但熊卵かけご飯専⾨店の場所と⻄垣源正の経歴は?たんくまの通販お取り寄せ方法について!

 

年間約4万人が訪れる卵かけご飯専門店「但熊(たんくま)」、卵かけご飯ブームの先駆けとなったお店の場所や店主の⻄垣源正さんの経歴を調べてみました。

 

また、但熊卵かけご飯専⾨店が提供している「たんくま」の通販お取り寄せ方法について、まとめてみました。

 

是非参考になさってみてください。

 

但熊卵かけご飯専⾨店とは?場所はどこで営業日や提供時間は?

 

但熊卵かけご飯専⾨店とは「兵庫県豊岡市但東町栗尾916番地」にある「休⽇は2時間から最⾼で5時間待ちを記録する」⼿間暇をかけて⽣産している鶏卵を美味しく食べることが出来るお店になります。

 

 

 

営業時間は朝9時30分から夕方18時が基本となっています。

 

定休日はありません。

 

また、但熊卵かけご飯専⾨店と同一敷地内には「お菓子スイーツの店・但熊弐番館」があります。

 

産みたて卵「くりたま」をいっぱい使ったお菓子の専門店で「ロールケーキ」や「プリン」、季節限定の「ドーナツ」や「シュークリーム」などが販売されています。

 

 

 

1号店も2号店も隣接しています、どちらの店も足を運んでみましょう。

 

但熊卵かけご飯専⾨店の店名の由来!

 

但熊卵かけご飯専⾨店の店名「但熊」の由来は、「何もいない田舎」「ツキノワグマも生息するほど自然豊かな但馬」からつけられたそうです。

 

但熊卵かけご飯専⾨店を始めたきっかけ!オープンまでの道のりと成功の秘訣は?

 

但熊「卵かけご飯専⾨店を始めたきっかけ」は2001年に開業した野菜直売所「百笑館」で新鮮な野菜は売れるのに「お米が思ったより売れなかった」ことが発端になります。

 

⻄垣源正さんは如何にお米を売るためにはどうすればいいか思案し試行錯誤を重ねたそうです。

 

そしてついに当時誰も始めていない事業「うまい卵とうまい米」を提供する「卵かけご飯専門店」をオープンさせることに着目、アイデアを周囲に公表します。

 

しかし当時周囲からは「家で食べれるものをわざわざ食べに来るのか」とまで言われます。

 

ところが⻄垣源正さんは諦めることなく、知人の元すし職人から美味しいご飯の炊き方を教わり研究し始めたそうです。

 

やがて、お米を小さな釜で分けて炊くことで炊き立てを提供することを思いつき、「安くてうまいなら足を運んでくれるはず」と自分自身を信じ、「新鮮な生卵」に「味噌汁」や「漬物」をつけた定食(当時350円)を提供するため2006年に「全国で初の卵かけご飯専⾨店をオープン」させました。

 

すると驚くなかれ、あっという間に評判になり、半年後にテレビで紹介されたことで瞬く間に予想を上回る人波が押し寄せてきたそうです。

 

さらに「365日たまごかけごはんの本」が同時期に出版されたことで全国に卵かけごはんの一大ブームを巻き起こします。

 

⻄垣源正さんが閃いた「卵かけごはん」、当初は自身の想いと地域の活性化を叶えるだけだったかもしれませんが、⻄垣源正さんの願いの根底には日本を活性化したい想いが詰まっていたのかもしれませんね。

 

何より⻄垣源正さんが成功した秘訣は、自分自身を信じ切ったからでしょう。

 

但熊卵かけご飯専⾨店の受賞歴は?

 

但熊卵かけご飯専⾨店をオープンさせた⻄垣源正さんは、もっと多くの人に自身の養鶏場のたまごの良さを知ってもらうため、2010年に卵を使ったスイーツ店「弐(に)番館」をオープンします。

 

美味しい生卵が食べれるだけでなく、美味しく加工されたものまで考え付くなんて「すごい人」としかいえませんね!

 

そんな努力家の⻄垣源正さんは2011年に「農林水産祭・天皇杯」を授与します。

 

ちなみに「農林水産祭・天皇杯」は農林水産業で最高の栄誉といわれていますね。

 

国から表彰を受けるほど、⻄垣源正さんは常日頃から努力をい惜しまず日本の生産業に貢献しているということなのでしょう。

 

ヒカルの卵とは?

 

ヒカルの卵」とは徳間書店から2013年に出版された「但熊」をモデルにした小説で雑誌の取材で⻄垣源正さんの元を訪れた作家森沢明夫さんが西垣さんの熱意に感銘を受け、書き上げた作品になります。

 

但熊卵かけご飯専⾨店主の⻄垣源正のWiki風プロフィール経歴は?

 

但熊卵かけご飯専⾨店主の⻄垣源正さんのネットにある情報をのWiki風プロフィールにまとめてみました。

 

また経歴についてもお伝えします。

 

⻄垣源正のWiki風プロフィール

氏名   ⻄垣 源正(にしがき げんしょう)

年齢   70歳(2020年11月現在)

 

⻄垣源正さんは生まれも育ちも兵庫県豊岡市但東町栗尾、現在人口約140人の小さな集落で過ごしてきました。

 

中学1年の時に開かれた弁論大会で多くの同級生が育った地から離れる夢を語った時、⻄垣源正さんは「自分はここで生きていく」と宣言。

 

やがて高校まで進学したのち、それまでに決めていた願いを叶えるため卒業高校卒業後、父親から西垣養鶏場を引き継ぎ、願いを叶えるための日々を送るようになりコストをかけ1万羽の鶏を飼育しこだわりの卵の生産に取り組んだり減農薬のお米の栽培も開始し始めます。

 

そしてついに2001年に野菜直売所「百笑館」を開設したことで願いが加速し始めます。

 

⻄垣 源正さんが今現在、養鶏場で成功し多くの人に愛されているには大きな理由があります。

 

それは中学1年の弁論大会で「自分はここで生きていく」ことをみんなの前で宣言したからです。

 

人は宣言することで自分自身を奮い立たせるだけでなく、周囲を味方につけることが出来るようになります。

 

もちろん熱意が低ければ願いは叶うことはありませんが、⻄垣 源正さんのように熱意があれば必ずかないます、

 

スピリチュアル的な話をしてしまいますがどうやら、この世界は「⻄垣 源正さんのように熱意があれば必ず本当の願いが叶う」ように出来ているようですね。

 

但熊卵かけご飯専⾨店のたんくまの通販お取り寄せ方法!

 

但熊卵かけご飯専⾨店のたんくまの通販お取り寄せ方法について調べてみました。

 

大手ECサイト「楽天市場」では「卵」のみや「ギフトセット」、弐番館の「限定スイーツ」がお取り寄せできます。

 

是非、参考になさってみてください。

 

まとめ

 

全国初の卵かけごはんのお店のたまご、食べたくなりました。

 

是非お取り寄せしてみたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

Copyright© れんらくちょう , 2021 All Rights Reserved.