生理用品の在庫品切れの入荷予定はいつ?品薄や品不足理由はデマ!

 
生理用品 在庫 品切れ 入荷予定 いつ 品薄 品不足 理由 デマ

2020年2月28日、ついに生理用品まで薬局やドラッグストアさらにスーパーから姿を消しましたね。

 

生理用品の在庫品切れは非常に困りますよね、入荷予定はいつなのか焦りますよね!

 

でも待ってください!実は品薄や品不足には理由があります!さらにネット上で流れている中国が関係している話は「デマ」です。

 

生理用品の生産国や原材料についても調査してみました。

 

生理用品の原材料は何?品薄や品不足理由はデマ!

 

噂では、マスクが関係しているようですね。

 

しかしマスクの原材料は、ポリエステル繊維です。

 

生理用品の素材には使用していません。

 

まずは、タンポン!

 

タンポンに使われている素材は、脱脂綿やレーヨン綿を原料に生産しています。

 

次にナプキンです。

 

と言っても使い捨てナプキンですね!

 

使い捨てナプキンに使用されているのは、高分子吸収ポリマー・不織布などです。

 

?不織布ってなりますよね?

 

そうです!現在品不足が続いているマスクも不織布を使って作られていますよね!

 

じゃ噂は、本当じゃないってなりますよね。

 

ですが、本当に噂じゃないんです、デマなんですよ!

 

生理用品の生産を行っているメーカーによりますと、「原料はマスクと同様だが、マスクの影響でナプキンの生産が落ち込むことはない」とのことです。

 

つまりマスクとナプキンの生産工程は、別物だったわけですね。

 

トイレットペーパーが店頭から消えた理由は、トイレットペーパーの品不足や品切れはデマ?原材料と生産国はどこ?を是非、お読みください!

 

スポンサーリンク

生理用品の在庫品切れの入荷予定はいつ?

 

メーカーの話では、現在のところ「特に生産については問題ない」とコメントしていました。

 

さらに在庫は十分あり、新型コロナウイルスの影響でナプキンの生産が停止することは考えられないとされています。

 

つまり、ナプキンは慌てなくても買えるようになるということです。

 

ではなぜ、生理用品が購入できないのでしょうか?

 

答えは、とても単純でした。

 

マスクとの関連があるかのような内容がネット上で拡散してしまったからで、もちろん、その内容のため店頭から生理用品が姿を消してしまったわけです。

 

ではなぜ?在庫切れや品薄状態が解消され品不足が改善されるかと言うと、ナプキンの生産国が日本だからです。

 

ほとんどのナプキンは日本国内で生産されていて、Made IN Japanなんですよ!

 

日本国内にある原材料が、手に入らなくなるまでは作り続けることが可能なんですね。

 

現在、どの生理用品メーカーからも生産が出来ないとか生産が追い付かないなどと言ったコメントは公言されておりません。

 

どのメーカーも「特に生産に問題はない」とコメントをしています。

 

マスクと生理用品は、生産している国の割合が違っていたようですね。

 

そうなると、生理用品の入荷予定が何時になるかですが、単に待てば手に入るようです。

 

今回、店頭から姿を消したのは、勘違いした人達の買い占めによるものだそうです。

 

つまり転売して一儲けしようとした人達ですね。

 

そんな人たちには見向きもせず国内の生理用品生産関連企業は、普段と変わらないペースで生産をしているとのことでした。

 

つまり、消費者側が慌てなくても手にいれることが出来る状況なんですね。

 

気になる生理用品の入荷予定が何時になるかですが、今回店頭から姿を消したのは、デマに惑わされた人が買いだめをしたからなんです。

 

つまり、次回入荷するときの物流が、しっかり動いていれば、店頭に生理用品の商品が潤沢に並ぶということですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

生理用品が薬局やドラッグストアから姿を一瞬にして消してしまったわけをまとめてみました。

 

生理用品の生産も、そのほとんどが日本国内で行われていましたね。

 

つまり、Made IN Japanです。

 

他の国にほとんど依存しなくても大丈夫な商品です。

 

それなのに一部の人がデマを拡散したことで、誤って行動し爆買いした人までいるようです。

 

残念ですね!

 

新型コロナウイルスに関連した記事まとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

新型コロナウイルスに関連した記事まとめ

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.