅員の50代男性は、体調に異変を感じたのは2月16日と報道されていました。

 

加えて翌日の2月17日からは、お休みをしていたとのことです。

 

接客業はしていないと報道ではありましたが、2月16日に相模原駅以外での業務の際は、横浜線を利用したのではないかと考えてしまうのですが?報道されていないため謎ですね。

 

もともと家族が感染していた中、そのおうちのお父さんがJR東日本の社員だったことを後から報道発表したようですし。

 

出来れば、後で公表するぐらいなら、最初から発表していただきたいものですね。

 

新型コロナウイルスに関連した記事まとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

新型コロナウイルスに関連した記事まとめ

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.