手作りマスク612枚の効果がスゴイ!山梨大滝本妃作は洗浄可能!

2020/05/21
 
手作り マスク 612枚 効果 山梨大 滝本妃 洗浄

新型コロナウイルスの影響でマスクが、買えない状況が続いていますね。

 

そんな中、山梨県の少女が本来の日本の姿である大和魂を魅せてくれました。

 

涙が止まりません!少女は、ドラッグストアでマスクを必要としている人を見て、届かない現実を受け止め、自分のお金でマスクを手作りすることを決めたました、

 

大の大人が転売で利益を得ようとしているのに、山梨の少女は自らが貯めていた貯金を出し惜しみせず、全てマスクを作るために大切な時間を使いました。

 

しかも、洗浄可能な洗って繰り返し使えるマスクを作り上げました!

 

日本古来の大切な気持ちを表現してくれた女性、今なお存在していたことに感動しました。

 

そんな素晴らしい女性を全国の方々に日本人のあるべき姿を知って欲しいと思い、記事にしてみました。

 

手作りマスクの効果がスゴイ!山梨大付属中学校の場所はどこ?

 

手作りマスクを作ったのは、国立大学法人山梨大学教育学部附属中学校1年生の滝本妃さんになります。

 

国立大学法人山梨大学教育学部附属中学校の場所は、以下の通りになります。

 

住所は、山梨県甲府市北新1丁目4-4-2です。

 

ちなみに郵便番号は、〒400-0005ですね。

 

場所はこちら。

 

 

 

山梨大学教育学部附属中学校の口コミを調査してみると、「みんなが一生懸命取り組める良い中学」と書かれていました。

 

みんなが一生懸命ということは、それぞれに思いやりがあり、お互いを尊重しているということになりますよね。

 

ちなみに偏差値は48で、山梨県内のランキングは2位でした。

 

そんな一般的なことよりも感動したのは、口コミの中の発言です。

 

山梨大学教育学部附属中学校の口コミには、「金の力ではない、人の力で進む学校」という、日本人が誇りにしている大切なものがありました。

 

そんな人の力で進む学校に通われている、滝本妃さん。

 

「一人でも多くの人に届けば。使っていただけたらうれしい」と心に刻み、約600枚ものマスクを作り上げました。

 

しかもマスクを作る際、指先までしっかりと手を消毒したそうです。

 

滝本妃さんは、自身の貴重な人生を費やし、世間の人に安心してもらいたく、マスクを手作りしてくれました。

 

滝本妃さんは、ただ世の中の人に安心してもらいたくてマスクを作ったのだと思います。

 

そんな滝本妃さんが日本人の心に与えたのは、手作りでマスクを作成したという暖かい心だけでなく、古来からの日本人のあるべき姿を改めて教えてくれたと思いました。

 

つい最近では、限定販売のマスクを購入するために殴り合った女性がいると聞きました、悲しいですね。

 

今一度、他人が安心する思いだけで動いた少女の心の想いを噛みしめてほしいです。

 

スポンサーリンク

手作り布製マスクの効果がスゴイ!山梨大滝本妃作のマスクは洗浄可能!

 

山梨大の中学一年生、滝本妃さんが手作りしたマスク、洗浄可能なんですね。

 

つまり、繰り返し使える素晴らしいマスクです。

 

単に手作りしただけでなく、後のことを考え作られていますよね。

 

使い捨ての場合は、どんどんゴミとして加算されていくだけですよね。

 

地球を益々汚していきます。

 

手作りのマスクの場合は、作るだけでなく繰り返し使えるという物を大切にする心を、人々に植え付けることが出来ました。

 

今後、滝本妃さんが考動したように自然を守りながら人が生きて行くすべを、今後の日本を背負う人達に見つけ出してほしいですね。

 

滝本妃さんが考えたマスクは、自然環境にも適応したものだったようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

山梨県甲府市の13歳の滝本妃さんの行動に感動し記事にしてみました。

 

13歳の女性が目のあたりにした世界を変えたくて動いている姿に何一つ感じない人もいると思います。

 

13歳の少女はただ、自分が見て感じた世界が不自然だと感じたために考動しました。

 

何一つ感じない生き方をしていくよりも、何か一つでも世の中が良くなるように行動してみたいですね。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.