辛坊治郎のパワハラの相手の社内報告書とは!文春日テレ壁ドン理由は?

2020/01/18
 
辛坊治郎 パワハラ 相手 壁ドン 理由 日テレ PD 社内報告書 とは

辛坊治郎さんが日テレの女性プロデューサーにパワハラをした?ことが週刊文春で報じられ話題になっていますね。

 

辛坊治郎さんは、パワハラをしたのでしょうか?また相手を壁ドンするなどしたのでしょうか?壁ドンした理由が気になります。

 

また週刊文春ではあらたに日テレプロデューサーの社内報告書の記事を掲載しているようです。

 

日テレPDの、社内報告書とは、いったいどんなものなのでしょう?

 

辛坊治郎さんが嘘を言っているのか?それとも日テレが嘘を言っているのか?週刊文春が報じている日テレの社内報告書の内容とは、どんなものなのか調べてみました。

 

辛坊治郎のパワハラの相手壁ドン理由や原因はなぜ?

 

話題になっている辛坊治郎さんがパワハラをしたとされる相手は、深層NEWSの制作関係者の女性なのですが・・・双方の意見が食い違っているため現在のところ結論が出ていません。

 

しかも辛坊治郎さんは壁ドンもパワハラもしていないと言っていますね!

 

日テレの社内報告書によると、辛坊治郎さんが女性にパワハラをしたとされる理由は、2019年12月5日放送の「そこまで言って委員会」が原因です。

 

「そこまで言って委員会」のテーマは中国政府によるウイグル族の弾圧でしたね、ウイグル族の人と凌星光氏が論破していたのでよく覚えています。

 

この時、ウイグル族弾圧問題について、福井県立大学名誉教授の凌星光氏が中国のウイグル政策を擁護する発言をしていましたね。

 

その後辛坊治郎さんが他の番組で凌星光氏が発言したことをいったようですが、どうやら凌星光氏から日テレに苦情が来ていたみたいです。

 

その苦情の真意をたしかめるため辛坊治郎さんに話を持ち掛けたとき、辛坊治郎さんが激高したようですね。

 

スポンサーリンク

辛坊治郎のパワハラの相手の社内報告書とは!文春日テレ壁ドン理由は?

 

社内報告書によると辛坊治郎さんは「間違ったことは言ってない」と発言し激高しだしたようです。

 

つまり辛坊治郎さんの激高の理由や原因は、凌星光氏が引き金だったことになりますね。

 

しかも辛坊治郎さんは、怒りが収まらず、質問をしてきた女性に向かって問い詰めてきたそうです。

 

社内報告書によると、女性は壁に追い詰められながら次のように発言されたとありました。

 

辛坊治郎さんから「おまえは何がしたい!」と怒鳴られたようです。

 

しかも女性が怯んだところに息つく暇もなく、「何がしたい」「何がしたい」「何がしたい」と繰り返し怒鳴られたそうです。

 

オウム返しのように繰り返すのって、どこかで聴いたことある気がしますね。

 

しかも辛坊治郎さんは、女性に向かって「おまえがそういう解釈するならおまえが馬鹿だからだ」と発言したようです。

 

確かに解釈の仕方は千差万別、人それぞれありますね、でもだからといって人をバカにしたり怒鳴るのは違うのではないでしょうか?事実なら気になりました。

 

社内報告書によると、女性が逃げようとすると追いかけて、顔を10㎝くらい近づけ威圧していたようにしていたと報告されています。

 

また辛坊治郎さんが壁に両手をあて女性を囲んだり、片手を壁に押し付け女性を威圧していたそうです。

 

辛坊治郎さんがパワハラをしたとされる女性は辛坊治郎のパワハラ相手の日テレ女性PDは誰?名前や顔画像を調査!を、ぜひ読んでみてね!

 

上のような行為は確かに壁ドンですが、もしも本当に辛坊治郎さんが威圧していたのなら確実にパワハラにあたると思いますね。

 

しかも社内報告書によると10分から15分ほど、壁ドンパワハラ?行為は続いたそうです。

 

その後、話は凌星光氏の出演をめぐっての話になり、女性たちと論破が繰り返されたようです。

 

またさらに、辛坊治郎さんの怒りの矛先は製作スタッフにまで及んだとされています。

 

最終的に辛坊治郎さんのスタッフが仲介役として中に入り、ようやく壁ドン行為をやめたそうです。

 

しかしその後、辛坊治郎さんは女性に対し、「ああ言えばこう言う」などと収まり切らない怒りをぶつけていたみたいですね。

 

社内報告書には辛坊治郎さんの行為はパワハラにあたるのではと締めくくられていると共に、壁ドンパワハラを受けたとされる女性の心情も綴られていました。

 

また辛坊治郎からの番組関係者への配慮が足りない点などをあげ、辛坊治郎に反省と謝罪を求めることで社内報告書は締めくくられていたそうです。

 

スポンサーリンク

辛坊治郎のパワハラの相手への壁ドンは真実は?

 

辛坊治郎さんに改めて事実確認をしてみたようですね。

 

辛坊治郎さんにパワハラはあったのかと質問を投げかけたら、壁に手をついたことは認めていましたが顔を近づけた覚えはないそうです。

 

しかも番組内容に関する論争はしたが、相手を恫喝するようなことはなかったし、パワハラだとは思っていないと発言されたようです。

 

ですがパワハラって受け側が感じることだから、パワハラをした側に確認しても意味はない気がしますね。

 

また、「おまえがそういう解釈するならおまえが馬鹿だからだ」という発言に関して辛坊治郎さんは発言していない旨を語っています。

 

真実はどこに隠れてしまっているのでしょうか?

 

正確な情報が知りたい方は、週刊文春の1/23日号をお買い求めください。

 

辛坊治郎さんはメディアに露出して叩かれていますが、パワハラ相手とされる女性とか日テレの人は表舞台に顔を出してこないですね。

 

そのあたりから考えると、パワハラは本当にあったのだろうかと考えてしまいます。

 

もし真実なら裁判を行うなどすれば良いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

まとめ

 

辛坊治郎さんの今回のパワハラ報道、真実はどこにあるのでしょうか?

 

週刊文春が報じている日テレの社内報告書の内容からは、辛坊治郎さんがパワハラを行ったようにしか思えませんでした。

 

しかし、辛坊治郎さんはパワハラについて一切ないとしています。

 

いずれにせよ今は情報社会ですから、慌てなくても真実は明らかにされると思います。

 

新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.