登野城尖閣の名前の施行はいつ?読み方や地図はどうなる?

 

尖閣諸島の字名変更案が石垣市議会で可決されました。

 

登野城尖閣の名前の施行はいつ?読み方や地図はどうなる?か調べてみました。

 

登野城尖閣の名前の施行はいつ?

 

登野城尖閣の名前の施行は、2020年10月1日です。

 

スポンサーリンク

登野城尖閣の読み方や地図はどうなる?

 

登野城尖閣の読み方は、「とのしろせんかく」です。

 

地図への明記も施行と同時に変更されることになりますね。

 

スポンサーリンク

中国や台湾の反発は?

 

尖閣は、中国や台湾も領有の主張をしています。

 

今後、周辺諸国との外交に影響が出る可能性は高いですが、現状のままですと、中国は何処までも領海を広げてくる可能性がありますよね。

 

また、台湾への影響を懸念する声については「台湾とは非常に長い交流をし、信頼関係がある。今回の議案が行政手続きであることを明確に伝えて、交流はしっかりと続けていきたい」と報じられています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

登野城尖閣の名前の施行はいつ?読み方や地図はどうなる?についてお伝えしました。

 

中国の領海進出はどこまで続けるつもりなのでしょうか?

 

今回、名前を変更することで、さらなる圧力があるかもしれませんが、断固日本の領土して守っていきたいですね。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.