鷲見玲奈アナはいつから消えた?降板理由がヤバイのはなぜ?

 
鷲見玲奈 アナ いつ 消えた 降板 理由 ヤバイ なぜ?

鷲見玲奈アナが、レギュラー番組を欠席していることで話題になっています。

 

ネット上ではヤバイ理由で消えたんじゃないかと炎上しています。

 

鷲見玲奈アナが、いつから消えたのか調査してみることにしてみました。

 

鷲見玲奈アナはいつから消えた?

 

まず鷲見玲奈アナはいつから消えてしまっているのか、お伝えしますね。

 

12月18日放送の「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」から鷲見玲奈アナの姿ありませんでした。

 

なので鷲見玲奈アナは12月18日の番組から、キレイに消えてしまったわけです。

 

1日だけ休んだだけなら、風邪かなと思いますよね!

 

インフルエンザが流行る季節だし病気で休んでも不思議ではないのですが?

 

残念ながら鷲見玲奈アナがインフルエンザだったり病気なら、出演している番組で理由を教えてくれると思います。

 

しかし、鷲見玲奈アナの欠席理由はありませんでした

 

加えて深夜に放送しているサッカー番組「FOOT×BRAIN」は映像に映っていたのですが、名前紹介のテロップには表示されていなかったんですね。

 

しかも18日に続いて21日の放送枠も欠席しています

 

21日の時も18日の時同様に、休んでいる理由を教えてもらうことはできませんでした。

 

しかも鷲見玲奈アナ自身のSNSの更新していません!

 

心配する人なら、大丈夫かな?と思いますよね!

 

しかし、やっぱりなって思う人はやっぱりとしか思わないですよね。

 

スポンサーリンク

鷲見玲奈アナ消えた!降板理由がヤバイのはなぜ?

 

ネット上では、すでに鷲見玲奈アナが消えた理由で炎上しています。

 

なぜ炎上しているか気になりますよね。

 

実は鷲見玲奈アナ現段階では噂ですが、不倫をしてしまったそうです。

 

もし事実なら、番組出演しなかったりテロップに名前が表示されないことについては納得しますよね!

 

現段階で不倫相手とされているのは、増田和也アナと言われています。

 

 

現段階ではネット上の話題になっていますが、番組に出ていない鷲見玲奈アナの状況から疑われても仕方ないですね。

 

しかも増田和也アナは既婚者です!

 

新情報の文春砲では、増田和也アナは営業部に異動。

 

鷲見玲奈アナは番組欠席という処分?ということでテレビ東京から答えてもらっているようですね。

 

しかし週刊誌です、松島菜々子さんの時同様フェイクニュースかもしれません。

 

現段階の12月22日の深夜で得られる情報の中では、鷲見玲奈アナは増田和也アナと不倫関係にあったという情報しか得られませんでした。

 

その点から考察すると、鷲見玲奈アナは風邪などで休んでいるわけではないように思えてきます。

 

 

しかも増田和也アナとの不倫疑惑で降板している可能性が高くなりますよね。

 

事実なら鷲見玲奈アナの降板理由ってめちゃヤバイですね。

 

なぜなら増田和也アナは既婚者です

 

不倫が事実なら今頃、家庭は炎上中ですね!

 

しかも鷲見玲奈アナは知っていたはずですよね。

 

どうして歯止めがきかなかったのでしょうか?

 

考えられるとしたら、増田和也アナは女好きで鷲見玲奈アナは寂しかったのかもしれません。

 

もしくは増田和也アナが寂しくて、鷲見玲奈アナ男好きだったのかもしれませんね。

 

どちらにせよ不倫が事実なら、一番かわいそうなのは増田和也アナの家族になります。

 

もし本当なら増田和也アナいったいこれから、どうしていくのでしょうか?

 

もし事実なら、増田和也アナに一言だけ言いたいですね。

 

「色欲にまけちゃだめでしょ!」ってね!

 

鷲見アナについては鷲見玲奈アナの結婚相手は誰?身長や経歴などを徹底調査してみた!も読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

鷲見玲奈アナに対しての世間の声!

 

たくさんの人に愛されていた鷲見玲奈アナ!

 

SNSには、絶望の声が寄せられていました。

 

 

 

 

 

 

たくさんの残念な声が寄せられていましたね!

 

まぁいずれにせよ!

 

こうなる人生を選択したのは、鷲見玲奈アナ自身の弱さだと感じました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

2019年令和元年一年の締めくくる月に、鷲見玲奈アナは残念なことを発生してしまいましたね。

 

今回の報道で一番悲しんでいるのは増田和也アナのお相手とご家族のみなさんだと思います。

 

たとえ結婚していても異性に気が向くことはあると思います。

 

ですが、たった一歩だけでもお互いに踏みとどまれな誰一人不幸になることはなかったのではないかと考えます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.