さわらない接触感染予防対策グッズは?食料品の買い物で注意する物や場所は?

2020/07/31
 

新型コロナウイルスの影響が収まらない今、スーパーで買い物することも不安になりますよね。

 

さわらない生活で買い物ができるか?withコロナ、買い物時の注意点と購入商品の帰宅後の取扱い対処方法についてお伝えいたします。

 

また、買い物時に商品やエレベーターのボタンを触らなくても済む、さわらないグッズやアイテムをご紹介させていただきます。

 

かごやカートを使うときの注意

 

何気に使ってしまう「かご」と「カート」。

 

二つとも多くの人が触っていますね。

 

手で触れる部分は、ある程度決まっています。

 

店舗に備え付けのアルコール消毒液や除菌シートを活用して手で触れる部分を消毒もしくは除菌しておきましょう。

 

スポンサーリンク

トングを使う時の注意!

 

実は、クルーズ船やビュッフェなどではトングを介したと思われる感染事例があります。

 

トングを触った後、何らかの原因で顔を触ってウイルスが付着したり、鼻や口を触って体内に取り込んでしまうケースです。

 

現在、スーパーなど店内に入る時など、アルコール消毒液等が設置され、「ウイルスを持ち込まない持ち出さない」を行っていますが、消毒をしない人もいます。

 

また消毒後も無意識にですが顔などを触って手に菌が不着していることもあります。

 

特にトングの場合は不特定多数の人が触っています。

 

使用後は、必ず自分の顔や持ち物に手を触れないようにしておきましょう。

 

店を出る際には、最後に手を洗い、アルコール消毒液をしておくことを心がけるようにしておきます。

 

買い物中には顔などを触れず、買い物後には手を洗い、消毒することで、感染リスクを抑えることが可能です。

 

仮に消毒済みのトングと使用後のトングを分けて設置したらと考えたりする人もいるようですが、私の近所のスーパーでは消毒済みトングの場所に、使用後のトングを戻す人もいましたので、何とも言えません。

 

ウイルス感染に対し意識の低い人が、まだまだいることは事実なので、自分の身は自分で守るしかありませんね。

 

スポンサーリンク

お惣菜を買う時の注意!その他の商品は?

 

スーパーなどで「パックに入ったお惣菜」やその他の商品を買うときもトングを使うときと同様です。

 

特にパック入りのお惣菜は、どれにしようか迷い触りまくる人がいます。そして結局買わない人も・・・。

 

トングを使うときや使った後同様に、必ず自分の顔や持ち物に手を触れないようにしておき、店を出る際には、最後に手を洗い、アルコール消毒液をしておくことを心がけてください。

 

また、お惣菜パックに限らず販売されている商品を選ぶ際には、購入商品を決めてからカゴに入れるようにしましょう。

 

御菓子類やレトルト商品、インスタント麺など様々ありますが、誰が触っているか分かりません。

 

買い物中は必ず自分の顔や持ち物に手を触れないようにしましょう!

 

スポンサーリンク

買い物した商品を家に持ち込むときは?

 

新型コロナウイルスに限らず、細菌やウイルスは買い物した商品の何処に付着しているかわかりません。

 

買い物した商品にウイルスがいるかもしれないと、どうしても気になる方は、以下のように対処しましょう。

 

そのまま保存する場合

 

  • 購入した商品のうち、パッケージにつつまれている物はアルコール消毒する。
  • さらに気になるのなら、外箱や袋に入っている物は、中身を取り出しジップロックや保存容器で保存する。
  • 野菜や果物などは自宅にある新しい袋に入れて保存するか、洗ってもいい食材は洗って保存する。

 

お惣菜などを保存する場合

 

  • お惣菜などの中身を皿に取り出して保存する。

 

などですね。

 

ただ、これまでに、買い物した商品から感染した事例は報道されていません。

 

調理をする際には手を洗い、食材も洗いながら調理をしますよね。

 

パッケージなどに触れた手で、顔など特に口や鼻を直接触らなければリスクを伴わないと思います。

 

また、買い物した商品を触った後は、必ず手洗いをしアルコール消毒することで感染リスクを抑えられると考えます。

 

一つ一つ丁寧にすることで感染対策は出来そうですね。

 

スポンサーリンク

食品の買い物でさわらない予防対策グッズは?

 

買い物に出かけた際、特にエレベーターのボタンやエスカレーターの手すり、階段の手すりもですが、人が手で触るところは特に触らないように心がけましょう。

 

そう、ドアノブものです。

 

仮に触らなかったとしてもお店を離れる前には、手を洗ったりアルコール消毒して、店を後にしましょう。

 

ちなみに自分の指や手で触らなくても、抗菌仕様の非接触グッズを使えば、感染予防することが可能です。

 

もちろん非接触グッズの中には、様々な素材の物が販売されています。

 

中には銅の力を借りて、強度で抗菌・抗ウイルスに対応している物のあります。

 

さらに、女性でも使いやすいように指が4本かかる商品になっています。

 

先端部分にはゴムチップが採用されているため、対象物を傷つけにくいように作られていますね。

 

又メンテナンスにおいても、ハンドソープや台所洗剤でも洗うことが出来ます。

 

もちろんアルコール消毒も可能です。

 

ドア・つり革・・エレベーター・引き出し・ATM・券売機・コンビニ・コインロッカー・自動販売機で使えるので助かりますね。

 

他にも良い商品はありますが、手指に負担のかかりにくい商品を選んでみました。

 

ぜひ参考になさってください。

 

 

 

またねこの形をした、かわいい商品もありました。

 

 

 

 

また手袋などで予防するのもいいと考えます。

 

シルクの肌触りで手荒れ防止や手肌ケアに使えます。

 

 

 

抗菌生地・クレンゼで作られている、日本製の手袋も販売されていました。

 

抗菌・抗ウイルス機能生地のクレンゼが使用されていると、安心できますね。

 

しかも洗って繰り返し使用できます。

 

クレンゼには、繊維状のについた特定のウイルス数を減少させ増殖を抑制する効果があります。

 

買い物時に使用しても、お洒落に見えるので嬉しいですね。

 

 

 

 

まとめ

 

スーパー等の買い物で気になるのは、多くの人が触る箇所ですよね。

 

また、商品についても誰が触っているかわかりません。できるだけ触れないようにするのがベストだと思います。

 

また、手洗いや消毒など適切に行うことで感染予防は可能かと考えます。

 

一つ一つ適切な行動をして、早期の終息をみんなで願いましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.