田村純子の着服方法は?総額10億まで気づかない理由や補填を考察!

2020/01/15
 
田村純子 着服 方法 6億 気づかない 理由 補填

住友重機械工業の労働組合で会計担当をしていた田村純子が、組合が管理する口座から5000万円を着服したことが発覚し逮捕されました。

 

しかし、横領した金額は5000万円にとどまらず、当初は総額6億4千万円以上の金額を着服していたことが発覚しましたが約10億円の疑いが新たに浮上しました。

 

気になるのはやはり、着服方法と気づかない理由になります。

 

そこで、田村純子が6億円以上の金額を着服した方法と気づかれない理由を考察したいと思います。

 

田村純子のプロフィール!家族構成など

 

住友重機械工業の労働組合で会計担当をしていた田村純子のプロフィールになります。

 

田村純子のプロフィール

名前   田村 純子(たむら じゅんこ)

年齢   60歳

居住地  千葉県野田市柳沢

 

田村純子の兄弟姉妹・家族構成などの情報は一切ありません。

 

千葉県野田市柳沢は以下のあたりになります。

 

 

田村純子は2019年11月ごろに住んでいた野田市柳沢の自宅を離れ、家賃6万円のアパートに引っ越しをしていました。

 

アパートの場所は現在不明になりますが、おそらく自宅近くのアパートを借りていたのではないかと考えます。

 

理由は、着服の犯罪を犯したにも関らず罪の重さを感じ操作の手が伸びるのを待っていた可能性があるからです。

 

また田村純子が引っ越してきた際、近隣住民は「ご主人と2人で越してきたんですか?」と尋ねたそうです。

 

引越し先の近隣住民が田村純子が結婚をしていることを知っているとするならば、自宅近くのアパートしか考えられませんね。

 

そして近隣住民の言葉から、田村純子は結婚して夫(旦那)がいるのではないかと推測できますね。

 

スポンサーリンク

田村純子(住友重機械工業)の 着服方法は?横領し始めたのはいつ?総額10億まで気づかない理由を考察!

 

田村純子は住友重機械工業の労働組合で会計担当を一人で任されていたそうです。

 

田村純子が着服を始めたのが、いつなのかは現在判っておりません。

 

そこで、6億4千万円の金額を着服していることから逆算をしてみることにしてみました。

 

逮捕のきっかけになったのは、2013年12月の組合員の積み立て年金口座から5000万円を田村純子名義の口座に不正送金していたことです。

 

6億4千万を単純に5000万円でわると約13になります、そうなると13年近く着服を繰り返したことになりますね。

 

また、労働組合で会計を担当していたことから、金銭の管理は田村純子に100%任せていたのでしょう。

 

そのため魔が差した田村純子は、年金口座を操作し自らの口座へ送金したと考えます。

 

 

おそらく1回目に発覚した場合には、何らかの理由でごまかす考えだったと思います。

 

しかし着服がばれなかったため、着服を繰り返したのではと考えます。

 

着服を繰り返したことにより、罪の意識が無くなっていたのかもしれませんし、元々無かったのかもしれません。

 

このことは取り調べで明らかにされると思います。

 

田村純子が着服したお金で購入した馬の記事は田村純子は馬主で馬場馬術が上手?乗馬クラブはどこで競走馬の世話は誰?を、ぜひ!よんでみてね。

 

仮に一度に送金していた金額が5000万円だとすると、約20回にわたり自分の講座に送金していたことになりますね。

 

田村純子は2018年1月に組合内で会計監査を行う際、「私を解雇してください」というメールを残し失踪したそうです。

 

おそらく田村純子は会計監査が行われる時まで横領していたと考えられますので、2017年から13年を引くと2004年

 

最長でも2004年あたりから田村純子は、組合員の積み立て年金口座から積立金を着服していた可能性があります。

 

また一度に着服する金額が5000万円以上なら期間は、さらに短くなりますね。

 

田村純子は、自分がしていることに気づかないほど追い詰められていたのでしょうか?

 

追記:2020年1月10日

 

ですが、その後の取り調べで約10年間に渡り着服した疑いが明らかになりました。

 

しかも約10億円です。

 

スポンサーリンク

田村純子(住友重機械工業)の私生活を検証!馬にカイエンにエルメス?

 

田村純子は生活が貧しいから、他人のお金に手を付けたわけではありません!

 

田村純子は、着服したお金を使って、少なくとも馬術競技用の馬6頭を購入しているからです。

 

馬術競技用の馬と言えば上は数億から下は数十万と、様々な金額になっています。

 

また、購入するだけでなくその後の飼育等、世話をするお金も必要になります。

 

田村純子が保有していた、少なくとも馬6頭の餌代や訓練費用を裁定費用で計算してみても、ざっと月に100万円は必要になります。

 

着服したお金は、馬の購入資金だけでなく、馬の飼育代などに充てていたようですね。

 

また車も新車で購入していたようです。

 

しかも日本車ではなく。高級外車「ポルシェ・カイエン」です。

 

「ポルシェ・カイエン」新車の金額は、約1000万円以上です。

 

また馬同様、カイエンも維持費が必要になってきます、着服したお金は車にも充てられていたことだと考えます。

 

そして極めつけは、装飾品になります。

 

田村純子は高級ブランドのエルメスのバックなどにも着服したお金を使用していたようです。

 

もうすでに歯止めがかからない状態になってしまっていたようですね。

 

以上のことから考えると、外食費にも結構な金額がつぎ込まれていると思います。

 

なぜ田村純子は、ここまで着服を繰り返してしまったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

田村純子(住友重機械工業)の着服の理由は何?

 

田村純子が、当初着服した目的は生活費に充てるためと言っているようです。

 

おそらく着服した当初に事件が発覚していれば、田村純子の着服理由は生活費の補充のためだったと言い訳をしていることでしょう。

 

ですが、繰り返し繰り返し着服してきたところから、田村純子はすでに自身の欲望のために着服を繰り返していたようですね。

 

田村純子の着服の理由は、単に自身の欲望だったということですね。

 

仮に田村純子が家族のために着服を行ったと弁明しても無理ですね、高級外車やブランド品を購入している時点で全くもって話があいません。

 

スポンサーリンク

田村純子(住友重機械工業)の補填は?

 

 

所有している馬や車財産は全て、換金されることになります。

 

しかし、6億の金額には程遠い金額になる事でしょう。

 

そうなると住友重機械工業が労働組合の年金口座の補填を行うしかないのではないかと思います、会社にとっては、かなりの損失額になりますね。

 

ですが、補填に関しては公表されていません!今後の捜査の行方が気になりますね。

 

 

まとめ

 

田村純子は当初少ない金額を横領した際、バレなかったことから金額が徐々にエスカレートしたと考えられます。

 

みんなに信頼され任せられてきた労働組合の会計担当、彼女を信頼していた方々にとって、とてもショックな出来事になりましたね。

 

今後は罪を反省して、新たな道で歩んでいってほしいですね。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.