徳勝龍関の出身校等学歴や恩師と嫁の顔画像と父母兄弟姉妹家族構成は?

 
徳勝龍関 出身校 学歴 恩師 誰 嫁 父 母 兄弟 姉妹 家族構成

木瀬部屋の力士徳勝龍関が、奈良県出身の力士として鶴ケ浜以来98年ぶりに貴景勝を撃破し優勝しました!

 

木瀬部屋の力士として初の幕内優勝した徳勝龍関の出身校等学歴や恩師と嫁の顔画像と父母兄弟姉妹家族構成について調査してみました。

 

再入幕場所での優勝は史上初!幕尻力士としては20年ぶりの優勝になりますね!

 

しかも徳勝龍関は、初土俵から12年で33歳と5か月、大相撲史上3位の高齢初優勝です。

 

幕内の番付で最下位の西前頭17枚目で出場した徳勝龍関、優勝おめでとうございます!

 

徳勝龍のwiki風プロフィール!出身校など学歴は?

 

木瀬部屋の力士、徳勝龍関のプロフィールになります。

 

徳勝龍関のプロフィール

名前   徳勝龍 誠(とくしょうりゅう まこと)

愛称   マコ

本名   青木 誠(あおき まこと)

生年月日 1986年8月22日(2020年1月現在 33歳)

出身地  奈良県奈良市

出生地  奈良県高市郡高取町

身長   181㎝

体重   184㎏(上下アリ)

趣味   ダーツ

最高位  西前頭4枚目(2015年5月場所)

 

徳勝龍関こと青木誠さんは、小学校4年生の時に奈良県橿原市の相撲道場、「けはや道場」で相撲を習い始めます。

 

青木誠さんは元々力士に向いている体格だったと思いますね、

 

小学校4年生で相撲を始めようとするくらいですから、ある程度体格もがっちりしていたそうです。

 

ちなみに、「けはや道場」のFacebookアドレスはこちらになります「 https://www.facebook.com/kehayadoujyo/ 」

 

小学校時代から相撲をすることで、徐々に力士としてのが養われてきたようですね。

 

青木誠さんが通われた小学校もついて探してみたのですが、見つけることは出来ませんでした。

 

青木誠さんが通われていた中学校について探してみたところ、青木誠さんを応援する書き込みがありました。

 

 

上の画像から青木誠さんの通われた中学校は奈良県橿原市にある奈良県橿原市立光陽中学校ではないかと思います。

 

もし光陽中学校が母校だとすると、金橋小学校か新沢小学校が通学区域内になりますので、いずれかが青木誠さんが通われた小学校になるのではないかと考えます。

 

青木誠さんは相撲の魅力にはまり、中学生に上がるころにはすでに大相撲力士を目指し、目標を立て練習に励んでいましたね。

 

青木誠さんは中学生時代、大阪府岸和田市にある「右門道場」に通うのですが、ココでも日々将来の自分の姿である大相撲力士をめざし練習に励んでいました。

 

やがて「右門道場」においても挫折することなく、相撲道に力を入れてきた青木誠さんは、次なるステップへと進みます。

 

もちろん大相撲力士を目指している青木誠さんの強い意志があったからこそ、進めたにちがいないと考えますね!

 

大相撲力士を目指す青木誠さんは、相撲の名門校でもある高知県の明徳義塾高校へ進学していきます。

 

大阪からわざわざ相撲のために高知県の明徳義塾に進学する青木誠さん、将来を見据えた考動だったようです。

 

高知の明徳義塾高校相撲部においては、味わったことのない考えを取り入れるため、青木誠さんは相撲道を一から立て直したと考えます。

 

そのおかげもあったのか青木誠さんは明徳義塾高校時代に素晴らしい成績を残しています。

 

明徳義塾高校2年の時には、全国高校インターハイで団体優勝に貢献しています。

 

また団体個人では16位と好成績を収めていますね、インターハイに出場出来なかった選手の思いを背負って戦った青木誠さんって素敵ですよね。

 

青木誠さんが高校3年生の時には、日ごろの練習の成果もあり、金沢大会においてベスト8に入るなど、好成績を残していますよ。

 

今でも当時のことを徳勝龍関は覚えていると考えます。

 

当時の絶え間ない努力があったからこそ、今回優勝出来たのではないかと思います。

 

青木誠さんは高校時代の経験を糧にして、さらなる飛躍を目指し近畿大学へ進学します。

 

近畿大学進学後も相撲導に精進し、日々練習を積み重ねてきたようです。

 

青木誠さんは近畿大学時代において学生横綱の地位には届かなかったものの、西日本学生相撲選手権大会や全国大学選抜相撲高知大会で優勝をしています。

 

ちなみに徳勝龍関が大学時代に相撲導を一緒に学んだ力士には、宝富士や誉富士がおられます。

 

今でも、いい思い出になっていることでしょう。

 

青木誠さんは大学4年生の時、子供の頃からの夢である念願の夢を叶えるために木瀬部屋の門を叩きます!

 

青木誠さんが木瀬部屋の門を叩くときには、それ相応の情熱と感謝があったと思います。

 

木瀬部屋に入門し新たな修行を励むことにした青木誠さん。

 

ついに2009年大学4年生の時の1月場所において、念願の大相撲が行われる場所にて、初土俵を踏みます。

 

青木誠さんが初めて土俵に足を踏み入れた時の感動は、誰にも分らないほど、とても嬉しくて嬉しくてたまらなかったと思います。

 

青木誠さんは大学時代に学生横綱になれなかったため、幕下付出を得ることは出来ませんでした。

 

しかし子供の頃から想いを寄せてきた土俵に足を踏み入れたことで、青木誠さんは更なる目標を決めたようですね。

 

青木誠さんは前相撲からのスタートになりましたが、序の口と三段目でそれぞれ各段優勝します。

 

そして2009年11月に誠心誠意取り組んだ相撲で好成績を残し、幕下に昇進し将来の希望につなげることが出来ました。

 

その後、青木誠さんは負け越しをすることなく2010年3月場所まで好成績を残し東幕下4枚目まで登ります。

 

しかし、この場所では初めて3勝4敗になり始めて負け越しを経験しました。

 

負け越しを経験したことで更なる精進に励みます。

 

2010年11月場所では、東幕下2枚目まで昇格、しかし1勝6敗と大敗してしまいます。

 

2011年1月場所から青木誠さんは四股名を徳勝龍に改名します!

 

徳勝龍関はその後2019年9月場所まで十両との番付を行き来します。

 

行き来した詳細は以下になります。

 

鼻徳勝龍関の2011年9月場所から2019年9月場所までの成績

 

2011年9月場所では、東幕下筆頭で5勝2敗で勝ち越しを決めて11月場所で十両昇進を決めました。

 

その11月場所では初日から7連勝を収め、10勝5敗で勝ち越しを決めています。

 

ですが2012年1月場所では、ひじの故障ためか2勝13敗と大きく負け越しをし、3月場所では西幕下2枚目になっていました。

 

ところが3月場所において徳勝龍関は勝ち越しをし、十両復帰をします。

 

その後2013年5月場所から2014年5月場所の前まで好成績を残し、2013年7月に新入幕後西前頭7枚目まで上りつめます。

 

しかし2014年5月場所で6勝9敗と負け越し更に2014年7月場所で4勝11敗と連敗したため、9月場所では十両への陥落とされていました。

 

ところが徳勝龍関は9月場所で12勝3敗と全勝優勝を達成した栃ノ心に次ぐ成績を残したため、1場所で復帰します。

 

11月場所では西前頭9枚目に戻した番付でしたが、またしても4勝11敗と大きく負け越してしまいました。

 

そのため2015年1月場所では東前頭16枚目の番付で取組を行うことになりましたね。

 

1月場所では11勝4敗と徳勝龍関らしい成績を残すなど、2015年は西前頭4枚目まで上り詰めるなど好成績を残しましたね。

 

2016年は5月場所から4場所連続負け越しています。

 

2017年は3月場所で西前頭15枚目として再入幕をはたしましたが、9月以降の場所では調子がです、再び十両に戻ります。

 

2018年1月場所は十両で心機一転、場所に取り組んだためか4場所ぶりに勝ち越しを決めました。

 

その後は十両内で東十両11枚目の番付になるなど、厳しい状況だったが9月場所で十両優勝するなど再び力をつけてきました。

 

ただ2019年は一度、東前頭14枚目に登るも、再び十両に戻っています。

 

2019年の9月場所や11月場所に置いて勝ち越しを決めた徳勝龍関は、再び2020年1月場所で西前頭17枚目に戻りましたね、

 

 

そして徳勝龍関は、2020年1月場所で14勝1敗と好成績を残し、幕内力士として幕尻優勝を果たします。

 

 

スポンサーリンク

徳勝龍の恩師について!

 

気になる徳勝龍関の恩師ですが、幼いころからを含めれば多くの人に出逢ってきていることでしょう。

 

徳勝龍関が辛い時もそうでない時も、共に歩んできた先輩や後輩そして様々な人たちが徳勝龍関の恩師ではないでしょうか?

 

そしてやはり徳勝龍関の一番の恩師は、近畿大学の伊東勝人監督だと思います。

 

徳勝龍関が1月18日にインタビューの時に涙を見せながら答えてくれた言葉からそう感じました。

 

徳勝龍関は、「監督が見ていてくれたのではなくて、一緒に土俵で戦ってくれた気がします」と伊東勝人監督に対し切実なる思いを語っていましたね。

 

伊東勝人監督は、徳勝龍関にとって人生最大の恩師ではないかと思います。

 

そんな素敵な徳勝龍関を育て上げてきて下さった伊東勝人監督の経歴についての記事は伊東勝人監督(近大)の病名や急死の理由はなぜ?告別式やお別れの会についてをぜひお読みください。

 

スポンサーリンク

徳勝龍の嫁(妻)の名前や顔画像と父母兄弟姉妹家族構成は?

 

徳勝龍関は2016年6月に御結婚されています。

 

徳勝龍関の結婚相手の名前は、千恵さんになります。

 

ただ、千恵さんの意向もあり、顔写真などは非公開になっているそうですが、一応探してみたところ花嫁姿の千恵さんの画像を発見しました。

 

 

上の画像です、千恵さん笑顔が素敵ですね。

 

現在のところお二人の間に子供さんがいるのかどうかの情報はないため、改めてお伝えさせていただきます。

 

スポンサーリンク

徳勝龍の父母兄弟姉妹など家族構成は?

 

徳勝龍関のご両親や兄弟姉妹など家族構成について調べてみました。

 

しかし、徳勝龍関のご家族に関しての情報は一切ネット上にはありませんでした。

 

今後徳勝龍関が活躍することで情報がリークされてくると考えられます。

 

ただ、徳勝龍関には甥っ子がいましたね。

 

2015年の奈良市立帯解小学校の広報誌に、井上君の叔父さんとして徳勝龍関が掲載されていました。

 

井上君は、徳勝龍関のお姉さんの息子さんということなので、徳勝龍関には姉がいるようですね。

 

その他徳勝龍関のご家族に関して新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

 

スポンサーリンク

徳勝龍の優勝に対しての世間の声は?

 

 

 

 

 

まとめ

 

木瀬部屋の力士として初の幕内優勝した徳勝龍関についてお伝えしてみました。

 

徳勝龍関は十両と幕内を行き来しながらも優勝した今日まで努力をされてきていましたね。

 

やはり日々の鍛錬こそが大事だということを教えてくれました。

 

徳勝龍関は今後、さらなる目標を掲げて精進していくと思います。

 

徳勝龍関の将来が、とても楽しみですね。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.