酒井莉加は立川志らく嫁!25歳弟子不倫相手写真の劇団員は?

2020/03/07
 
酒井莉加 立川志らく 嫁 不倫相手 立川うおるたー 嫁 言い訳とは

週刊文春で立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんが弟子と不倫していることが報じられました。

 

週刊文春によると酒井莉加さんの不倫相手の弟子は、25歳劇団員だとか・・・しかもキス写真も・・・。

 

嫁の主催している劇団の25歳劇団員と言えば、弟子の立川うおるたー?さんを思い浮かべるのですが・・・。

 

しかも立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんの言い訳が「酔っていたから私が無理やりしたかも・・・」などというヤバいことを言ったとか?

 

週刊文春で報じられたキューピーのタコ太郎こと弟子の立川うおるたーと酒井莉加さんの関係について調査してみることにしました。

 

酒井莉加は立川志らくの嫁で25歳弟子不倫相手は立川うおるたー?

 

立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんが不倫している相手ですが、立川うおるたーさんとネット上では噂されていました。

 

週刊文春の情報では、立川志らく氏の弟子で25歳そして酒井莉加さんが主宰している劇団「謎のキューピー」の劇団員ということになります。

 

以下の画像の中に、立川うおるたーさんがいます。

 

 

次の画像の方になります。

 

 

小さすぎて、よくわかりませんよね。

 

大きい画像は、こちらになります。

 

 

中々のイケメンですね。

 

週刊文春の記事によれば、現在落語活動を休業しているとか・・・。

 

師匠の立川志らく氏のネット上にある情報から調べていくと、現在休業しているのは「立川うおるたー」さんなんです。

 

立川うおるたーさんは、立川志らく氏に弟子入りして修行に励んでいたのですが、いつしか演劇に興味を持ち始めたようです。

 

そのため落語活動を休業しているそうですね。

 

演劇の世界での自分はそんなものなのだろうという野望もあり、劇団「謎のキューピー」の一員「タコ太郎」として演劇に勤しんでいたようです。

 

立川志らく氏に弟子で、年齢や劇団員という観点から考えると、「立川うおるたー」にたどり着いちゃうわけです。

 

もしかしたら目線を変えれば不倫相手が想像できるかもしれませんが、私が考えてみたのは「立川うおるたー」さんではないのかなと思いましたね。

 

スポンサーリンク

酒井莉加は立川志らくの嫁で不倫の言い訳がヤバい!

 

立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんは、2020年2月現在38歳です。

 

ちなみに立川志らく氏は、56歳です。

 

週刊文春の記事によりますと、嫁の酒井莉加さんは2月19日の初日公演後、立川うおるたーさんとキスなどの行為をしていたそうです。

 

しかも、その日だけでなく連日スーパーやコンビニでも同様なことを目撃したそうで・・・。

 

週刊文春の記者が酒井莉加さんを直撃した際には、用心棒のために弟子を付き添いにしていると答えたそうです。

 

しかし、キスなどの行為について質問された際には以下のように答えられたようですね。

 

嫁の酒井莉加さんは、「酔っぱらっていたため、私が、無理やりしたかもしれない・・・。」と発言されたようです。

 

確かに酔っていれば判断ミスなども起こりえます。

 

しかし実は上でお知らせしたような行為は1度きりでありませんでした。

 

スポンサーリンク

酒井莉加は立川志らくで嫁の弟子不倫は2回目?

 

週刊文春の記事によると実は、立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんは4年前にも弟子と不倫行為をしていたそうです。

 

若い男が良かったのか?それとも、立川志らく氏以外の心にときめいたのか?わかりません・・・。

 

立川志らく氏は仕事で家を留守にすることが、多いようです。

 

あくまでも想像ですが立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんが不倫をしていたとしたなら、立川志らく氏に振り向いてほしくて不倫をしたのかもしれませんね。

 

週刊文春のきじでは、立川志らく氏の妻の酒井莉加さん4年前の不倫騒動の時には、当時の不倫相手の弟子を破門にしたとか書かれていましたね。

 

一度していたのに、2回目をしてしまったのは、立川志らく氏に伝えたいことがあったのかもしれません。

 

これだけは当人同士にしか分かり合えないことですね。

 

新しい情報が入った時には、追記させていただきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

週刊文春で立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんが、弟子と不倫していることが報じられましたね。

 

週刊文春の記事から推測していくと、「立川うおるたー」さんにたどり着きました。

 

ただ、これはネット上にある情報から推測した人物です。

 

実際は、違う可能性もあります。

 

ただ、記事の中に書かれていた情報からだと、どうしても「立川うおるたー」さんしか思い浮かばないんですね。

 

どちらにせよ、夫婦の問題は夫婦の間で結論が出ることでしょう。

 

今後の立川志らく氏の動向が気になります。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.