車内へ子供を置き忘れる理由や原因はなぜ?防止策はある?

 

車内に子供を残してしまい、亡くなるという事故が後を絶ちません。

 

車内に取り残された子供にとって、とても悲しいことですよね。

 

出来れば今後二度同じことが起こらないようにネット上で納得のいくアイデアがありました。

 

車内へ子供を置き忘れるのははなぜ?原因は?

 

故意に車内に子供を残したままにするような場合を除いて話をします。

 

車内に子供を置き忘れてしまう理由や原因の約半数以上は、保護者によるうっかり忘れたのが原因だそうです。

 

ほとんどの方は、うっかり置き忘れるなんて「ありえない」と思いますよね。

 

しかしサウスフロリダ大学の心理学者の研究において、「うっかり置き忘れ」を起こしてしまう人の特徴に、教育や性別さらに年齢のなどで区別はできないのだそうです。

 

うっかり置き忘れをしてしまうのは脳のメカニズムに関係しているようです。

 

脳には習慣的記憶を担う場所と展望的記憶を担う場所があります。

 

習慣的記憶とは、習慣的な行動について記憶します。

 

展望的記憶とは、新しい情報と習慣的記憶を変更について記憶します。

 

毎日、車通勤している道を走るのは習慣的記憶になり、子供を送迎するなど「子供がいるという情報」と「預ける場所へいくため道の変更の情報」を記憶するのが展望的記憶になります。

 

実は習慣的記憶が優位に働くそうで、子供のことを忘れてしまい、普段の道をうっかり走ってしまうことがあるそうです。

 

つまり、誰にでも「うっかり置き忘れ」をする可能性があるわけなのですが、寝不足やストレスなど多忙な日々が続けば、さらに記憶は乱れてしまうそうです。

 

なぜ置き忘れるのかは脳のメカニズムかもしれませんが、結局のところ、勘違いや「思い込みによる未確認が原因」ですよね。

 

スポンサーリンク

車内へ子供を置き忘れの防止策は?

 

うっかりミスは誰にでもあるわけですが、それを未然に防ぐために、メモを書いたりしますよね。

 

車などで移動した際は、残留確認ではないですが、座席や座席下などに異物がないか確認する「くせ」をつけるしかありません。

 

つまり、車内置き忘れ確認を習慣的記憶にしてしまうわけです。

 

ただ、これでも100%防げれるわけでは、ありません。

 

そのためにも、第3者の手助けが必要かと思います。

 

スポンサーリンク

生体反応認識機能や温度センサー追加はいつ?

 

誰かが気づいてくれればと言う言葉もよく耳にしますが、例え第3者に残留確認を依頼したところで結果は同様になる可能性が残っています。

 

なぜなら、点検者も確認不足を起こしてしまう可能性が高いからです。

 

そのため人工的なもので検知できるようにすればいいのではないでしょうか。

 

トイレや玄関など、自動的に明かりがつきますよね。

 

いわゆる生体反応認識機能や温度センサーで反応しているわけですが、車内にも同様に設置すればいいと思います。

 

人の体温は36度前後ありますよね、エンジン停止後その温度の違いを確認させ、アナウンスをながすなどすればよいのではないでしょうか?

 

照明器具や防犯灯などで実用化されているのだから、車載用のものも安価に作れると考えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

車内へ子供を置き忘れるのはなぜ?生体反応認識機能や温度センサー追加はいつ?についてお伝えしました。

 

子供さんのためにも、ぜひ作ってもらいたいですね。

 

今後、自動車メーカーの中でいち早く開発されたところが信頼される会社になれますね。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.