東亜石油会社(川崎市水江市)の出火の原因は?火元はどこで被害状況や復旧はいつ?

2019/12/25
 
川崎市水江市 東亜石油会社 出火 原因 火元 どこ なぜ 火災

2019年12月24日午前7時ごろ川崎市水江市東亜石油会社のあたりで火災が発生しました。

 

複数の人から、川崎市水江市の工業地帯のあたりから、黒煙が上がっているとの通報が相次いで消防に寄せられたそうです。

 

川崎市水江市東亜石油会社の詳しい場所や出火原因、火元はどこでなぜ火災が起きたのか調査してみました。

 

東亜石油会社(川崎市水江市)の場所や火元はどこでなぜ火災が起きた!風向きや風速は?

 

 

川崎市水江市東亜石油会社の火元は、火元の重質油熱分解装置(コーカー)になります。

 

発生場所の詳しい地図はこちらになります!

 

 

 

東亜石油会社は、〒210-0866 神奈川県川崎市川崎区水江町3−1にあります。

 

ちょうど湾岸道路(首都高速湾岸線)を大黒ふ頭から羽田空港へ向かい東扇島西公園釣りポイントと正反対の海を挟んだ場所にあります。

 

現場は羽田空港から南西方向に、およそ2キロ離れた工業地帯になります。

 

今回火元になったのは、東亜石油会社の重質油熱分解装置(コーカー)になります。

 

重質油熱分解装置(コーカー)は、ジェット燃料、軽油、ガソリンなどを規格にあわせて生産する装置なんです

 

ジェット燃料って、飛行機とかの燃料ですよね!

 

ガソリンも経由もあるって、一度燃え出したらなかなか消えないのでは?

 

気になる川崎市川崎区水江町の風向きになります。

 

12月24日12時現在は風速5mの北風になっていて、予想では今日いっぱい同様な風向きと風速が続くようです。

 

スポンサーリンク

東亜石油会社(川崎市水江市)の出火の原因は?被害状況や復旧はいつ?

 

火元となった東亜石油会社の重質油熱分解装置(コーカー)の出火原因現在判っておりません!

 

消防に連絡があったのは、2019年12月24日の午前7時15分頃になります。

 

消防車16が出動し、賢明な消火作業のおかげで煙は3時間半ほどで収まったそうです。

 

今後、火災の原因となった火元の確認作業が警察や消防によって調査されていくと思います。

 

12月24日12時の時点では現段階では、被害状況や火災の原因、復旧のめどは不明だと報道されています。

 

火災原因がわかり次第追記させていただきます。

 

スポンサーリンク

東亜石油会社(川崎市水江市)のけが人はいるの?近隣への影響は?

 

東亜石油会社の火災で、火元の近くで作業をしていた30代の男性社員が火傷を負った模様です。

 

火傷は両手・両足だそうです。

 

意識はありますが、けが人の男性は「重油を浴びた」と話していることから重度の火傷ではないかと考えられます。

 

一刻も早く、怪我の回復が望まれます。

 

また、東亜石油会社の火元以外の設備や周辺への影響はなかったと報道されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

12月24日朝7時ごろ、川崎市の工業地帯にある東亜石油会社の精製などを行う会社の重質油熱分解装置(コーカー)で火災がおこりました。

 

一時、黒煙が大量に舞い上がるなどしていましたが同日12時ごろには収まったようです。

 

火災の火元の特定など原因調査がこれから始まると思います。

 

なるべく早く、出火の理由が判明してほしいところです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.