山菜採りの行者にんにくはフリマメルカリ出品したら違法?処罰されない理由はなぜ?

 

フリマアプリのメルカリなどで、北海道産の行者ニンニクが大量に出品されていることが話題になっていますね。

 

山菜採りのフリマメルカリ出品は違法なのか?処罰されない理由はなぜなのか?調べてみました。

 

そもそも山菜どりは違法に当たらないのでしょうか・

 

山菜取りは違法?

 

そもそも多くの山菜採りをしている人は以下のような思い込みをしている人が多いようですね。

 

どうやら「自然の中で勝手に育った山菜は草と同じで採っても問題ない。」とか「草と同じで自然のものなので最初に見つけたもの勝ち。」と公園の草刈りなどと同じ認識をしているようです。

 

ですが、山菜を採った場所が他人の土地だとしたら、窃盗罪にあたり処罰されます。

 

他人の土地だったり、国有林野や自然公園でも同様です。

 

例えば国有林の場合。

 

国有林野で販売用として山菜を採取するには 山菜を 採取する区域を所管する森林管理署に対し、山菜の所在地・目的・種類・数量等を記載した売払願を提出し、承諾を得た上で、代金を納付する必要があります。

引用:総務省「 https://www.soumu.go.jp/main_content/000527132.pdf 」

 

きちんと書類を提出しお金を納付しなければなりません。

 

また自然公園の場合は以下の通りです。

 

第十三条
3 特別地域(特別保護地区を除く。以下この条において同じ。)内においては、次の各号に掲げる行為は、国立公園にあつては環境大臣の、国定公園にあつては都道府県知事の許可を受けなければ、してはならない。

引用元 自然公園法「 https://www.env.go.jp/nature/np/law/newlow_all.htm 」

 

自然公園法の中には、公園内のものを破壊したり持ち出したりしてはいけないと定められています。

 

つまり、山菜など持ち出すと法律違反で処罰される訳です。

 

自然公園法第83条の罰則は「懲役6ヶ月または50万円以下の罰金」と定められているからです。

 

また、森林法という法律では、私有地の山でキノコやタケノコまたは山菜などを勝手に採ることを禁じています。

 

第百九十七条 森林においてその産物(人工を加えたものを含む。)を窃取した者は、森林窃盗とし、三年以下の懲役又は三万円以下の罰金に処する。

第百九十八条 森林窃盗が保安林の区域内において犯したものであるときは、五年以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。

引用元 森林法「 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/houritsu/01019510626249.htm」

 

無断で採取したことがわかれば森林窃盗罪(森林法197・198条)が適応され、刑罰が下ります。

 

ただ、実際のところ国や県が山菜取りで被害届を出す事めったにないため、違法だと思っていない人が大勢いるわけですね。

 

スポンサーリンク

山菜取りで処罰された人はいるの?

 

土地の所有者が該当する植物で生計をたて利益を得ている場合など、当然ながら当事者からは犯罪・窃盗という認識でみられますよね。

 

道端に生えているタケノコ数本を持ち帰り窃盗で警察に逮捕
公園に生えているタケノコを採取して窃盗で逮捕
私有地のクルミを取って窃盗で逮捕
国定公園内でキノコを取って森林窃盗罪で書類送検
国定公園内の山野草を採取して警察に逮捕

 

無意識に取ったり、法律を知らずに取ったりして処罰されている方もいます。

 

ちなみに処罰されない方法もあるので覚えておきましょう。

 

それは所有者の許可をもらい、大量に取らない事ですね。

 

つまり、フリマアプリメルカリに大量出品するなどが目的の場合は、その行為が確認された時点で処罰されることを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

山菜採りの行者にんにくはフリマメルカリ出品したら違法?

 

行者にんにくに限らず、フリマアプリのメルカリなどには、タラの芽やウドやフキなど多くの山菜がされています。

 

特に山菜のシーズンになると大量に出品されています。

 

実は山菜をフリマ間に出品しても違法にはなりません。

 

スポンサーリンク

メルカリの山菜の危険性は?

 

メルカリに出品している人が山菜に詳しいのならともかく、素人の方も大勢います。

 

行者ニンニクにしろキノコにしろタラの芽にしろ、それに似たような毒をもった植物も存在します。

 

スーパーや道の駅などの正規のルートでさへ、誤って毒のある植物が紛れ込んでいることもありますね。

 

そのためメルカリなどで山菜を購入する際は、そのあたりのリスクも承知の上で行いましょう。

 

スポンサーリンク

メルカリ出品者が処罰されない理由はなぜ?

 

フリマなどの山菜は実際にどこで採られたのか判断できないからだそうです。

 

まとめ

 

何処で取れたかわからないものを買うほうも買うほうですが、フリマはお互い信頼し合って成立するものなので、出品者を信用するしかありませんね。

 

山菜を無断で採ることは違法に当たる場合があることだけは覚えておきましょう。

 

いずれにせよ、自分が食べる必要な量だけを取るようにしなければ、山菜にしてもいずれ枯渇してしまいます。

 

メルカリやヤフオクで出品すること自体に問題は無くても、今後山菜が無くなってしまわないように行ってもらいたい行為だと思いました。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.