豊田正和のwiki経歴!トヨタ自動車や豊田家とゴーン氏との関係は?

 
豊田正和 経歴 トヨタ自動車 豊田家 ゴーン 関係

カルロス・ゴーン氏の記者会見は、自らの潔白を証明することなく、得意のパフォーマンスで会見で幕を閉じました。

 

しかも記者会見では被害者意識満載で、自身の失墜に関与した人物5名の名を名指ししていましたね。

 

名指しされた中には豊田正和社外取締役が含まれていました、豊田と言えばトヨタ自動車や豊田家が脳裏に浮かびますよね!

 

豊田正和社外取締役とは、どういう人物なのか?トヨタ自動車や豊田家と関係があるのかを調査し、まとめてみました。

 

豊田正和の日産社外取締役でのwiki経歴!

 

豊田正和社外取締役のプロフィールになります。

 

豊田正和氏のプロフィール

名前    豊田 正和(とよた まさかず)

生年月日  1949年6月28日

出身地   東京都大田区

学歴    東京大学法学部卒・プリンストン大学WWS行政大学院修士(MPA)

 

豊田正和社外取締役が通われたアメリカニュージャージー州にあるプリンストン大学は、生徒数は約5000人ほど在籍する学校になります。

 

世界の大学評価では、7位にランクインしたことがあるなど、とても素晴らしい学びの屋のようです。

 

では現在、日産の豊田正和社外取締役の大学卒業後の経歴を簡単にお伝えしますね。

 

1973年に豊田正和社外取締役は通産省に入省(入社)します。

 

そしてキャリア組として、日々の業務に取り組んでいきます。

 

その結果2003年8月には、経済産業省の商務情報政策局長にまで上り詰めることが出来ました。

 

3年後の2006年7月には、日ごろの成果などにより、同じく経済産業省の通商政策局長に就任します。

 

1年後の2007年7月には、さらに同省にて経済産業審議官の責務を求められました。

 

それから1年後、2008年8月に内閣官房宇宙開発戦略本部 事務局長を任され、同年11月には内閣官房参与へと役割を変えられました。

 

その後2010年に、一般財団法人 日本エネルギー経済研究所の理事長を務めます。

 

2011年6月には日電工業株式会社の社外監査役を、2015年3月にはキャノン電子株式会社の社外取締役に2016年6月には株式会社村田製作所の社外取締役をされてきました。

 

今回不運にもカルロス・ゴーン氏に名前を挙げられてしまうことになった、日産自動車株式会社の社外取締役に就任したのは2018年6月のことになります。

 

豊田正和社外取締役は、大学卒業後、様々な場所で責務を果たされてきたようです。

 

豊田正和社外取締役はキャリア組として、現在に至るまで、様々な努力や経験をされてきたようですね。

 

スポンサーリンク

豊田正和のトヨタ自動車や豊田家との関係は?

 

豊田正和社外取締役の名前を聴くと、どうしても愛知を拠点とするトヨタ自動車が脳裏に浮かびますね。

 

おそらくほとんどの人は単にトヨタと聞こえただけで、脳裏に浮かんでくるのは、愛知にあるトヨタ自動車になると思っています。

 

しかし、豊田という苗時が一緒なだけです。

 

豊田正和社外取締役が、トヨタ自動車や豊田家に関係しているなどの情報は一切ありません。

 

おそらく苗時が一緒ということで話題になっただけですね。

 

まぁ気の遠くなるほど遠い先祖をたどっていくと、どこかでくっつくかもしれませんが?

 

現在には全く関係ないでしょう。

 

もしも豊田正和社外取締役が、トヨタ自動車や豊田家と関係があるとするなら各日本のメディアが、すでに事細かい情報を流していると考えます。

 

おそらく豊田正和社外取締役の苗字の豊田だけを見て、トヨタ自動車と関係していると思い込んでしまった人物がいたようですね!

 

スポンサーリンク

豊田正和とカルロス・ゴーン氏との関係は?

 

全くないと言えば嘘になりますね。

 

日産の社外取締役といえども、日産のトップには一度や二度くらいは会っていると思います。

 

ですが、接点はその程度だと考えています。

 

なので豊田正和社外取締役とカルロス・ゴーン氏との関係は、社内における上下関係で実際には組織内での顔見知り程度かと考えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

カルロス・ゴーン氏の記者会見で飛び出した日産の豊田正和社外取締役について調べてみました。

 

ネットで飛び交っている豊田正和社外取締役とトヨタ自動車や豊田家との関係についての情報は一切なく。

 

経歴などからも、トヨタ自動車や豊田家とは全く関係が無いものと考えられます。

 

また、ゴーン氏についても会議で顔を合わせた程度かと考えます。

 

カルロス・ゴーン氏ももしかしたら捨て駒かもしれません、今後の動向が気になりますね。

 

詳しい情報が入り次第、改めてお伝えさせていただきます。

 

 

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.