仙台市70代男性クルーズ下船者が感染!入院先の名前や場所はどこ?

 
仙台市 70代男性 クルーズ下船者 感染 入院先 名前 場所 どこ

東北地方の宮城県仙台市で、70代男性が新型コロナウイルスに感染したことが、2020年2月29日明らかになりました。

 

感染者は、先般クルーズ船「ダイアモンドプリンセス号」から下船し、仙台市に帰宅していた方のようです。

 

東北地方では、初めての感染者になります。

 

気になる感染者の入院先の名前や場所はどこなのか調べてみました。

 

仙台市70代男性クルーズ船下船者の感染経緯は?

 

宮城県内に帰宅しているクルーズ船下船者は、2月20日の船内での検査では、全員陰性でした。

 

70代男性は、クルーズ船から下船後シャトルバスで移動し、マスクを着用したまま公共交通機関である「東北新幹線」や在来線で帰宅しています。

 

2月28日の午前中に70代男性は、のどの痛みなどの症状が現れたため、夕方に市内の感染症指定医療機関で新型コロナウイルスの検査を行い入院します。

 

仙台市内と言えば、東北大学病院でしょうか?

 

宮城県内で改めて検査を行った結果、2月29日午前6時に新型コロナウイルスの感染検査で陽性反応が確認されました。

 

軽症ということです。

 

70代男性は、食材などの買い出しをした以外は外出をしていません、また外出時マスクをしていたそうです。

 

又70代男性と濃厚接触した人は一人確認されているようで、その方は陰性反応だということです。

 

クルーズ船から宮城県内に帰宅した方は、全員で9人です。

 

他の8人は大丈夫でしょうか?気になります。

 

詳しい経路がわかり次第、追記修正させていただきます。

 

スポンサーリンク

仙台市70代男性のコロナ感染者の入院先の病院や名前と場所はどこ?

 

新型コロナウイルスの感染が全国的に広がりつつあります。

 

仙台市の感染者が入院するとすれば、感染症指定医療機関になると考えられます。

 

仙台市の感染者が、入院するであろう病院の名前や場所を調べてみました。

 

宮城県の第1種感染症指定医療機関は、したの1医療機関です。

 

東北大学病院で、病床数は2床です。

 

場所は、〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1になっています。

 

地図では以下の通りです。

 

 

 

かなり、大きな施設になりますね。

 

東北大学病院以外の感染症指定医療機関は、第2種感染症指定医療機関があります。

 

宮城県の第2種感染症指定医療機関は、したの医療機関になります。

 

公立刈田綜合病院で、病床数は4床です。

場所は、〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本下原沖36になっています。

地図では以下の通りです。

 

 

仙台市立病院で、病床数は8床です。

場所は、〒982-8502 宮城県仙台市太白区あすと長町1丁目1-1になっています。

地図では以下の通りです。

 

 

大崎市民病院で、病床数は6床です。

場所は、〒989-6183 宮城県大崎市古川穂波3丁目8-1になっています。

地図では以下の通りです。

 

 

石巻赤十字病院で、病床数は4床です。

場所は、〒986-8522 宮城県石巻市蛇田西道下71になっています。

地図では以下の通りです。

 

 

気仙沼市立病院で、病床数は4床です。

場所は、〒988-0181 宮城県気仙沼市赤岩杉ノ沢8-2になっています。

地図では以下の通りです。

 

 

栗原市立栗原中央病院で、病床数は1床です。

場所は、〒987-2205 宮城県栗原市築館宮野中央3丁目1-1になっています。

地図では以下の通りです。

 

 

新型コロナウイルスに感染していたことが判明した場合には、上のいずれかの感染者指定医療機関の施設に入院すると考えられます。

 

仙台市で感染が確認された方は、いずれかの病院に入院されると思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

東北地方で、初の新型コロナウイルスの感染者が出ました。

 

場所は宮城県仙台市の方です。

 

これ以上の感染拡大を防止するためにも、移動経路や濃厚接触者の洗い出しを徹底していただきたいところです。

 

新型コロナウイルスに関連した記事まとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

新型コロナウイルスに関連した記事まとめ

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.